ダニエル・ウォーターズ

ダニエル・ウォーターズDaniel Waters, 1962年11月30日 - )は、アメリカの脚本家映画監督。ブラック・コメディの旗手。クリーブランド出身。

ダニエル・ウォーターズ
Daniel Waters
生年月日 (1962-11-30) 1962年11月30日(54歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オハイオ州クリーブランド
職業 脚本家映画監督

目次

略歴編集

1989年に『ヘザース/ベロニカの熱い日』でデビュー。当初、3時間ほどの長さで、スタンリー・キューブリックを監督に想定していた。この映画がカルト的人気を博するも、『フォード・フェアレーンの冒険』(1990年)と『ハドソン・ホーク』(1991年)で2年連続でゴールデンラズベリー賞最低脚本賞を受賞し、その後も『バットマン リターンズ』(1992年)以外に特にヒット作もなくフェードアウトしていった。しかし2007年、デビュー作の主演女優ウィノナ・ライダーを出演させた『セックス・カウントダウン』などで監督デビューを果たした。

フィルモグラフィ編集

関連項目編集

外部リンク編集