メインメニューを開く

ダニエル・ジェームズ・ブラワDaniel James Burawa, 1988年12月30日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州サフォーク郡ロッキーポイント英語版出身のプロ野球選手投手)。独立リーグアトランティックリーグブリッジポート・ブルーフィッシュ所属。

ダニー・ブラワ
Danny Burawa
ブリッジポート・ブルーフィッシュ #36
Richmond Flying Squirrels vs. Trenton Thunder (8708617501) (cropped).jpg
ニューヨーク・ヤンキース傘下時代
(2013年5月3日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州サフォーク郡ロッキーポイント英語版
生年月日 (1988-12-30) 1988年12月30日(30歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 MLBドラフト12巡目(全体385位)でニューヨーク・ヤンキースから指名
初出場 2015年6月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム イスラエルの旗 イスラエル
WBC 2017年

姓は「ブロウア(発音:burr-ow-uh)[1]と読むのが、より本来の発音に近い[独自研究?]

目次

経歴編集

プロ入りとヤンキース時代編集

2010年MLBドラフトニューヨーク・ヤンキースに12巡目(全体385位)指名され、プロ入り。この年は傘下のA-級のスタテンアイランド・ヤンキースで6試合に登板した。

2011年はA級チャールストン・リバードッグスでプレー。19試合に登板し3勝2敗3セーブ・防御率3.63だった。7月からA+級のタンパ・ヤンキースでプレー。20試合に登板し2勝2敗2セーブ・防御率3.66だった。

2012年は怪我で離脱し、シーズンを全休した[2]

2013年からはAA級トレントン・サンダーでプレー。46試合に登板し、6勝3敗4セーブ・防御率2.59だった。

2014年はメジャーのスプリングトレーニングに参加。期間中のオープン戦ではリリーフとして9試合に登板し、1勝0敗・防御率1.93だった[3]が、4月3日にAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースへ異動した。この年はAAA級スクラントン・ウィルクスバリとAA級トレントンでプレー。AAA級スクラントン・ウィルクスバリでは31試合に登板し、3勝1敗3セーブ・防御率5.95だった。オフの11月20日にヤンキースとメジャー契約を結び[4]40人枠入りを果たした。

2015年6月21日デトロイト・タイガース戦でメジャーデビュー。2/3回を投げて4失点を喫した。8月5日DFAとなった[5]

ブレーブス時代編集

2015年8月14日ウェイバー公示を経てアトランタ・ブレーブスへ移籍した[6]。ブレーブス移籍後は12試合にリリーフ登板。勝敗は付かなかったものの、防御率3.65・WHIP0.97と好投した。ヤンキースとの合算では、13試合の登板で防御率6.23・WHIP1.23という成績だった。

2016年の開幕は傘下のAAA級グウィネット・ブレーブスで迎えた。4月26日40人枠を外れ、AA級ミシシッピ・ブレーブスへ降格。6月3日に自由契約となった[7]

ブレーブス退団後編集

2017年3月、第4回WBCイスラエル代表として出場した。4月6日独立リーグアトランティックリーグブリッジポート・ブルーフィッシュと契約した[8]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2015 NYY 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 6 0.2 3 1 1 0 0 1 0 0 4 4 54.00 6.00
ATL 12 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 48 12.1 8 1 4 0 1 4 0 0 5 5 3.65 0.97
'15計 13 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 54 13.0 11 2 5 0 1 5 0 0 9 9 6.23 1.23
MLB:1年 13 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 54 13.0 11 2 5 0 1 5 0 0 9 9 6.23 1.23
  • 2017年度シーズン終了時

背番号編集

  • 65(2015年 - 同年途中)
  • 67(2015年途中 - 同年終了)

代表歴編集

脚注編集

  1. ^ Danny Burawa Stats > More bio, uniform, draft, salary info > Pronunciation”. Baseball Reference.com. 2017年3月28日閲覧。
  2. ^ Jason Cohen (2013年9月26日). “Yankees Prospect Interview: Danny Burawa”. Pinstripe Alley. 2014年1月3日閲覧。
  3. ^ 2014 STATISTICS Pitching” (英語). MLB.com. 2014年4月5日閲覧。
  4. ^ Yankees Add Four Players to Major League Roster, Sell Rights of INF Zelous Wheeler to Rakuten Golden Eagles” (英語). MLB.com Yankees Press Release (2014年11月21日). 2014年12月13日閲覧。
  5. ^ Yankees DFA LI's Danny Burawa, promote Luis Severino, re-sign Garrett Jones, demote Caleb Cotham” (英語). Newsday (2015年8月5日). 2015年8月9日閲覧。
  6. ^ Shawn Krest (2015年8月14日). “Braves claim Danny Burawa from Yankees” (英語). FANTASY NEWS (CBSSports.com). http://fantasynews.cbssports.com/fantasybaseball/update/25270175/braves-claim-danny-burawa-from-yankees 2015年8月15日閲覧。 
  7. ^ MLB公式プロフィール参照。2017年4月28日閲覧。
  8. ^ Three More Come Aboard for Bluefish 20th Anniversary Season” (英語). AtlanticLeague.com (2017年4月6日). 2017年4月28日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集