ダフト・パンク

フランス出身のハウス/フィルターハウス/エレクトロ・デュオ

ダフト・パンクDaft Punk)は、1993年にギ=マニュエル・ド・オメン=クリストトーマ・バンガルテルによってパリで結成されたフランス電子音楽デュオ[2][3][1][4][5]。1990年代後半にフレンチ・ハウス・ムーブメントの一部として人気を博し、その後もファンクテクノディスコロックシンセポップハウス・ミュージックの要素を融合させて成功を収めた[6] [7] [8]。彼らはダンスミュージックの歴史の中で最も影響力のあるアーティストの一人である。

ダフト・パンク
DaftAlive.jpeg
左:トーマ、右:ギ=マニュエル(2007年)
基本情報
出身地 フランスの旗 フランス パリ
ジャンル
活動期間 1993年 - 2021年
レーベル
公式サイト www.daftpunk.com
旧メンバー

1999年以降、ダフト・パンクはロボットのようなヘルメットと手袋をして、ほとんどの出演でロボットになりきっていたが[9]、インタビューやテレビ出演はほとんどなかった。1996年から2008年まで、ペドロ・ウィンター英語版(別名Busy P、エド・バンガー・レコード英語版創設者)によってマネジメントされていた。

トーマとギ=マニュエルのインディー・ロック・バンドDarlin'が解散した後、彼らはドラムマシンシンセサイザーを使った実験を始めた。彼らのデビュー・スタジオ・アルバム『Homework』は1997年にヴァージン・レコードからリリースされ、シングル「Around the World」と「Da Funk」で好評を博した。2ndアルバム『Discovery』は、「One More Time」、「Digital Love」、「Harder, Better, Faster, Stronger」などのヒット曲に支えられ、さらなる成功を収めた。2005年3月、ダフトパンクは3枚目のアルバム『Human After All』をリリースしたが、イギリスでは「Robot Rock」と「Technologic」が成功を収めた。2006年から2007年にかけてツアーを行い、ライブアルバム『Alive 2007』をリリースし、グラミー賞の最優秀エレクトロニック/ダンスアルバム賞を受賞した。2010年に公開された映画『トロン: レガシー』のサウンドトラックアルバムのスコアを作曲した。

2013年、ヴァージンからコロムビア・レコードに移籍したDaft Punkは、4枚目のアルバム『Random Access Memories』をリリース。2014年のグラミー賞でアルバム・オブ・ザ・イヤーとレコード・オブ・ザ・イヤーを含む5つの賞を受賞し、リードシングル「Get Lucky」が世界32カ国のチャートでトップ10入りを果たすなど、高い評価を得た。 2016年、ダフト・パンクはザ・ウィークエンドとのコラボ曲「スターボーイ」でBillboard Hot 100で初の1位を獲得。ローリング・ストーン誌は彼らを「20 Greatest Duos of All Time」のリストで12位にランクインさせた。

2021年2月22日、彼らはYouTubeチャンネルに28年間のキャリアからの楽曲を含む8分間のビデオをアップして解散を発表した[10]

来歴編集

結成まで編集

1987年、パリの学生だったトーマとギ=マニュエルが知り合い、2人ともジミ・ヘンドリックスモータウン・ミュージックといったロックソウル・ミュージックに興味を持っていたために意気投合する。1990年にはクラスメイトであったローラン・ブランコウィッツ英語版(現・フェニックスのギタリスト・キーボディスト)と共に「ダーリン」というバンドを結成し、 ステレオラブレーベルから数曲をリリースした。ある日、このステレオラブの前座を務めたダーリンに対して、イギリスの音楽誌メロディ・メーカー英語版は、レビューで「a daft punky thrash」と酷評。ところが2人はこの言葉を気に入り、自分たちの新たなユニット名にする。1993年にローランが音楽性の相違からバンドを脱退したのを機に、本格的にハウス・ミュージックへと方向性を転換した。

1993年-1999年: Homework編集

1994年
  • シングル「ニュー・ウェイヴ」でデビュー。
1995年
  • 12インチ シングル「ダ・ファンク (Da Funk)」を2000枚リリース。
1996年
  • ヴァージンレコードと契約[11][12]
  • 12月「ダ・ファンク (Da Funk)」をヴァージンレコードからリリース。フランスチャート最高7位。UKチャート7位。
1997年

1999年-2003年: Discovery編集

2000年
2001年
2003年

2004年–2007年: Human After All~原点回帰編集

2005年
  • 3月 3rdアルバム「Human After All~原点回帰」をリリース。
2006年
2007年
  • 4月28日(日本での公開日) 2人が監督・脚本、さらにトーマが撮影監督も手がけた映画「エレクトロマ」(en:Daft Punk's Electroma)が公開された。彼らと同じロボットが主人公(役名は、「ヒーロー・ロボット#1」「#2」)だが、演じているのは「ピーター・ハートゥ」と「マイケル・ライヒ」で、ダフト・パンクの両人ではない。また演じている両人も、ダフト・パンクによって設立された映像制作プロダクション「ダフト・アーツ」のアシスタントスタッフで俳優ではないが、背格好が似ているということから主演に抜擢された。
  • 10月 日本のヒップホップグループ・TERIYAKI BOYZに楽曲「HeartBreaker」をプロデュース。また、カニエ・ウェストが楽曲「Stronger」に「Harder, Better, Faster, Stronger」をサンプリングし、ミュージック・ビデオには彼らも出演した[要出典]
  • 11月 ライヴアルバム「Alive 2007」をリリース。

2008年–2011年: Tron: Legacy編集

2009年
  • 2月8日 に行われた第51回グラミー賞にてダンス部門で2部門(ベストシングル賞:「仕事は終わらない (Harder Better Faster,Stronger)」、ベストアルバム賞:「ピラミッド大作戦 (Alive 2007)」)を受賞した。フランスのミュージシャンがグラミー賞を獲得するのは、ディープ・フォレスト以来15年ぶり[要出典]
2010年

2011年–2015年: Random Access Memories編集

2013年
2014年
  • 1月 第56回グラミー賞で主要部門となる「最優秀レコード」、「最優秀アルバム」を含む、ノミネートされた5部門すべてで受賞。授賞式では、アルバム「ランダム・アクセス・メモリーズ」発売後としては初、またTVパフォーマンスとしては2008年の第50回グラミー賞以来6年ぶりとなるパフォーマンスを披露、ダフト・パンクはマスクも含めホワイト一色の衣装に身を包み、ファレル・ウィリアムス、ナイル・ロジャース、スティーヴィー・ワンダーと共演を果たした。
  • 10月 ファレル・ウィリアムスのソロアルバム「G I R L」内の楽曲「Gust of Wind」にゲストボーカルとして参加した[要出典]

2016年-2021年 解散まで編集

2016年
  • ザ・ウィークエンドの楽曲「スターボーイ」「アイ・フィール・イット・カミング」を共作し、それぞれアメリカで1位と4位を記録した[18]
2021年
  • 2月22日、映画Electromaの1シーンを"Epilogue"というタイトルでYouTubeチャンネルにアップロードした[19]。ビデオには途中1993-2021と表示され、同日、長年の広報担当Kathryn Frazierが解散を認めた[20]

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

DVD/ビデオ編集

シングル編集

  • ニュー・ウェイヴ(The New Wave/1994年)
  • ダ・ファンク(Da Funk/1996年)
  • アラウンド・ザ・ワールド(Around The World/1997年)
  • バーニン(Burnin'/1997年)
  • レヴォルーション909(Revolution 909/1998年)
  • ワン・モア・タイム(One More Time/2000年)
  • エアロダイナミック(Aerodynamic/2001年)
  • デジタル・ラヴ(Digital Love/2001年)
  • 仕事は終わらない(Harder, Better, Faster, Stronger/2001年)
  • 素顔で向き合えば(Face To Face/2003年)
  • 愛の絆(Something About Us/2003年)
  • Robot Rock~ロボット・ロック(2005年)
  • Technologic~先端論理(2005年)
  • Human After All~所詮人間(2005年)
  • The Prime Time Of Your Life~至福之時(2006年)
  • 仕事は終わらない(Harder, Better, Faster, Stronger (Alive 2007)/2007年)
  • ゲット・ラッキーGet Lucky/2013年)
  • ルーズ・ユアセルフ・トゥ・ダンス(Lose Yourself to Dance/2013年)
  • ドゥーイン・イット・ライト(Doin' It Right/2013年)
  • インスタント・クラッシュ(Instant Crush/2013年)
  • ギヴ・ライフ・バック・トゥ・ミュージック(Give Life Back to Music/2014年)

受賞編集

第56回グラミー賞
  • 最優秀レコード(Record Of The Year)
    • 「ゲット・ラッキー (Get Lucky)」
  • 最優秀アルバム(Album Of The Year)
    • 「ランダム・アクセス・メモリーズ」
  • 最優秀ポップ デュオ/グループ(Best Pop Duo/Group Performance)
    • 「ゲット・ラッキー (Get Lucky)」
  • 最優秀ダンス/エレクトロニカ(Best Dance/Electronica Album)
    • 「ランダム・アクセス・メモリーズ」
  • 最優秀エンジニア・アルバム(Best Engineered Album, Non-Classical)
    • 「ランダム・アクセス・メモリーズ」

CM編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f Phares, Heather. Daft Punk | Biography & History - オールミュージック. 2021年7月16日閲覧。
  2. ^ Daft Punk Bio, Music, News & Shows”. DJZ.com. 2013年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月7日閲覧。
  3. ^ McNulty, Bernadette (2007年11月17日). “Daft Punk: Behind the robot masks”. The Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/culture/music/3669339/Daft-Punk-Behind-the-robot-masks.html 2012年10月14日閲覧。 
  4. ^ UPI Almanac for Thursday, Jan. 3, 2019” (2019年1月3日). 2019年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月3日閲覧。 “DJ Thomas Bangalter (Daft Punk) in 1975 (age 44)”
  5. ^ Aswad (2021年2月22日). “Daft Punk Has Split Up, Publicist Confirms” (英語). Variety. 2021年2月22日閲覧。
  6. ^ McNulty, Bernadette (2007年11月17日). “Daft Punk: Behind the robot masks”. The Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/culture/music/3669339/Daft-Punk-Behind-the-robot-masks.html 2012年10月14日閲覧。 
  7. ^ Sean Cooper. “Daft Punk”. AllMusic. 2021年2月23日閲覧。
  8. ^ Suzanne Ely, "Return of the Cybermen" Mixmag, July 2006, pp. 94–98.
  9. ^ Martin (2013年12月4日). “Daft Punk: The Birth of The Robots”. 2021年2月23日閲覧。
  10. ^ Coscarelli, Joe (2021年2月22日). “Daft Punk Announces Breakup After 28 Years”. New York Times. https://www.nytimes.com/2021/02/22/arts/music/daft-punk-breakup.html 2021年2月22日閲覧。 
  11. ^ Daft Punk Musique Vol. 1 Official Website. Archived 2006年4月10日.
  12. ^ James, Martin. French Connections: From Discotheque to Discovery. London, United Kingdom: Sanctuary Publishing Ltd., 2003. pgs 265; 267; 268. (1-86074-449-4)
  13. ^ History - 2006 SUMMER SONIC”. 2021年2月23日閲覧。
  14. ^ Daft PunkがColumbiaと契約、年内にアルバムを発売へ”. Resident Advisor. 2021年2月23日閲覧。
  15. ^ Robin Thicke: Longest Hot 100 Reign This Year”. ビルボード (2013年7月24日). 2013年7月24日閲覧。
  16. ^ Official: Daft Punk's 'Random' Debuts at No. 1 on Billboard 200 With 339,000”. ビルボード (2013年5月28日). 2013年5月28日閲覧。
  17. ^ Daft Punk Leads Debut-Filled Top Four on Billboard 200 Album Chart”. ビルボード (2013年5月29日). 2013年5月29日閲覧。
  18. ^ Chart History The Weeknd”. 2020年3月10日閲覧。
  19. ^ ダフト・パンク (2021年2月22日). Epilogue (YouTube). https://www.youtube.com/watch?v=DuDX6wNfjqc 2021年2月23日閲覧。 
  20. ^ Daft Punk Break Up”. Pitchfork. 2021年2月23日閲覧。

外部リンク編集