ダニエル・オコンネル

ダニエル・オコンネル英語: Daniel O'Connell1775年8月6日 - 1847年5月15日)は、アイルランド人政治家。19世紀前半の連合王国統治下で活動した。

ダニエル・オコンネル
Daniel O'Connell
Daniel O'Connell.png
生年月日 1775年8月6日
出生地 アイルランド王国ケリー県Cahersiveen
没年月日 1847年5月15日 (満71歳没)
死没地 サルデーニャ王国ジェノヴァ
サイン Daniel O'Connell signature c1835.jpg
テンプレートを表示

カトリック教徒解放運動の結果、1829年ローマ・カトリック信徒救済法が制定され、アイルランドを含む連合王国内におけるカトリック教徒に対する政治的・社会的差別の大半を撤廃することに成功した。当時、ブリテン本土住民の大多数がプロテスタントイングランド国教会を含む)であったのに対し、アイルランド人の大半はカトリック教徒であったため、1800年合同法に基づくグレートブリテン王国によるアイルランド王国の併合以来、カトリック教徒に対する差別の撤廃は喫緊の課題であった。このためオコンネルは解放者(The Liberator, The Emanicipator)とも呼ばれる[1]。また、その影響力ゆえに「アイルランドの無冠の帝王」などとも呼ばれる[1]

脚注編集

  1. ^ a b "O'Connell, Daniel (1775-1847) | The Gilder Lehrman Center for the Study of Slavery, Resistance, and Abolition". glc.yale.edu (英語). 2019年5月19日閲覧

関連図書編集

関連項目編集

外部リンク編集