ダネルMGLは、南アフリカアームスコー社が開発した、回転式チャンバーを持ち、連発が可能なグレネードランチャー。「アームスコー MGL」「ミルコウ MGL」とも呼ばれる。

ダネルMGL
40 mm granatrevolver 05.jpg
スウェーデン陸軍博物館に所蔵されているダネルMGL
概要
種類 擲弾発射機
製造国  南アフリカ共和国
設計・製造 アームスコー
性能
口径 40mm
銃身長 300mm(MGL)
260mm(XRGL40)
ライフリング 6条右回り
使用弾薬 40x46mm擲弾
40x51mm擲弾(XRGL40)
装弾数 6発シリンダー内蔵型
作動方式 ダブルアクションリボルバー
全長 565-812mm(最短-最長)
各種あり
重量 5.3kg
発射速度 18発/分, 2発/秒(速射)
銃口初速 76m/s(MGL)
125m/s(XRGL40)
有効射程 375m
テンプレートを表示

概要編集

ダネルMGLは、イギリスのエクスカリバーMk.IIと同じ、回転式弾倉をもつグレネードランチャーである。 イギリスのMk.IIは暴動鎮圧用に開発されたので、非殺傷のグレネード弾を使用するが、それに対してこのMGLは用に開発されており、NATO(北大西洋条約機構)で使用されている40x46mmグレネード弾を使用するため、殺傷力をもつ。

ダブルアクションであるため、引き金を引くたびにグレネードが発射される。弾倉の中央部に設置されている軸を前方に引き、フレームの上部を軸にして上にスイングさせると弾倉およびバレルを開くことが可能。

弾倉上部には、大きく仰角をつけられる小型光学サイトが装備されている。

平均400mほどの射程を誇る対人榴弾対戦車榴弾警察で使用する非殺傷のゴム弾催涙弾発煙弾などが製造されている。

南アフリカ軍および警察が対ゲリラ用に正式採用している他にも数ヶ国に輸出され、使用されている。MGLはクロアチアで「RGB-6」の名で制式採用されており、最近は改良型の「MGL-140」がアメリカ軍に制式採用されている。MGL-140は弾倉の長さが若干だが延長され、M4カービンストックに似たスライド式のストックやピカティニー・レールを装備している。重量は6,000gに増加、全長は661mm/787mmに延長されている。

派生型編集

主な採用国編集

登場作品編集

関連項目編集