ダブリンバス

アイルランドのダブリンにあるバス事業者

ダブリンバス: Bus Átha Cliath: Dublin Bus)は、ダブリン県キルデア県およびウィックロー県路線バスを運行する、アイルランド交通グループの会社である[1]。本社はダブリン1区オコンネル・アッパー通りに存在する。

ダブリンバス
20190522-Dublin-Bus-SG68.jpg
ダブリン市内を走るボルボ・B5TL
標語 Serving the entire community
地域社会全体への奉仕
親会社 アイルランド交通グループ(CIÉ)
設立 1987年2月2日 (1987-02-02)
本社 ダブリン1区オコンネル・アッパー通り
運行区域 ダブリン県
キルデア県
ウィックロー県
運行種別 バス
路線数 120路線
車両 1016台 (2019年)
燃料 軽油ハイブリッド
最高経営者 レイ・コイン
ウェブサイト www.dublinbus.ie

沿革編集

1987年2月2日にアイルランド交通グループがダブリンバス、バス・エールン、アイルランド国鉄の3つの子会社に分割された[2]

2010年4月にダブリンバスは効率化を図るため、市内の多くの路線を簡素化することを発表した。しかし、この施策の一環として、150人の雇用が失われることも発表された[3][4]

2010年代には、一部の停留場で、バスが到着するまでの時間を直接表示する「リアルタイム乗客情報」を導入した[5]

2016年の旅客数は1億2500万人で、2005年と比較すると14%減となっている(同33.6%増のルアス初年度)[6][7][8]

2018年9月から2019年3月までの間に、ダブリンバスの24路線と125台のバスは、国家運輸局によりゴーアヘッド・アイルランドに段階的に引き継がれた[9][10]。これによりダブリンバスに新しい車両が導入され、ゴーアヘッドが各路線を引き継ぐのと同日に新しい路線が運行を開始した。

路線編集

 
リアルタイム時刻表

ダブリンバスは、ダブリン市内とグレーター・ダブリン・エリアにおいて、110の放射状路線、都市横断路線、周辺路線、18の夜行路線を運行している。毎日約325,000人が利用している[11]。主な放射状路線は、ダブリンのバス高速輸送システムを利用して市内へ運行している。エクスプレスバス(Xpresso、エクスプレソ)は、同様の路線で主要停留場のみ停車し、最低料金が高くなっている。月曜から金曜のピーク時に運行しており、祝日は運行していない。

ダブリンバスは、2009年1月まで月曜から土曜の間に18路線の夜間バス(Nitelink、ナイトリンク)を運行している。アイルランドの景気悪化に伴う人員削減のため、週半ばのダイヤは廃止された[12]。 ナイトリンク路線には特別運賃が適用される。

ダブリンバスでは、聖ケビン教会や聖オードアン教会などの心霊スポットを巡るゴースト・バス・ツアーも実施している[13]。夕方の時間帯に運行され、2つの停留場で降車し、幽霊が出たと言われている場所を訪れる[14]

また、ダブリン市とダブリン空港を結ぶエアリンク(Airlink)も運行している。

車両編集

写真 台数 製造業者 種類 コード 旅客数 全長 運行開始年
  10 ボルボ ボルボ・B7TL、アレクサンダー・ALX400(車体) AV 91 9.9 m 2000年 – 2005年
  50 ボルボ ボルボ・B9TLT、アレクサンダー・デニス・E500(車体) VT 119–124 12 m 2005年 – 2007年
  100 ボルボ ボルボ・B7TL (Mk. II)、アレクサンダー・ALX400(車体) AX 91 9.9 m 2006年
  97 ボルボ ボルボ・B9TL、アレクサンダー・デニス・E400(車体) EV 94 10.2 m 2007年 – 2009年
  49 ボルボ ボルボ・B9TL、ライト・エクリプス・ジェミニ(車体) VG 88 10.4 m 2008年 – 2009年
  148 ボルボ ボルボ・B9TL、ライト・エクリプス・ジェミニ(車体) GT 78–81 10.4 m 2012年 – 2013年
  546 ボルボ ボルボ・B5TL、ライト・エクリプス・ジェミニ(車体) SG 95 10.5 m 2014年 – 2019年
2 ライトバス ライト・ストリートライト WS 37 10.2 m 2017年
  3 ライトバス ライト・ストリートデック(ハイブリッド) WH 2019年
  3 ボルボ ボルボ・B5TL、ライト・エクリプス・ジェミニ(車体) VH 2019年
1,008

今後の予定編集

2018年7月、国家交通局はダブリンで運行されているバスの大規模な改革提案を明らかにした。提案された変更点には、路線の番号変更や主要な目抜き通りに沿った路線の集中化、運行頻度の増加、他の公共交通機関への無料乗り換えを可能にする統合発券を含む運賃の簡素化、新たな軌道路線の運行などが含まれている[15]

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ 公共交通機関” (日本語). Ireland.com. 2020年8月8日閲覧。
  2. ^ Córas Iompair Éireann Steve Johnson's Railway Pages
  3. ^ Inside Ireland”. 2012年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月8日閲覧。
  4. ^ 9 – Dublin Bus”. Dublinbus.ie (2011年8月28日). 2012年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月23日閲覧。
  5. ^ Real-time Passenger Information (RTPI) for Dublin Bus, Bus Eireann, Luas and Irish rail”. Government of Ireland. 2018年7月11日閲覧。
  6. ^ Annual Report December 2015 Dublin Bus
  7. ^ Annual Report December 2005 Dublin Bus
  8. ^ Frequently Asked Questions Archived 3 January 2012 at the Wayback Machine. Luas
  9. ^ Dublin Bus loses control of 24 bus routes serving suburbs Irish Times 10 August 2017
  10. ^ Go-Ahead awarded outer Dublin metropolitan area bus contract Coach & Bus Week 10 August 2017
  11. ^ Dublin Bus Route List”. 2013年5月11日閲覧。
  12. ^ Dublin Bus cuts 290 and slashes services”. Independent.ie. 2020年8月8日閲覧。
  13. ^ Dublin Sightseeing GhostBus Tour”. 2013年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月29日閲覧。
  14. ^ Walsh, Dave (2008). Haunted Dublin. Dublin: Nonsuch Publishing. p. 83. ISBN 978-1-84588-932-6 
  15. ^ Paul Melia (2018年7月2日). “Major Dublin bus changes revealed: 'Super frequent' routes, services renumbered, and a new two-fare system”. Irish Independent. 2018年7月19日閲覧。

外部リンク編集