ダムナティオ・メモリアエ

ダムナティオ・メモリアエラテン語: Damnatio Memoriae)とは、古代ローマで反逆者とされた人物に対して行われた、その人物の記録の破壊処置のこと。元老院はその支配体制へ反逆した人物に対して記録の破壊を行い、その対象は古代ローマ人全般に及び、少なくとも2名の皇帝がダムナティオ・メモリアエを受けた。日本語訳は「記憶の破壊」、「名声の破壊」など。

ローマのアルジェンターリの門(アルクス・アルゲンタリオールム 両替商人の記念門)の内側。カラカラのレリーフが見える。カラカラの左にはカラカラの弟で共同皇帝のゲタのレリーフがあった。カラカラがゲタにダムナティオ・メモリアエを課したため、左側のレリーフは削り取られている。

用語編集

ダムナティオ・メモリアエ(ラテン語: Damnatio Memoriae)の用語は古代ローマでは使用されず、1689年にドイツで書かれた学位論文で初めて使用された。現代の学者はこの用語を、公式および非公式の色々な範囲や程度での個人的記録の破壊を指す用語として使用されている[1][2]

概要編集

ダムナティオ・メモリアエを受けた人物は、その一切の存在がなかったとして、自らが遺したあらゆる痕跡を抹消された。社会的な体面や名誉を重んじた古代ローマ人にとって、ダムナティオ・メモリアエは最も厳しい措置と見なされた。

 
セイヤヌスの名前が削除された硬貨

左にある硬貨には、元々はティベリウス帝時代にプラエフェクトゥス・プラエトリオを務めたルキウス・アエリウス・セイヤヌスの名前が刻まれていたが、ティベリウスへの謀反が発覚しセイヤヌスが処刑された後に、硬貨から「セイヤヌス」の名前が削られた。

古代ローマで、ダムナティオ・メモリアエは元老院議員や皇帝を死後に批判する根拠であった。ただし、元老院がダムナティオ・メモリアエを課した場合でも、後の時代の皇帝によって、名前や彫像が再び制作されることもあった。

カリグラの死後、カリグラに対して元老院はダムナティオ・メモリアエを下そうとしたが、後継皇帝のクラウディウスはカリグラに対するダムナティオ・メモリアエを防いだ。68年に自殺したネロは元老院によってダムナティオ・メモリアエを課されたが、69年に皇帝となったアウルス・ウィテッリウスはネロの立派な葬儀を行った。ネロを含む幾人かの皇帝の像は死後に破壊されたが、後に作り直された。

公式にダムナティオ・メモリアエを受けたことがわかっているのは、ドミティアヌスプブリウス・セプティミウス・ゲタカラカラの共同皇帝)の2人である。

古代ローマ以外での類似の事例編集

 
演説するレーニンの写真(1920年)。原版(上)では右にレフ・カーメネフとトロツキーの姿が見えるが、トロツキー追放及び大粛清後の印刷物(下)では二人とも消されている(赤丸)

ダムナティオ・メモリアエと同様な制度は、古代ローマ以外でも行われている。古代エジプトではアメンホテプ4世(アクエンアテン)の像の顔の部分が後継者らによって削り取られ、トトメス3世ハトシェプストの名前や肖像を軒並み削り取った。また、ラムセス3世を暗殺した妃ティイとその息子ペンタウアーは公判記録以外のあらゆるものからその名前が抹消された。

近現代でも失脚した政治家の肖像や彫像が破壊される例は枚挙に暇がないが、公式の写真から当人の姿のみがそれと分らないように抹消された例としてはソビエト連邦スターリンと対立したレフ・トロツキー、スターリン時代に内務人民委員部長官を務めたニコライ・エジョフ中国共産党副主席であった林彪のケースなどがある。

ダムナティオ・メモリアエに問われた人物編集

ダムナティオ・メモリアエが登場する作品編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Eric R. Varner (2004). Monumenta Graeca et Romana: Mutilation and transformation : damnatio memoriae and Roman imperial portraiture. BRILL. p. 2 
  2. ^ Elise A. Friedland; Melanie Grunow Sobocinski; Elaine K. Gazda. The Oxford Handbook of Roman Sculpture. Oxford. p. 669 

関連項目編集