ダブリン伯爵(ダブリンはくしゃく、英語: Earl of Dublin)は、アイルランド王国連合王国伯爵位。アイルランド貴族として2度、連合王国貴族として1度創設された。

カンバーランド=ストラサーン公爵ヘンリー王子の肖像画、トマス・ゲインズバラ作、1770年代。

歴史編集

 
アルバート・エドワード王子、1860年頃撮影。

1766年10月22日、ウェールズ公爵フレデリック・ルイス(1707-1751)の四男ヘンリー王子アイルランド貴族であるダブリン伯爵グレートブリテン貴族であるカンバーランド=ストラサーン公爵に叙された[1]。しかし、妻との間で息子をもうけず、1790年9月18日に病死すると爵位は廃絶した[1]

1799年4月23日、ジョージ3世(1738-1820)の四男エドワード王子(1767-1820)はアイルランド貴族であるダブリン伯爵とグレートブリテン貴族であるケント=ストラサーン公爵に叙された[2]。しかし妻との間で息子をもうけず、1820年1月23日に病死すると爵位は廃絶した[3]

1849年9月10日、ヴィクトリア女王(1819-1901)の長男であるウェールズ公アルバート・エドワード王子連合王国貴族であるダブリン伯爵に叙された[4]。1901年にアルバート・エドワード王子がエドワード7世として連合王国国王に即位すると、爵位は王領に統合された。

ダブリン伯爵(第1期、1766年)編集

  • カンバーランド=ストラサーン公爵・初代ダブリン伯爵ヘンリー王子(1745年 – 1790年)

ダブリン伯爵(第2期、1799年)編集

  • ケント=ストラサーン公爵・初代ダブリン伯爵エドワード王子(1767年 – 1820年)

ダブリン伯爵(第3期、1849年)編集

  • ウェールズ公爵・初代ダブリン伯爵アルバート・エドワード王子(1841年 – 1910年)
    • 1901年、エドワード7世として連合王国国王に即位、爵位は王領に統合された。

出典編集

  1. ^ a b Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, H. Arthur, eds. (1913). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Canonteign to Cutts) (英語). 3 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 573–574.
  2. ^ "No. 15126". The London Gazette (英語). 20 April 1799. p. 372.
  3. ^ Cokayne, George Edward; Doubleday, Herbert Arthur; Howard de Walden, Thomas, eds. (1929). The Complete Peerage, or a history of the House of lords and all its members from the earliest times, volume VII: Husee to Lincolnshire. 7 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press. pp. 183–184.
  4. ^ "No. 21018". The London Gazette (英語). 11 September 1849. p. 2783.