ダニー・オンガイス

ダニー・オンガイスDanny Ongais , 1942年5月21日 - 2022年2月26日[1][2]は、アメリカの元レーシングドライバー。ハワイ州カフルイ出身。

ダニー・オンガイス
Ongais, Danny (1984).jpg
ダニー・オンガイス(1984年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・ハワイ州カフルイ
生年月日 (1942-05-21) 1942年5月21日
没年月日 (2022-02-26) 2022年2月26日(79歳没)
F1での経歴
活動時期 1977 - 1978
過去の所属チーム '77 ペンスキー(ノンワークス)
'78 エンサインシャドウ
出走回数 6(4スタート)
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1977年アメリカGP
最終戦 1978年オランダGP
テンプレートを表示

経歴編集

オンガイスは、インディアナポリス500に出場した他、オートバイスポーツカーCARTインディカーF1ドラッグレースと幅広く活躍したことで知られる。

レースサーキットの華やかな人物であるオンガイスは、「オンガス」と「フライインハワイアン」の愛称で呼ばれていた。また、パドックの周りでは、壁や他の車にぶつかる傾向があるため、「 DOA 」は「ダニー・オンガイアス・アゲイン」の略であると冗談を言っていた。 [3]

F1においては、1977年10月2日にデビュー。6グランプリのみの出場であったが、入賞一歩手前の7位という結果を記録し、注目された。

1981年のインディ500で大事故を起こした事でも知られる。この大会でオンガイスは予選21番手からスタートし、事故までに4周分のラップリーダーも記録していたが、65周目のターン3でコントロールを失い外壁に激突。マシンは大破し炎上、コックピットも破壊された。

この事故で何箇所もの手足の骨折に加え、内臓にも重傷を負うなど瀕死の状態となったものの、長期にわたる治療を経て、翌年のインディ500には参戦を果たした。

1996年、54歳で、彼はインディアナポリス500でスコット・ブレイトンの代理ドライバーを務めた。ブレイトンはレース直前のプラクティス中の事故で亡くなった。オンガイスは最後の500で7位だった。

編集

  • 彼は2000年にアメリカモータースポーツ殿堂入りしました。 [4]
  • National Hot Rod Association Top 50 Drivers、1951-2000で、彼は39位にランクされました。 [5]

レース戦績編集

F1編集

Year Entrant Chassis Engine 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC Points
1977 Interscope Racing Penske PC4 Cosworth V8 ARG BRA RSA USW ESP MON BEL SWE FRA GBR GER AUT NED ITA USA
Ret
CAN
7
JPN NC 0
1978 Team Tissot Ensign Ensign N177 Cosworth V8 ARG
Ret
BRA
Ret
RSA NC 0
Interscope Racing Shadow DN9 USW
DNPQ
MON BEL ESP SWE FRA GBR GER AUT NED
DNPQ
ITA USA CAN

アメリカン・オープン・ホイール編集

USAC編集

Year Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 Rank Points
1976 Interscope Racing PHX TRE INDY MIL POC MCH TWS TRE MIL ONT
28
MCH TWS PHX NC -
1977 Interscope Racing ONT
7
PHX
5
TWS
13
TRE INDY
20
MIL
17
POC
23
MOS
15
MCH
1
TWS
13
MIL
21
ONT
8
MCH
17
PHX
12
12th 935
1978 Interscope Racing PHX
12
ONT
1
TWS
1
TRE
4
INDY
18
MOS
1
MIL
16
POC
19
MCH
6
ATL
21
TWS
DNS
MIL
1
ONT
12
MCH
1
TRE
15
SIL
15
BRH
9
PHX
4
8th 2662
1979 Interscope Racing ONT TWS INDY
4
MIL POC
12
TWS MIL NC -
1981-82 Interscope Racing INDY
27
POC ILL DUQ ISF INDY
22
NC -

PPG インディカー・シリーズ編集

Year Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 Rank Points
1979 Interscope Racing PHX
15
ATL
14
ATL
6
INDY
4
TRE
7
TRE
6
MCH
18
MCH
12
WGL
4
TRE
13
ONT
6
MCH
DNS
ATL
15
PHX
17
6th 1473
1980 Interscope Racing ONT INDY
7
MIL
24
POC
18
MDO
21
MCH
21
WGL
3
MIL ONT
19
MCH
11
MEX
24
PHX 15th 601
1983 Interscope Racing ATL INDY
21
20th 14
Patrick Racing MIL
12
CLE
28
MCH
23
ROA
18
POC
24
RIV
10
MDO
5
MCH CPL LAG PHX
1984 Interscope Racing LBH
DNQ
PHX
5
INDY
9
MIL
10
POR
11
MEA
18
CLE
28
MCH
24
ROA POC
5
MDO SAN
23
MCH
3
PHX
5
LAG
21
CPL
17
10th 53
1985 Interscope Racing LBH
DNQ
INDY
17
MIL POR MEA CLE MCH
20
ROA POC
22
MDO SAN MCH
7
LAG PHX
14
MIA
6
24th 14
1986 March Engineering PHX LBH INDY
23
MIL POR MEA CLE TOR MCH POC MDO SAN MCH ROA LAG PHX MIA NC 0
1987 Interscope Racing LBH PHX INDY
Wth1
MIL POR MEA CLE TOR 42nd 0
MCH
17
POC ROA MDO NAZ
DNQ
LAG MIA
27
1 Injured, replaced by Al Unser

インディ・レーシング・リーグ編集

Year Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 Rank Points
1996 Team Menard WDW PHX INDY
7
29th 28
1996-1997 Chitwood Motorsports NHM LVS WDW
13
PHX
Rpl
INDY TXS PPI CLT NHM LVS 42nd 22
1998 Team Pelfrey WDW PHX INDY
DNQ
TXS NHM DOV CLT PPIR ATL TXS LVS NC

インディアナポリス500編集

Year Chassis Engine Start Finish Entrant
1977 Parnelli VPJ6B Cosworth 7 20 Interscope Racing
1978 Parnelli VPJ6B Cosworth 2 18 Interscope Racing
1979 Parnelli VPJ6C Cosworth 27 4 Interscope Racing
1980 Parnelli VPJ6C Cosworth 16 7 Interscope Racing
1981 Interscope 81 Cosworth 21 27 Interscope Racing
1982 Interscope 03 Cosworth 9 22 Interscope Racing
1983 March 83C Cosworth 21 21 Interscope Racing
1984 March 84C Cosworth 11 9 Interscope Racing
1985 March 85C Cosworth 17 17 Interscope Racing
1986 March 86C Buick 16 23 March Engineering
1987 Penske PC-16 Chevrolet Practice Crash1 Team Penske
1996 Lola T95/00 Menard-Buick 332 7 Team Menard
1998 Dallara Oldsmobile DNQ Team Pelfrey
1アル・アンサーがオンガイスのマシンを引き継いだ。 は、ショーカーであったマーチコスワースでインディアナポリス500を獲得した。
2スコット・ブレイトンがバックアップカーとの練習クラッシュで亡くなった後、オンガイスはブレイトンがポールで認定された車を運転した。 USACの規則では、車は最後に始動する必要があった。

ル・マン24時間レース編集

チーム コ・ドライバー クラス 周回 総合順位 クラス順位
1982年   ポルシェ・クレマー・レーシング   テッド・フィールド
  ビル・ウィッティントン
ポルシェ-クレマー・CK5 C 25 DNF DNF

脚注編集

  1. ^ Kelly, Paul. “Popular Indianapolis 500 Veteran Ongais Dies at 79”. www.indianapolismotorspeedway.com. 2022年3月6日閲覧。
  2. ^ Jenkins. “The World Championship drivers - Where are they now?”. OldRacingCars.com. 2007年7月29日閲覧。
  3. ^ “Eye Openers”. St. Louis Post-Dispatch. (1987年5月22日). https://newspapers.com/clip/55907174/ 2020年7月23日閲覧。 
  4. ^ Danny Ongais at the Motorsports Hall of Fame of America
  5. ^ No. 39: Danny Ongais”. NHRA (2001年). 2008年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月30日閲覧。

外部リンク編集