メインメニューを開く
ダナキル砂漠(DANAKIL DESERT)

ダナキル砂漠(ダナキルさばく、英:Danakil Desert)はアフリカ大陸東部、エチオピア北東部とエリトリア南部に広がる砂漠[1]

アファル人の居住地であり、その高温と海抜マイナス100メートルを切るアファール盆地で知られる[2]陸地では噴火口が最も低いダロル火山がある。ダナキル砂漠の主産業は岩塩採掘である。また、アフリカノロバ等の野生動物生息地でもある[3]。夏には気温が50℃近くになることがあり、人類が住める最も暑い場所としてギネス記録に登録されている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Danakil_Desert,Ethiopia,1973(英語),2011-02-18閲覧。
  2. ^ デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2018年2月18日閲覧。
  3. ^ 絶滅の縁に立つ野生のウマ-日経サイエンス(日本語),2011-02-18閲覧。

関連項目編集