メインメニューを開く

ダニエル・ドーソンDaniel Dawson、男性、1977年10月15日 - )は、オーストラリアキックボクサープロボクサー西オーストラリア州カルグーリー出身。ボクシングムエタイキックボクシングを高い水準で両立させている非常に珍しい選手。「The Rock(岩)」の異名通りの頑丈な身体と拳に加え、「豪州最強のテクニシャン」と評される技術を誇る。

ダニエル・ドーソン
基本情報
本名 ダニエル・ドーソン
通称 The Rock(ザ・ロック)
豪州最強のテクニシャン
階級 スーパーウェルター級
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
誕生日 (1977-10-15) 1977年10月15日(42歳)
出身地 西オーストラリア州カルグーリー
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 46
勝ち 40
K0 26
負け 5
引き分け 1
テンプレートを表示

PABAスーパーウェルター級スーパー王者。元WBAIBF世界ミドル級スーパー王者ダニエル・ゲールや元WBO世界スーパーウェルター級王者セルゲイ・ジンジラクとの対戦経験があるがいずれも敗れている。

ボクサーとしては2013年9月20日WBF世界スーパーウェルター級王座を獲得しマイナーながら世界王座を獲得しているが、主要4団体(WBAWBCIBFWBO)の世界王座の獲得経験は無い。
地域王座としてはPABAスーパーウェルター級王座を4度獲得し、2012年8月17日にはPABAからスーパー王座に認定されている。

キックボクサーとしては獲得時期は不明だがWMTA世界スーパーウェルター級王座とISKAムエタイ世界スーパーウェルター級王座の2冠王であった。2001年7月15日にはシェイン・チャップマンに勝利しJudgement Day Super 8で優勝している。

日本ではシュートボクシングへの参戦で知られるようになった。かつてはルンピニー・スタジアムジュニアミドル級8位にランク入りしたこともある。

来歴編集

最初に習い始めた格闘技はテコンドー。その後、キックボクシングに転向。

キックボクシング編集

1999年5月23日、XPLOSION 1にてジョン・ウェイン・パーと対戦し、判定負け。

2000年4月2日、メルボルンでのJudgement Day Super 8にてジョン・ウェイン・パーと再戦し、延長判定勝ち。

2001年1月12日、Wolf Revolution 〜Second Wave〜で初来日。小比類巻貴之と対戦し、判定勝ち。

2001年7月8日、X-PLOSION ON JUPITERにて緒形健一に3RTKO勝ち。

緒形戦から1週間後の7月15日、Judgement Day II "Super 8 Eliminator"の1DAYトーナメントでアンドリュー・コーグサム・ソリマンシェイン・チャップマンに勝利して優勝。

2002年7月7日、シュートボクシングS-cup 2002」に参戦。1回戦で後藤龍治に判定勝ちするも、右膝の靭帯を負傷。準決勝で鄭裕蒿(ジョン・イーゴ)と対戦するも、ローキックを受けた際に膝を悪化させタオル投入によるTKO負け。

2003年11月18日、K-1初参戦となったK-1 WORLD MAX 2003 〜世界王者対抗戦〜で小次郎と対戦し、判定勝ち。

2006年11月3日、シュートボクシング「S-cup 2006」に参戦。1回戦でヴァージル・カラコダに判定勝ちするも、準決勝でアンディ・サワーに判定負け。

2007年4月4日、K-1 WORLD MAX 2007 〜世界最終選抜〜にてジョーダン・タイに判定勝ち。

2007年6月22日、XPLOSION 16 Super Fightsにてブルース・マクフィーから3度のダウンを奪って3RKO勝ち。

2008年3月3日、NO RESPECT 4でのA1世界ミドル級タイトルマッチでマイク・ザンビディス。優勢に戦っていたが、不可解な僅差判定負け。

2008年10月24日、No Contest Thai Boxing Challenge 08でブルース・マクフィーと再戦し、判定負けでリベンジを許す。

ボクシング編集

2002年11月9日、プロデビュー。

2003年4月14日、パースノースブリッジフランク・マルザーノ西オーストラリア州スーパーウェルター級王座決定戦を行い、7回TKO勝ちを収め王座を獲得した。

2003年6月13日、オーバーン・シティのオーバーン・RSL・クラブでイアン・シャファーとノンタイトル6回戦で対戦し、4回KO勝ちを収めた。

2003年6月27日、パースのノースブリッジでクリス・コラードと対戦し初防衛に成功した。

2003年7月28日、パースのWAイタリアン・クラブで行われたオーストラリアスーパーウェルター級王座決定戦でスティーブン・エングと対戦し、8回TKO勝ちを収め王座を獲得した。

2004年2月5日、パースのWAイタリアン・クラブで行われたWBFインターナショナルミドル級王座決定戦でエルビン・マルブンと対戦し、5回1分33秒TKO勝ちを収め王座を獲得した。

2004年3月21日、シャナン・テイラーの王座返上に伴いパースのチャレンジスタジアムでニック・ルンドPABAスーパーウェルター級王座決定戦を行い、4回TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2004年5月21日、シドニーホームブッシュ・ベイイアン・マクレードと対戦し、12回2-1(117-111、119-111、116-117)の判定勝ちを収めPABA王座の初防衛に成功した。

2004年7月9日、シドニーのホームブッシュ・ベイでフレッド・キヌティアWBOアジア太平洋スーパーウェルター級王座決定戦を行い、キヌティアが8回終了時に棄権した為王座獲得に成功した。

2004年12月12日、シティ・オブ・ペンリスのパンサーズ・ワールド・オブ・エンターテインメントでジョシュ・クレンショーとオーストラリアミドル級王座決定戦を行い、10回3-0(99-95、2者が96-95)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2007年4月28日、パースのスビアコピーター・カジーの王座返上に伴いリー・オッティとPABAスーパーウェルター級王座決定戦を行い、5回2分55秒KO勝ちを収め2年9ヵ月ぶりとなる王座返り咲きに成功した。

2007年8月31日、パンチボウルのクロアチアンクラブでアントン・ソロコフと対戦し、1回1分46秒KO勝ちを収め初防衛に成功した。

2007年12月14日、キャンベルタウンダニエル・ゲールIBO世界ミドル級王座決定戦を行い、プロ初黒星となる0-3(2者が110-120、109-119)の判定負けを喫し王座獲得に失敗、デビュー以来の連勝も29でストップした。

2008年5月4日、カルグーリーシントゥン・キャットブサバとPABAスーパーウェルター級王座決定戦を行い、8回1分42秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2008年9月20日、パースのカニングベールでPABA王座の防衛戦とWBAパンアフリカンスーパーウェルター級王座決定戦をウェルカム・ニジンギラと行い、12回3-0(117-111、118-110、116-112)の判定勝ちを収めPABA王座の初防衛に成功、WBAパンアフリカン王座の獲得にも成功した。

2008年10月11日、パースのパース・コンベンション・アンド・エキシビジョン・センタープラサクダ・シンワンチャーと対戦し、初回1分49秒KO勝ちを収めPABA王座の2度目の防衛に成功した。

2009年2月1日、パースのWAイタリアン・クラブでPABA王座の防衛戦とIBFパンパシフィックスーパーウェルター級王座決定戦をアリエル・ヘラルド・アパリシオと行い、3回37秒KO勝ちを収めPABA王座は3度目の防衛、IBFパンパシフィック王座を獲得した。

2010年5月14日、カリフォルニア州サンタバーバラ郡サンタイネスのチュマッシュ・カジノでWBO世界スーパーウェルター級王者のセルゲイ・ジンジラクと対戦し、10回2分12秒TKO負けを喫し王座獲得に失敗した[1]

2010年5月19日、西オーストラリア州ジューンダラップのジューンダラップ・アリーナでキング・デビッドソンの王座剥奪に伴いフランク・ロポルトとPABAスーパーウェルター級王座決定戦を行い、12回0-3(2者が112-116、111-117)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2011年7月23日、パースのWAイタリアン・クラブでヴァージル・カラコダとPABAスーパーウェルター級暫定王座決定戦を行い、12回1-1(113-115、116-112、114-114)の判定で引き分けたため王座獲得に失敗した。

2011年12月9日、パースのWAイタリアン・クラブでフランク・ロポルトの王座返上に伴い空位のPABAスーパーウェルター級並びにWBAパンアフリカンスーパーウェルター級王座決定戦をヴァージル・カラコダと再戦し、12回2-0(116-112、114-114、115-113)の判定勝ちを収めPABA王座への返り咲くと共にWBAパンアフリカン王座への3年ぶりの返り咲きとなった。

2012年8月17日、パースのWAイタリアン・クラブでマルコ・トゥフムリーと対戦し、5回2分58秒KO勝ちを収めPABA王座の初防衛に成功し、PABAからスーパー王座に認定された。

2012年12月16日、パースのWAイタリアン・クラブでエウセビオ・バルアルテと対戦し、3回KO勝ちを収め、PABA王座の2度目の防衛に成功した。

2013年9月20日、パースのWAイタリアン・クラブでPABA王座の防衛戦とWBF世界スーパーウェルター級王座決定戦をアレックス・ブネマと行い、12回3-0(117-111、117-110、114-113)の判定勝ちを収めPABA王座の3度目の防衛に成功、WBF王座の獲得にも成功した[2]

2014年8月22日、アメリカ合衆国カリフォルニア州テメキュラペチャンガ・リゾート・アンド・カジノ内ペチャンガ・サミットにて元WBA世界スーパーウェルター級王者のオースティン・トラウトとスーパーウェルター級契約10回戦を行い、10回0-3(3者とも90-97)の判定負けを喫した[3]

2015年3月7日、マカオザ・ベネチアン・マカオ内にあるコタイ・アリーナNABO北米スーパーウェルター級王者のグレン・タピアと対戦し、3回1分42秒TKO負けを喫し王座獲得に失敗した[4]

戦績編集

キックボクシング 戦績
65 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
53 31 0 0
12
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ブルース・マクフィー 判定 NO CONTEST 2008年10月24日
× マイク・ザンビディス 5R終了 判定1-2 NO RESPECT 4
【A1世界ミドル級タイトルマッチ】
2008年3月3日
ブルース・マクフィー 3R 2:59 TKO XPLOSION SUPER FIGHT GoldCoast 2007年6月22日
ジョーダン・タイ 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2007 〜世界最終選抜〜 2007年4月4日
× アンディ・サワー 3R終了 判定0-3 SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2006
【準決勝】
2006年11月3日
ヴァージル・カラコダ 3R終了 判定3-0 SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2006
【1回戦】
2006年11月3日
パク・ビョンキュ 3R終了 判定 XPLOSION SUPER FIGHT 14 2006年8月18日
小次郎 3R終了 判定2-0 K-1 WORLD MAX 2003 〜世界王者対抗戦〜 2003年11月18日
ガンター・バーレン 5R終了 判定3-0 シュートボクシング「"S" of the world」 2003年2月2日
レイランド・マホーニー 4R KO X PLOSION Boonchu S-cup 2002年12月15日
× 鄭裕蒿(ジョン・イーゴ) 3R 1:04 TKO(タオル投入) SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2002
【準決勝】
2002年7月7日
後藤龍治 3R終了 判定3-0 SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2002
【1回戦】
2002年7月7日
× 土井広之 5R終了 判定0-3 SHOOT BOXING「Be a Champ 4th. stage」 2001年11月20日
シェイン・チャップマン 2R TKO Judgement Day II Super 8【決勝】 2001年7月15日
サム・ソリマン 3R終了 判定 Judgement Day II Super 8【準決勝】 2001年7月15日
アンドリュー・コーグ 2R KO Judgement Day II Super 8【準々決勝】 2001年7月15日
緒形健一 3R TKO X-PLOSION ON JUPITER 2001年7月8日
小比類巻貴之 5R終了 判定2-0 Wolf Revolution 〜Second Wave〜 2001年1月12日
ジョン・ウェイン・パー 4R延長判定 Judgement Day Super 8 2000年4月2日
× ジョン・ウェイン・パー 判定 XPLOSION 1 1999年5月23日


プロボクシング編集

プロボクシング 戦績
46 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
40 26 14 0 1 0
5 {{{KOloss}}} 3 0


日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2002年11月9日 3R TKO マイケル・キルマレー オーストラリア プロデビュー戦
2 2003年1月9日 3R TKO ハンドリック・アリトナン インドネシア
3 2003年2月21日 1R KO バリー・ハンコック オーストラリア
4 2003年3月15日 6R 判定3-0 ゲリー・コマー オーストラリア
5 2003年4月24日 7R TKO フランク・マルザーノ オーストラリア 西オーストラリア州スーパーウェルター級王座決定戦
6 2003年5月30日 7R TKO ムーホーディ インドネシア
7 2003年6月13日 4R KO イアン・シャファー オーストラリア
8 2003年6月27日 3R TKO クリス・コラード オーストラリア 西オーストラリア州スーパーウェルター級王座防衛1
9 2003年7月28日 8R TKO スティーブン・エング オーストラリア オーストラリアスーパーウェルター級王座決定戦
10 2003年8月15日 10R 判定2-0 ヤシール・シアジャン インドネシア
11 2003年10月3日 6R 判定3-0 マイク・コープ オーストラリア
12 2004年2月15日 5R KO エルビン・マルブン インドネシア WBFインターナショナルミドル級王座決定戦
13 2004年3月21日 4R TKO ニック・ルンド オーストラリア PABAスーパーウェルター級王座決定戦
14 2004年5月21日 12R 判定2-1 イアン・マクレード オーストラリア PABAスーパーウェルター級王座防衛1
15 2004年7月9日 8R TKO フレッド・キヌティア オーストラリア WBOアジア太平洋スーパーウェルター級王座決定戦
16 2004年9月8日 2R TKO チャオワリス・ジョッキージム タイ
17 2004年10月13日 1R KO ファバンチャ・シスサローン タイ
18 2004年12月12日 10R 判定3-0 ジョシュ・クレンショー オーストラリア オーストラリアミドル級王座決定戦
19 2005年3月3日 5R KO ジャック・スロデイ インドネシア
20 2005年4月22日 10R 判定3-0 デビッド・コスワラ インドネシア
21 2005年7月3日 8R 判定3-0 ホルヘ・ダリオ・デビッド・ゴメス・ペレス パラグアイ
22 2005年8月7日 10R 判定3-0 ジョシュ・クレンショー オーストラリア
23 2005年12月11日 4R TKO マイク・ワンプラサート タイ
24 2006年9月20日 2R TKO ディンド・カスタナレス フィリピン
25 2006年12月2日 2R KO アブヘイ・チャンド フィジー
26 2007年2月17日 6R 判定3-0 ジャクリット・スワンナリード タイ
27 2007年3月24日 2R TKO サクナロン・チャチョティラット タイ
28 2007年4月28日 5R 2:55 TKO リー・オッティ ニュージーランド PABAスーパーウェルター級王座決定戦
29 2007年8月31日 1R 1:46 TKO アントン・ソロコフ ロシア PABAスーパーウェルター級王座防衛1
30 2007年12月14日 12R 判定0-3 ダニエル・ゲール オーストラリア IBO世界ミドル級タイトルマッチ
31 2008年5月4日 8R 1:42 TKO シントゥン・キャットブサバ タイ PABAスーパーウェルター級王座決定戦
33 2008年9月20日 12R 判定3-0 ウェルカム・ニジンギラ 南アフリカ WBAパンアフリカンスーパーウェルター級王座決定戦
PABAスーパーウェルター級王座防衛1
34 2008年10月11日 1R 1:49 KO プラサクダ・シンワンチャー タイ PABAスーパーウェルター級王座防衛2
35 2009年2月1日 3R 0:37 KO アリエル・ヘラルド・アパリシオ アルゼンチン IBFパンパシフィックスーパーウェルター級王座決定戦
PABAスーパーウェルター級王座防衛3
36 2010年5月14日 10R 2:12 TKO セルゲイ・ジンジラク ウクライナ WBO世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
37 2010年10月9日 12R 判定0-3 フランク・ロポルト オーストラリア PABAスーパーウェルター級王座決定戦
38 2010年12月12日 8R 判定3-0 ジェイソン・リホーラー アメリカ
39 2011年3月12日 8R 判定2-0 アーネル・ティナンペイ フィリピン
40 2011年7月23日 12R 判定1-1 ヴァージル・カラコダ 南アフリカ PABAスーパーウェルター級暫定王座決定戦
41 2011年12月9日 12R 判定3-0 ヴァージル・カラコダ 南アフリカ PABAスーパーウェルター級王座決定戦
WBAパンアフリカンスーパーウェルター級王座決定戦
42 2012年8月17日 5R 2:58 KO マルコ・トゥフムリー インドネシア PABAスーパーウェルター級王座防衛1
43 2012年12月16日 3R KO エウセビオ・バルアルテ フィリピン PABAスーパーウェルター級王座防衛2
44 2013年9月20日 12R 判定3-0 アレックス・ブネマ コンゴ PABAスーパーウェルター級王座防衛3
WBF世界スーパーウェルター級王座決定戦
45 2014年8月22日 12R 判定0-3 オースティン・トラウト アメリカ
46 2015年3月7日 3R 1:42 TKO グレン・タピア アメリカ NABO北米スーパーウェルター級タイトルマッチ
テンプレート

獲得タイトル編集

脚注編集

  1. ^ Sergiy Dzinziruk Batters Daniel Dawson Over Ten Rounds Boxing Scene.com 2010年5月15日
  2. ^ Dawson survives against Bunema Fightnews.com 2013年9月21日
  3. ^ トラウト連敗脱出、ホプキンスvsコバレフ11.8決定 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年8月23日
  4. ^ ゾウの世界初挑戦失敗、アムナットが3-0判定勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2015年3月8日

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
シャナン・テイラー
第8代PABAスーパーウェルター級王者

2004年3月21日 - 2004年7月9日(返上)

空位
次タイトル獲得者
ズルフィカル・ジョイ・アリ
空位
前タイトル保持者
ピーター・カジー
第12代PABAスーパーウェルター級王者

2007年4月28日 - 2007年12月14日(返上)

空位
次タイトル獲得者
ダニエル・ドーソン
空位
前タイトル保持者
ダニエル・ドーソン
第13代PABAスーパーウェルター級王者

2008年5月4日 - 2010年2月26日(返上)

空位
次タイトル獲得者
キング・デビッドソン
空位
前タイトル保持者
フランク・ロポルト
第16代PABAスーパーウェルター級王者

2011年12月9日 - 2012年8月17日

空位
次タイトル獲得者
渡部あきのり
前スーパー王者
N/A
PABAスーパーウェルター級スーパー王者

2012年8月17日 - 2015年3月(返上)

次スーパー王者
返上により消滅