メインメニューを開く

ダブリンの鐘つきカビ人間

ダブリンの鐘つきカビ人間』(ダブリンのかねつきカビにんげん)は、後藤ひろひと作の日本演劇である。

1996年、後藤ひろひとが座長を務めていた関西の劇団・遊気舎で初演[1]。「遊気舎ケルトシリーズ第2弾」と銘打たれており、これが後藤の座長引退作となった[2]

その後「G2×後藤ひろひとプロデュース」となり、2002年に大倉孝二主演で上演。2005年に片桐仁主演ほか4名を入れ替え、新キャスト加入と加筆をして再演[3]。2015年、キャストを刷新し、佐藤隆太主演で10年ぶりの再演となった[1][4][5]

2002年版は、同年11月にNHK教育芸術劇場』にて放送されている[6]

ストーリー編集

とある山中。真奈美と聡は旅行中、森の中で道に迷ってしまい、山小屋に一夜の宿を求める。そこで山小屋の主である老人は、かつてこの土地を不思議な病が襲ったときのことを二人に話し出す。真奈美と聡は老人の話に引き込まれ、その物語の中に入っていく。

登場人物編集

カビ人間
演 - 大倉孝二('02) / 片桐仁ラーメンズ)('05) / 佐藤隆太('15)
街の鐘をついて時間を知らせる。かつては美しい容姿に醜い心を持つ男であったが、奇病により体と心が入れ替わり、美しい心を持つが全身カビに覆われた醜い容姿に変わり、街中の嫌われ者となった。おさえの奇病から生じた誤解から好かれていると勘違いし、おさえを慕うようになる。
おさえ
演 - 水野真紀('02) / 中越典子('05) / 上西星来東京パフォーマンスドール)('15)
街の娘。思っていることと反対の言葉しか出てこない奇病を患っている。カビ人間を忌み嫌っていたが、次第にその心の美しさに惹かれていく。
演 - 長塚圭史('02) / 姜暢雄('05) / 白洲迅('15)
旅人。老人が語る物語の中でも旅人である。
真奈美
演 - 遠藤久美子('02) / 土屋アンナ('05) / 大塚千弘('15)
旅人。老人が語る物語の中でも旅人である。王の頼みを受けて、街の危機を救う伝説の剣「ポーグマホーン」探しに名乗りを上げる。
戦士
演 - 橋本さとし('02、'05) / 小西遼生('15)
おさえの恋人。市長の画策によって、「ポーグマホーン」探しに名乗りを上げる。「会話の中に全く知らない人の名前が出てくる」という奇病を患っている。
とまり木
演 - 田尻茂一('02、'05) / 中村昌也('15)
街の住人。とまり木のように指に鳥がとまってしまう奇病を患う。
天使
演 - 及川健('02、'05) / 木戸邑弥('15)
街の住人。背中に羽が生える奇病を患う。その姿は天使のようであるが、心は汚い。
目玉
演 - 八十田勇一('02、'05) / 明樂哲典('15)
街の住人。額に目玉ができる奇病を患う。その目で3km先まで見ることができる。
坊主
演 - TROY('05)
柿男
演 - 山中崇('05)
膝小僧
演 - 平田敦子('05)
侍従長
演 - 中山祐一朗('02、'05)/ マギー('15)
王の侍者。
演 - 後藤ひろひと('02、'05、'15)
街がある国の王。王だが偉くなれない。旅人に「ポーグマホーン」探しをしないかと頼む。
市長
演 - 池田成志('02、'05) / 吉野圭吾('15)
街の市長。混乱を制して街を支配したいため、王や旅人より先に「ポーグマホーン」を探し出そうと画策する。「とある日にカビ人間のついた鐘の音を聞くと死ぬ」という奇病に罹っており、カビ人間にその日には鐘をつかないようにと頼む。
神父
演 - 山内圭哉('02、'05)
市長の古くからの友人。
尼僧
演 - 篠井英介('15)
ジジイ
演 - 若松武史('02、'05) / 村井國夫('15)
おさえの父。実年齢よりも老けた見た目になる奇病を患う。

公演日程・会場編集

初演(1996年)編集

2002年版編集

2005年版編集

2015年版編集

DVDリリース編集

2007年10月17日、『ダブリンの鐘つきカビ人間』の2002年版と2005年版がポニーキャニオンよりリリースされた[7][8]。2016年4月6日、2015年版がポニーキャニオンよりリリースされた[9]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 佐藤隆太、“カビ人間”役で舞台主演”. ORICON STYLE (2015年6月8日). 2015年11月18日閲覧。
  2. ^ HISTORY 1995〜2000”. 遊気舎. 2015年11月18日閲覧。
  3. ^ 『ダブリンの鐘つきカビ人間』製作発表会”. シアターリーグ (2005年8月24日). 2015年11月18日閲覧。
  4. ^ 心揺さぶる大人のダーク・ファンタジー、開幕”. チケットぴあ (2015年10月7日). 2015年11月18日閲覧。
  5. ^ 「ダブリンの鐘つきカビ人間」主演・佐藤隆太 大人の童話、旅する舞台”. 産経ニュース (2015年10月10日). 2015年11月18日閲覧。
  6. ^ 検討中「ダブリンの鐘つきカビ人間(芸術劇場)」 - お願い! 編集長”. NHKオンライン. 2015年11月18日閲覧。
  7. ^ ダブリンの鐘つきカビ人間 2002年版”. PONY CANYON INC. (2007年10月17日). 2018年7月27日閲覧。
  8. ^ ダブリンの鐘つきカビ人間 2005年版”. PONY CANYON INC. (2007年10月17日). 2018年7月27日閲覧。
  9. ^ ダブリンの鐘つきカビ人間 2015年版”. PONY CANYON INC. (2016年4月6日). 2018年7月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集