ダニエル・ラスカウ

ダニエル・ラスカウ(Florin Daniel Lascău 、1969年5月15日-) はドイツ柔道選手。ルーマニアビホル県オラデア出身。現役時代は78kg級の選手。身長178cm[1]

獲得メダル
ドイツの旗 ドイツ
柔道
世界柔道選手権
1991 バルセロナ 78kg級

人物編集

最初はルーマニアの選手として活躍していたが、1989年にルーマニアを去って西ドイツに向かうと、1991年にはドイツに帰化した[2]。1991年の世界選手権では決勝でベルギーのヨハン・ラーツと対戦して、先に隅返で技ありを取られるも払腰で技ありを取り返すと、さらに崩袈裟固小内刈で有効を追加して逆転で優勝を果たした。しかし、翌年のバルセロナオリンピックでは初戦で敗れた[1]。その後は階級を86kg級に上げるが、以前ほどの活躍は見られなかった。

引退後はIJF スポーツ・ディレクターを務める[3]。さらに、イギリス柔道連盟のパフォーマンス・ディレクターに就任した[4]

主な戦績編集

脚注編集

外部リンク編集