ダブル・ジョパディー

ダブル・ジョパディー』(原題:Double Jeopardy)は、1999年制作のアメリカ合衆国カナダ合作のサスペンス映画ブルース・ベレスフォード監督。アシュレイ・ジャッドトミー・リー・ジョーンズ出演。

ダブル・ジョパディー
Double Jeopardy
監督 ブルース・ベレスフォード
脚本 デヴィッド・ワイズバーグ
ダグラス・クック
製作 レナード・ゴールドバーグ
出演者 トミー・リー・ジョーンズ
アシュレイ・ジャッド
ブルース・グリーンウッド
アナベス・ギッシュ
音楽 ノーマンド・コルベイル
撮影 ピーター・ジェームズ
編集 マーク・ワーナー
製作会社 パラマウント映画
配給 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年9月24日
日本の旗 2000年3月4日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
言語 英語
製作費 $70,000,000
興行収入 アメリカ合衆国の旗$177,841,558[1]
テンプレートを表示

タイトルの意味は「二重処罰」で、アメリカ合衆国憲法修正第5条に定められた“二重処罰の禁止”(同一の犯罪で二度有罪にはならない)をモチーフにしている。

あらすじ編集

リビーは夫ニックと幼い息子マティとの三人で幸せに暮らす普通の主婦だったが、ある日突然、ニックが失踪、さらにリビーは夫殺しという身に覚えのない罪で逮捕され、有罪となってしまう。

リビーは友人のアンジーにマティを預けて刑務所に収監されるが、服役中にアンジーはマティと音信不通になってしまう。

刑務所仲間の協力を得て2人を探し出したリビーは、驚くべき真相を知る。実はニックは生きており、以前からアンジーと不倫の仲だったため、リビーを罠にはめたうえで、アンジーとマティと一緒にのうのうと暮らしていたのだ。

リビーは刑務所仲間からアメリカ合衆国憲法修正第5条に定められた“二重処罰の禁止”の事を聞き、ニックへの復讐を決意する。

6年後、仮出所したリビーは保護観察官レーマンの監視下に置かれながらも、復讐を決行しようとする。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ朝日
リビー・パーソンズ アシュレイ・ジャッド 山像かおり 深見梨加
トラヴィス・レーマン トミー・リー・ジョーンズ 池田勝 菅生隆之
ニック・パーソンズ ブルース・グリーンウッド 大塚芳忠 江原正士
アンジー アナベス・ギッシュ 佐藤しのぶ 金野恵子
マーガレット ローマ・マフィア 藤生聖子
イヴリン ダヴェニア・マクファーデン 喜田あゆ美
マティ・パーソンズ(4歳) ベンジャミン・ウィアー 瀧本富士子 近藤玲子
マティ・パーソンズ(11歳) スペンサー・トリート・クラーク
ボビー ジェイ・ブラゾー 長島雄一
カッター マイケル・ガストン 青山穣
カール ベン・ボード 古田信幸
マンゴールド デイヴ・ハガー 辻親八
役不明又はその他 寺内よりえ
片岡富枝
宮寺智子
中博史
小形満
種田文子
鈴木紀子
川中子雅人
斎藤恵理
益富信孝
平野稔
野村須磨子
秋元羊介
富本牧子
坂口進也
島美弥子
小川隆市
大黒和広
横尾博之
滝知史
松下亜紀
花嶋千代
板倉史
児玉のぞみ
新井里美
演出 伊達康将 松川陸
翻訳 小寺陽子
調整 オムニバス・ジャパン 山田太平
効果 リレーション
プロデューサー 福吉健
制作 東北新社 ムービーテレビジョン
初回放送 2003年6月1日
日曜洋画劇場

脚注編集

  1. ^ Double Jeopardy. Box Office Mojo.

外部リンク編集