メインメニューを開く

ダニエル・ローマンDaniel Roman1990年5月10日 - )は、アメリカ合衆国プロボクサーカリフォルニア州ロサンゼルス出身。現IBF世界スーパーバンタム級王者、WBAスーパーバンタム級ユニファイド王者。元WBA世界スーパーバンタム級王者。トンプソン・ボクシングとエディー・ハーンのマッチルーム・スポルト・USA所属。

ダニエル・ローマン
基本情報
本名 ダニエル・ローマン
通称 The Baby Face Assasisin
(童顔の暗殺者)
階級 スーパーバンタム級
身長 165.7cm[1]
リーチ 171.5cm[1]
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1990-05-10) 1990年5月10日(29歳)
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 30
勝ち 27
KO勝ち 10
敗け 2
引き分け 1
テンプレートを表示

目次

来歴編集

2010年10月8日、カリフォルニア州オンタリオのダブルツリーホテル・オンタリオ・エアポートでクリスチャン・クルスとデビュー戦を行い、初回KO勝ちを収めた[2]

2011年7月22日、ダブルツリーホテル・オンタリオ・エアポートで岡田隆志と116ポンド契約4回戦を行い、4回1-2(39-37、36-40×2)の判定負けを喫した[3]

2015年7月24日、ダブルツリーホテル・オンタリオ・エアポートでダニエル・ノリエガとNABA北米スーパーバンタム級王座決定戦を行い、10回3-0(100-90×2、98-92)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[4]

2016年5月20日、ダブルツリーホテル・オンタリオ・エアポートでクリスチャン・エスキベルと対戦し、5回1分52秒KO勝ちを収めNABA王座の3度目の防衛に成功した[5]

2016年8月26日、カリフォルニア州コロナでエンリケ・ケベドと対戦し、10回3-0(100-90、98-93、97-94)の判定勝ちを収めNABA王座の4度目の防衛に成功した[6]

2017年9月3日、島津アリーナ京都でWBA世界スーパーバンタム級王者の久保隼と対戦し、9回1分21秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[7][8][9]

2018年2月28日、後楽園ホールでWBA世界スーパーバンタム級11位の松本亮と対戦し、12回3-0(118-110、119-109×2)の判定勝ちを収め、初防衛に成功した[10][11][12]

2018年6月16日、テキサス州フリスコフォード・センター・アット・ザ・スターにてエロール・スペンス・ジュニアVSカルロス・オカンポの前座で、WBA世界スーパーバンタム級暫定王者で1位のモイセス・フローレスと王座統一戦を行い、王座統一を目指す予定だったが[13]、前日計量でフローレスがスーパーバンタム級の規定体重である122ポンドを1.5ポンド超過の123.5ポンドを計量。2時間の猶予が与えられた再計量でも1ポンド超過の123ポンドまでしか落とスことが出来ず計量失格となった為、フローレスは暫定王座を剥奪され、ローマンは試合に負けたとしても王座を保持したままとなる条件で試合を行い、ローマンが12回判定勝利を収め2度目の王座防衛に成功した。この試合でローマンは5万ドル(約540万円)、フローレスは3万ドル(約320万円)のファイトマネーを稼ぎ、フローレスはファイトマネーから体重超過の罰金をローマンへ支払っている[14][15]

2018年7月18日、エディー・ハーンのマッチルーム・スポルト・USAと契約した[16]

2018年10月6日、シカゴのウィンサルト・アリーナにてジェシー・バルガスVSトーマス・デュロルメの前座でWBA世界スーパーバンタム級2位ギャビン・マクドネルと対戦し、10回TKO勝ちを収め、3度目の防衛に成功した[17]

2019年4月26日、カリフォルニア州イングルウッドザ・フォーラムにてファン・フランシスコ・エストラーダVSシーサケット・ソー・ルンヴィサイ第2戦の前座で、IBF王者テレンス・ジョン・ドヘニーアイルランド)と王座統一戦を行い、2-0(113-113、116-110×2)の判定勝ちを収めてWBA王座の4度目の防衛に成功すると共に、IBF王座を獲得した[18]。この試合でローマンは20万ドル(約2100万円)、ドヘニーは23万ドル(約2500万円)のファイトマネーを稼いだ[19]

2019年5月、WBAはIBF王座と王座統一を果たしたローマンをWBA世界王者からWBA世界ユニファイド王者に認定した[20]

獲得タイトル編集

  • NABA北米スーパーバンタム級王座
  • WBA世界スーパーバンタム級王座(防衛4)
  • IBF世界スーパーバンタム級王座(防衛0)
  • WBA世界スーパーバンタム級ユニファイド王王座

脚注編集

  1. ^ a b 松本亮は身長差10センチ「アッパーが当たりやすい」 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年2月26日
  2. ^ DANIEL ROMAN CURRENT PROFFESIONAL BOXING WORLD CHAMPIONS
  3. ^ 岡田米国3勝目 2-1判定で熱戦制す ボクシングニュース「Box-on!」 2011年7月24日
  4. ^ ROMAN DOMINATES NORIEGA AND CLAIMS NABA STRAP! STANDNFIGHT 2015年7月25日
  5. ^ Danny Roman Retains NABA Super Bantamweight Title; Stops Christian Esquivel in Round 5 Fight Network 2016年5月21日
  6. ^ ROMAN DEFEATS QUEVEDO, RETAINS NABA TITLE STANDNFIGHT 2016年8月28日
  7. ^ Roman stops Kubo, wins WBA 122lb belt Fightnews.com 2017年9月3日
  8. ^ Roman dethroned Kubo in Japan WBA公式サイト 2017年9月3日
  9. ^ 久保隼、初防衛ならず ローマンに9回TKO敗 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年9月3日
  10. ^ Roman defeats Matsumoto to keep WBA 122lb belt Fightnews.com 2018年2月28日
  11. ^ Roman retained WBA Super Bantamweight title in Japan WBA公式サイト 2018年2月28日
  12. ^ 松本亮は大差判定負け、ローマン初防衛成功 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年2月28日
  13. ^ ローマンがフローレスとV2戦 ゴメス氏再び入院 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年5月23日
  14. ^ Errol Spence Jr. nervous but steeled for hometown title bout”. ESPN.com (2018年6月16日). 2018年6月25日閲覧。
  15. ^ Spence-Ocampo: Official Weights for Showtime's Tripleheader”. Boxing Scene.com (2018年6月15日). 2018年6月25日閲覧。
  16. ^ Anthony Joshua-Alexander Povetkin fight to appear on DAZN service”. ESPN.com (2018年7月18日). 2018年8月1日閲覧。
  17. ^ “Callum Johnson stopped by Artur Beterbiev as Daniel Roman beats Gavin McDonnell”. BBC SPORT. British Broadcasting Corporation. (2018年10月7日). https://www.bbc.com/sport/boxing/45774999 2018年11月5日閲覧。 
  18. ^ “ローマン王座統一 WBA・IBF世界S・バンタム級”. 株式会社MACC出版. (2019年4月27日). https://boxingnews.jp/news/66605/ 2019年6月14日閲覧。 
  19. ^ Per the California State Athletic Commission, official contract purses for Friday’s night’s Matchroom Boxing/DAZN card at The Forum in Inglewood”. ESPN.com (2019年4月26日). 2019年7月29日閲覧。
  20. ^ WORLD BOXING ASSOCIATION GILBERTO JESUS MENDOZA PRESIDENT OFFICIAL RATINGS AS OF MAY Based on results held from 01st to May 31st, 2019”. WBA公式サイト (2019年5月31日). 2019年7月29日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
久保隼
WBA世界スーパーバンタム級王者

2017年9月3日 - 現在

次王者
N/A
前王者
テレンス・ジョン・ドヘニー
IBF世界スーパーバンタム級王者

2019年4月26日 - 現在

次王者
N/A