メインメニューを開く

ダニー飯田とパラダイスキング(ダニーいいだとパラダイスキング)は、1950年代後半から1990年代末まで活動したバンドグループ。リーダーはダニー飯田。愛称は「パラキン」。

目次

来歴編集

1955年に結成。当初のグループ名は「ダニー飯田とパラダイス・ハーモニー」で、ハワイアンソング中心だった。翌年に「ダニー飯田とパラダイス・キング」に改名。その後もハワイアンバンドとして活動していたが、1958年頃からロックバンドになっていく。また、洋楽を訳詞する「訳詞ポップス」を築き上げた。

1957年水原弘石川進がボーカルとして参加。翌年水原がソロ歌手になるために脱退し坂本九が加入。当初は米軍キャンプでの活動が多かったが、日劇ウェスタンカーニバルに出演するようになり、徐々に人気が高まってくる。

1959年9月に、ビクターレコードからアルバム『ジュークボックスで逢いましょう』でレコードデビュー。同年10月に発売されたシングル『題名のない歌だけど』で坂本九がボーカルデビューするが、ヒットはしなかった。

その後東芝レコードに移籍。1960年8月発売の移籍後第一弾シングル『悲しき六十才』が10万枚を超える大ヒットとなる。続けて10月に『ビキニスタイルのお嬢さんステキなタイミング』をリリース。こちらも大ヒットした。しかし、坂本は『上を向いて歩こう』がヒットした頃からソロでの活動が多くなり、1961年に独立した。

次いで1962年に石川進も独立。それに代わって九重佑三子が加入。同年大晦日に開催された第13回NHK紅白歌合戦に『グッドバイ・ジョー』で初出演。1963年2月に九重をボーカルに起用した『シェリー』が大ヒットする。また、その1年後には『ワシントン広場の夜は更けて』をリリース。こちらも大ヒットしたが、1964年赤木良輔の加入と前後して九重が独立。1965年に赤木と入れ替わりに富松千代志が加入。1966年には富松が独立し、唱田久美子が加入。同年東芝から日本クラウンに移籍。

また、坂本九や富松千代志のソロの曲の演奏やコーラスを担当することもあった。(例/「花咲く街角」「勉強のチャチャチャ」等)

その後、幾度かのメンバーチェンジを経ながら活動を続けていたが、リーダーのダニー飯田が1999年に腎不全のため死去(享年65)[1][2]により解散。ただし、その後も解散時の主要メンバーを中心に時折パラダイスキング名義の活動を行っていた。

主なメンバー(途中で脱退した人物も含む)編集

(*は故人)

また、短期間ではあるがジェリー藤尾も在籍していた。

作品編集

シングル編集

発売日 レーベル 品番 メインボーカル タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1959年10月5日 ビクターレコード VS-256 増田多夢 A 何もいらない俺だけど ダニー飯田
坂本九 B 題名のない歌だけど
1960年8月 東芝レコード JP-5043 坂本九 A 悲しき六十才(ムスターファ) 訳:青島幸男 アザム・バークレィ ダニー飯田 「ヤ・ムスターファ」のカバー。

後に、日本航空123便墜落事故の慰霊式における鎮魂曲となる。

佐野修 B 恋のホームタウン 訳:みナみカズみ ダンパ〜ゴーチ 坂本九もヨーデルのみで参加。
1960年10月 JP-5051 石川進 A ビキニスタイルのお嬢さん 訳:岩谷時子 ポクリス ダニー飯田 坂本九もバックコーラスと曲中の台詞を担当。
坂本九 B ステキなタイミング 訳:漣健児 ドピアス〜バラード ジミー・ジョーンズの「Good Timin'」のカバー。

A面をはるかに凌ぐ大ヒット。

1960年12月 JP-5054 石川進・増田多夢 A 遥かなるアラモ 訳:みナみカズみ デミトリオ・ティオムキン ダニー飯田
坂本九 B 夢のナポリターナ 訳:岩谷時子 ダンパ〜ゴーチ 原曲はイタリアで歌唱されていた歌。

ザ・ピーナッツ西田佐知子松島トモ子、島田マリとの競作。ただし歌詞違いであるため完全な競作とはなっていない。[4]

1961年1月16日 JP-5056 坂本九 A 砂漠の恋の物語 訳:青島幸男 M・バルウィン ダニー飯田
B G.Iブルース 訳:みナみカズみ R・ベネット エルヴィス・プレスリーのヒット曲のカバー。

佐々木功かまやつヒロシとの競作。ただし歌詞違いであるため完全な競作とはなっていない。

1961年3月 JP-5058 坂本九 A 九ちゃんのズンタタッタ(聞いちゃいけないよ) 青島幸男 ダニー飯田
石川進 B それが悩みさ
1961年4月 JP-5063 森山加代子 ボーイ・ハント 訳:奥山 ニール・セダカ ダニー飯田 MGM映画「ボーイ・ハント」主題歌。
1961年6月 JP-5065 坂本九 A カレンダーガール 訳:星加ルミ子 ウォルシュ ダニー飯田 ニール・セダカのヒット曲のカバー。

スリー・グレイセスミッキー・カーチスとの競作。ただし歌詞違いであるため完全な競作とはなっていない。

佐野修 B 悲しきあしおと 訳:みナみカズみ H・ハンター
1961年3月 JP-5069 坂本九 A 月夜に歩けば 訳:渡舟人 ウォルシュ ダニー飯田
B おんぼろ汽車ポッポ 訳:漣健児 ボビー・ダーリン
1961年 JP-50** 増田多夢 A パラキンのスクスク
B アパッチ
1961年7月 JP-5070 森山加代子 A ポケット・トランジスタ 訳:漣健児 Jack Keller

Larry Kolber

ダニー飯田 Alma Cogan『Just Couldn't Resist Her With Her Pocket Transistor』のカバー。[5]

飯田久彦との競作。

B 可愛いいめんどりが歌った 毛利忠義 中村八大
1961年10月 JP-5074 坂本九 A 九ちゃん音頭(それが浮世と云うものさ) 青島幸男 ダニー飯田 松竹映画「九ちゃん音頭」主題歌。

レコードジャケットが途中で変更された(変更日は不明)。

B 何処かで誰かが 菅沼定憲 ダニー飯田 半間厳一
1961年12月 JP-5077 坂本九 A モデル・ガール 訳:みナみカズみ エドワード 中村八大
佐野修 B 16個の角砂糖 渡舟人 Jack Keller ダニー飯田
1961年12月 JP-5086 坂本九 A 九ちゃんのジングルベル 訳:ホセ・しばさき J. マークス ダニー飯田
B 赤鼻のトナカイ 新井宣夫 Jack Keller
1961年 JP-5091 佐野修 A 電話でキッス
B ウォーク・オン・ボーイ
1962年 JP-5117 佐野修 A たいこもちソング
石川進 B 元気出せジャック
1962年 JP-5154 佐野修 A キッスでまたね(ワン・ラスト・キス)
B 可愛いティーズ
1963年2月 JP-5178 九重佑三子・佐野修 A シェリー
佐野修 B ブルージンのヴィーナス
1963年5月 JP-5200 九重佑三子 A 恋はやせがまん
B 可愛いチキティーナ
1963年6月 JP-1581 坂本九 A 東京五輪音頭 宮田隆 古賀政男 ダニー飯田 三波春夫三橋美智也橋幸夫らと競作。
B 前向きで行こう 三木鶏郎
1963年7月 JP-5208 九重佑三子 A ポッカリ歩こう
増田多夢・九重佑三子 B ヘイ・ポーラ
1963年 JP-52** 九重佑三子 A レッツゴー・ステディ・アゲン
増田多夢 B さすらいの夜の街
1963年7月 JP-5245 九重佑三子・佐野修 A ミスター・ベースマン
佐野修 B 悲しき雨音
1963年9月 JP-5249 増田多夢 A 悲しきカンガルー
B サーフ・シティ
1963年10月 JP-5257 坂本九 A 九ちゃんの炭坑節 中村八大
B オールナイトで踊れたら ホセしばざき Lerner~F.Loewe ミュージカル「マイ・フェア・レディ」劇中歌をカバー。 [6]
1964年2月 TR-1016 佐野修・増田多夢 A ワシントン広場の夜は更けて Washington Square
九重佑三子 B ロリーポップ・リップス
1964年3月 TR-10** 富松千代志 A 僕のマシュマロちゃん
九重佑三子 B ハートでキッス
1964年4月 TR-1069 増田多夢 A 浮気娘
九重佑三子 B ネイビー・ブルー
1964年6月 TR-1101 九重佑三子 A 道はとこしえに
赤木良輔 B ヒピ・ヒピ・シェイク
1964年 TR-1117 増田多夢 A ハロー・ドリー
赤木良輔 B ロミオとジュリエット
1964年 TR-1141 坂本九 A 九ちゃんのジングルベル 訳:ホセ・しばさき J. マークス ダニー飯田
B 赤鼻のトナカイ 新井宣夫 ケラー
1964年 TP-1018 A 朝日のあたる家
赤木良輔 B シィズ・マイ・ガール
1965年 TP-1032 増田多夢 A エヴァー・グリーン・トゥリー
B 野のユリ
1965年 TP-1079 増田多夢 A ブルー・レディに紅いバラ
佐野修 B 恋のダイアモンド・リング
1965年 TP-1*** 富松千代志 A ブルー・シックスティーン
B キング・オブ・ザ・ロード
1965年 TP-1118 富松千代志 A コンクリート・アンド・クレイ
B リーリン・アンド・ロッキン
1966年 増田多夢 A シン・タアム・ビエタ
富松千代志 B 夢見る二人
1966年 A 孤独の世界
富松千代志 B 涙の小径
1966年 クラウンレコード CW-566 唱田久美子 A 恋のオカリナ
B 遠くで愛して
1966年 CW-591 増田多夢 A ひかげ者 星野哲郎 たなかとしを 小杉仁三
唱田久美子 B 土曜はきらい
1967年 CW-*** A 星空のアイドル
B すずらん
1967年 CW-*** 十田敬三 A 辛い別れ
B 好きなのよ
1967年 MW-3 A がんばれ仔ガッパ 映画『大巨獣ガッパ』挿入歌。

片面は、美樹克彦の「大巨獣ガッパ」。

1967年 CW-*** 増田丈二 A 黒い上着
B さすらいの男
1968年 CW-871 A 甲府ブルース 当初は「命をかけて」がA面。
B 命をかけて
1969年 CW-*** 増田多夢 A ロマンチカ・ラ・神戸
B ユメ・夢・ゆめ
1970年 CW-*** A 銀の夜
風見博 B 出稼ぎのうた
1970年 CBS・ソニー SONA-86147 A 飛べない小鳥
B お願いそっとしておいて ミッチーとパラキン名義
緑の島(グリーン・アイランド) 東京男声合唱団の「沖縄の星」のB面。上原康恒の応援歌。
1977年 ワーナー

アトランティックレコード

L-163A A パラキンのサーフィン'77
梅谷佳代・佐野修 B ミスター・ベースマン
1978年 L-213A A パラキンのサーフ・ボンボン
梅谷佳代・佐野修 B ミスター・ベースマン
1980年 オレンジハウスレコード ORF-129 A だ・い・て 山口洋子 平尾昌晃 薗広昭
B WHAT A BEAUTIFUL NIGHT

アルバム編集

発売日 レーベル 品番 アルバム メンバー
1959年9月 ビクターレコード LV-80 ジューク・ボックスで逢いましょう

Side:A

パラダイスキングソング/何もいらない俺だけど/小さな花/人を恋うる唄/淋しい片想い/木曽節

Side:B

ハワイアン・ウェディング・ソング/キサス・キサス/キャンデー・キッセス/サックドレスじゃ踊れない/ドラム・ブギー

ダニー飯田、佐野修、上野保夫、増田多夢、石田智、石川進、ジョージ大塚、坂本九
1960年3月 LV-117 パラダイスキングは唄う(今夜は泣かないぜ)

Side:A

今夜は泣かないぜ/儚く消えた恋/想い出のLP/もう恋なんて

Side:B

男ごころ/とても可愛い娘/並木のお月さん/二人のシルエット

ダニー飯田、佐野修、上野保夫、増田多夢、石田智、石川進、ジョージ大塚、坂本九
1961年2月 東芝レコード JPO-1171 九ちゃんとパラキン

Side:A

悲しき六十才(ムスターファ)/ビキニスタイルのお嬢さん/遥かなるアラモ/GJブルース

Side:B

夢のナポリターナ/ステキなタイミング/砂漠の恋の物語/恋のホームタウン

ダニー飯田、佐野修、上野保夫、増田多夢、石田智、石川進、坂本九、国宗可和
1961年6月 加代ちゃん パラダイスで唄う

Side:A

バリバリの浜辺で/小さな竹の橋/カイマナ・ヒラ/ブルー・ムー・ムー/パイナップル・プリンセス

Side:B

ブルー・ハワイ/ワイキキの浜辺/珊瑚礁の彼方/ハワイアン・ホスピタリティ~ナ・レ・オ・ハワイ~ミネハハの滝~アロハ・オエ

ダニー飯田、佐野修、上野保夫、増田多夢、石田智、石川進、国宗可和

ゲスト・森山加代子

1961年8月 九ちゃんとパラキン 第二集

Side:A

九ちゃんのズンタタッタ/悲しきあしおと/パラキンのスクスク/月夜に歩けば

Side:B

カレンダー・ガール/それが悩みさ/アパッチ/おんぼろ汽車ポッポ

ダニー飯田、佐野修、上野保夫、増田多夢、石田智、石川進、国宗可和、坂本九
1962年3月 九ちゃんとパラキン 第三集

Side:A

九ちゃん音頭/モデル・ガール/16個の角砂糖/ウォーク・オン・ボーイ

Side:B

上を向いて歩こう/電話でキッス/何処かでだれかが/あの娘の名前はなんてんかな

ダニー飯田、佐野修、上野保夫、増田多夢、石田智、石川進、国宗可和、坂本九
1962年3月 タムとオサムとキューピー

Side:A

ロッカ・フラ・ベイビー/ホワイ/ペピト/16個の角砂糖

Side:B

元気出せジャック/カプチーナ/月影のなぎさ/この世は闇さ

ダニー飯田、佐野修、上野保夫、増田多夢、石田智、石川進、国宗可和
1962年5月 スウィンギン・スチール・ギター

※ モノラル盤とステレオ盤を同時発売

Side:A

フラを教えて/月の夜は/ワイキキの浜べ/七つの海の天国

Side:B

がちゃ目の酋長さん/カウラナ・オ・ヒロ・ハナカイ/スー・シティー・スー/コハラ・マーチ

ダニー飯田、佐野修、上野保夫、増田多夢、石田智、石川進、ジョージ大塚
1962年5月 ハワイアン・パラダイス・キング

Side:A

ハワイアン・パラダイス/ナニ・ワイメア/ナ・ヴィリヴィリ/お手手みつめて

Side:B

タ・フワフワイ/フラを教えて/レアヒ/アカカの滝~フェアウェル

ダニー飯田、佐野修、上野保夫、増田多夢、石田智、石川進、ジョージ大塚
1963年7月 パラダイス・キング・ヒット・パレード

Side:A

悲しき雨音/ミスター・ベースマン/シェリー/ポッカリ歩こう

Side:B

ヘイ・ポーラ/レッツ・ゴー・ステディ・アゲン/悪いのはあなた/悲しき笑顔

ダニー飯田、佐野修、上野保夫、増田多夢、石田智、ジョージ大塚、九重佑三子
1963年12月 パラダイス・キング・ヒット・アルバム

Side:A

シェリー/ミスター・ベースマン/ヘイ・ポーラ/悲しき雨音/恋のやせがまん/ブルージンのヴィーナス

Side:B

悲しきカンガルー/ポッカリ歩こう/レッツ・ゴー・ステディ・アゲン/悪いのはあなた/ワン・ラスト・キス/サーフ・シティ

ダニー飯田、佐野修、上野保夫、増田多夢、石田智、ジョージ大塚、九重佑三子
1981年 オレンジハウスレコード ORF-8002 ポップン・ロール・パラダイス

(BOYS' SIDE)

  1. イントロダクション~レッド・リバー・ロック
  2. リトル・ダーリン
  3. ママ・ギター
  4. ローハイド/
  5. ライオンは寝ている
  6. サマー・ホリディ
  7. ポップン・ロール・メドレー(ロック・アラウンド・ザ・クロック~ミーン・ウーマン・ブルース~セイ・ママ~グッド・ガリー・ミス・モーリー~ヒッピ・ヒッピ・シェイク~ダイナマイト~のっぽのサリー愛しておくれ~ジェニー・ジェニー~フジヤマ・ママジョニーB.グッド)

(GIRLS' SIDE)

  1. 大人になりたい
  2. ボーイ・ハント
  3. レモンのキッス
  4. ネービー・ブルー
  5. ジョニー・エンジェル
  6. 砂に消えた涙
  7. エンディング~この世の果てまで
ダニー飯田、佐野修、梅谷佳代、清水昭策、大島輝三、森敬司、安田一平
1987年 This is Kauai - Welcome to Paradise

※ カセットテープ

Beautiful Kaua/Hanalei Moon/Aloha Kauai I love You/Island of my Dream(Vo:早見龍人)/Pua Olena/Paradise/This is Kauai(Vo:麻田梨加)/Just Say Aloha/My love Kauai.Kauai’s on my mind(Vo:佐野 修)/Hawaiian Wedding Song/Kaimana Hila

Inst: Danny 飯田)/And more..

Produced by Danny Iida. /A. Umezu/ Executive Produser: Hugo Aoki.

1995年 Singing For You

Opening Theme Song/愛しさクレッシェンド/50'S~60'S/Sherry, My Love/あの頃の私達/パパのロックンロール/Paradise/Just Say Aloha/終わる事のないSummertime/Those Dear Golden Days/Let's Go, My Friends/二人だけのEVE~Ending Theme Music

ダニー飯田、佐野修、麻田梨加、梅本敏之、上西亨太郎、天満久、麻見和也
1996年 PARADISE CLUB

パラダイスウィンド/パパのロックンロール/ボーイフレンド/星の王女様/SEA-GULL/SLOW DOWN/ひとりでシャトル/Mr. KILLER/シェリーマイラブ/恋する気分で/パラダイスウインド(リプライズ)

ダニー飯田、佐野修、麻田梨加、梅本敏之、上西亨太郎、天満久、麻見和也

主な出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

NHK紅白歌合戦出場歴 編集

年度/放送回 曲目 対戦相手
1962年(昭和37年)/第13回 グッドバイ・ジョー トリオこいさんず

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 1999年の葬儀
  2. ^ 60年代通信 ダニー飯田さん追悼特別企画(リンク切れ)
  3. ^ 増田多夢、没(元パラダイスキング、本名・富夫)5月5日(リンク切れ)
  4. ^ また、曲名もそれぞれ異なっている。ザ・ピーナッツ版は原曲通り「ルナ・ナポリターナ」、松島トモ子版は「夢のナポレターナ」、島田マリ版は「夢のナポリターノ」である。
  5. ^ 当時のアルマ・コーガン盤の日本盤のジャケットには『Pocket Transistor』、レーベルには『Pocket Transistor (Just Couldn't Resist Her With Her)』と表記されていた。
  6. ^ 歌唱映像では、テロップに一般的な曲名である「踊り明かそう」と表記される。