メインメニューを開く

ダマジカDama dama)は、哺乳綱偶蹄目シカ科ダマジカ属に分類されるシカの一種。別名ファロージカ

ダマジカ
ダマジカ
ダマジカ Dama dama
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
: 偶蹄目 Artiodactyla
亜目 : 反芻亜目 Ruminantia
: シカ科 Cervidae
亜科 : シカ亜科 Cervinae
: ダマジカ属 Dama
: ダマジカ D. dama
学名
Dama dama
(Linnaeus, 1758)
和名
ダマジカ
英名
Fallow deer
ダマジカの雄

分布編集

形態編集

体長110-190cm。肩高90-110cm。体重40-100kg。メスよりもオスの方が大型になる。先が手のひら状に広がっている角をもつ。体毛は黄褐色のものが多く、夏毛には白い斑点があることもある。下顎から腹面、四肢の内側には白い毛が生える。

生態編集

森林草原に生息する。繁殖期になるとオスが小さな縄張りを作って集まり、メスはその中から相手を選ぶ(レック)。

食性は草食性でや木の葉等を食べる。

人間との関係編集

人為的に移入され、移入先で増殖している。そのため農作物への被害や生態系への悪影響が懸念されている。

外来生物法にもとづき特定外来生物に指定されている[1]

ダマジカが生息する地域の一部であるオランダでは、ライオンの臭い[注釈 1]を再現した人工的な臭いを拡散して、道路や公園に侵入するダマシカを追い払うという対応策が検討されている[2]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ アムステルダム自由大学のニコ・ファンスターレン(Nico van Staalen)教授によれば、この臭いは全ての動物に深く根付いた恐怖心を刺激する効果を持つと言われている。

出典編集

  1. ^ 多紀保彦(監修) 財団法人自然環境研究センター(編著)『決定版 日本の外来生物』平凡社、2008年4月21日。ISBN 978-4-582-54241-7
  2. ^ ライオンの糞の臭い拡散でシカ害防ぐ、オランダの町が対策検討 AFPBB News 2018年8月18日 

関連項目編集

外部リンク編集