ダフィー・ウォーズ

ダフィー・ウォーズ』(Duck Dodgers in the 24½th Century1953年7月25日)は、アメリカ映画会社ワーナー・ブラザースの短編アニメシリーズ「メリー・メロディーズ」の作品である。『アメリカ国立フィルム登録簿』登録作品である。また『The 50 Greatest Cartoons』選定作品でもあり、同ランキングで4位にランクインしている。

ダフィー・ウォーズ
Duck Dodgers in the 24½th Century
監督 チャールズ・M・ジョーンズ
脚本 マイケル・マルティーズ
製作総指揮 エディー・セルツァー
出演者 メル・ブランク
音楽 カール・スターリング
配給 ワーナー・ブラザース
 ヴァイタフォン
公開 アメリカ合衆国の旗 1953年7月25日
上映時間 7分1秒
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 ネコ族の襲撃
次作 オーレ!!は闘牛ウサギ 
テンプレートを表示

製作スタッフ編集

  • 監督 チャールズ・M・ジョーンズ
  • 製作総指揮 エディ・セルツァー
  • 音楽 カール・スターリング
  • アニメーション製作 ロイド・ボーギャン、ケン・ハリス、ベン・ウァーシャム
  • 脚本 マイケル・マルティーズ
  • レイアウト モーリス・ノーブル
  • 背景画 フィリップ・デ・ガード
  • アニメ効果 ハリー・ラブ

内容編集

舞台は未来の地球。この世界である一大危機が迫っていた。その理由はシェービングクリームの原料のイリジウムが深刻に不足していたためだった。この危機を救うため24と½世紀から来た宇宙の戦士、ダック・ドジャース(ダフィー・ダック)は立ち上がった。そしてそのイリジウムが存在するのは、惑星Xのみだという。ドジャースはすぐに宇宙空港に行き、助手である若き宇宙飛行士(ポーキー・ピッグ)とその惑星Xへと旅立った。若き宇宙飛行士の助言(惑星をアルファベットの順番通りにたどれば惑星Xにたどり着く)を頼りに(というより勝手に自分の案として)惑星Xへ着いたドジャース一行はこの星を地球のものと宣言した。
しかしその時、火星のロケットが着陸し、中から出てきた火星人(マービン・ザ・マーシャン)も惑星Xを火星のものと宣言した。こうして惑星Xを巡ってドジャースと火星人との戦争が始まるのである。

キャスト編集

キャラクター 原語版 旧吹き替え版 新吹き替え版
ダック・ドジャース(ダフィー・ダック) メル・ブランク 江原正士 高木渉
火星人(マービン・ザ・マーシャン 島田敏 中田和宏
若き宇宙飛行士(ポーキー・ピッグ 兼本新吾 龍田直樹
DR.IQハイ 富山敬 梅津秀行
ナレーション - 土井美加

関連作品編集

今作の決定的な続編。こちらはゴッサマーが登場する。
今作同様未来を舞台にした作品。ダフィーとポーキーの関係も対等になっており、ダフィーの言い間違いにどもりながらも突っ込んでいる。
今作同様未来が舞台の作品で、1956年公開の「ステューパー・ダック(Stupor Duck)」と同様スーパーマンのパロディ。今作におけるネタが流用されている。他のルーニー・テューンズのキャラも多数登場し、スーパーマン本人も登場する。

以上の作品は、今作と同監督であるチャック・ジョーンズ(チャールズ・M・ジョーンズ)が監督した。

今作が原作となったテレビアニメ。今作のキャラは全員出演している。ポーキーやマービンが演じる役にそれぞれ名前が追加され、一部のルーニー・テューンズキャラや過去の作品のパロディも見受けられる。

日本でのテレビ放映編集

1989年1992年テレビ東京にて「バッグス・バニーのブンブンランド」という番組で放送され、新吹き替え版と異なり、こちらでは全員本名で名乗っており、ドジャース(ダフィー)が助手(ポーキー)の案を横取りするシーンもそのまま、助手(ポーキー)の案として驚きながらも採用されている。当時の邦題は「ダフィ・ウォーズ」。現在、カートゥーン・ネットワークの「バッグス・バニー ショー」で放送。

収録編集

  • 『ルーニー・テューンズコレクション』(ダフィー&ポーキー)(DVD)、新吹き替え版)
  • 『ルーニー・テューンズコレクション』(【だいせんそう編】(1コインDVD)、新吹き替え版)
  • 『バッグス・バニーのブンブンランド』 8巻 (VHS、旧吹き替え版)
  • 『ルーニー・テューンズ DVD BOX』 (宝島社) ※字幕 (DVD(パブリックドメイン))

関連項目編集

外部リンク編集