メインメニューを開く

ダラーラ・SF19 (Dallara SF19) は、ダラーラが開発したフォーミュラカースーパーフォーミュラ2019年より使用される。

ダラーラ・SF19
東京オートサロン2019公開時
東京オートサロン2019公開時
カテゴリー スーパーフォーミュラ
コンストラクター ダラーラ
先代 ダラーラ・SF14
主要諸元
シャシー C-FRPモノコック
サスペンション(前) プッシュロッド トーションバー ダブルウィッシュボーン
サスペンション(後) プッシュロッド ダブルウィッシュボーン
全長 5,233mm
全幅 1,910mm
全高 960mm
ホイールベース 3,115mm
エンジン NRE (ホンダ又はトヨタ) 2,000cc L4 ターボ MR
トランスミッション リカルド 6速 パドルシフト (EGS)
重量 670kg以上(ドライバー込み)
燃料 市販無鉛ハイオクガソリン
タイヤ ヨコハマ
主要成績
テンプレートを表示

目次

概要編集

スーパーフォーミュラ2018年シーズンまで使用されてきたダラーラ・SF14の後継車両である。イタリアのダラーラ社では、1994年の全日本F3000選手権王者のマルコ・アピチェラが開発に関わっている。2018年7月4日富士スピードウェイにてシェイクダウンが行われた[1]

開発コンセプトは、SF14の「クイック&ライト」を継承した上で、空力特性を見直し、オーバーテイクし易くなることを掲げている。これは、レース中にドライバー同士のバトルを際立たせ、エンターテイメントと競技の両立を目指すためである。前を走る車に接近した時、空力バランスが変化しないよう、車体の下(アンダーフロア)でダウンフォースを獲得することが重要視されている[2]。更に国際自動車連盟が制定した2016年F1安全基準にも対応し、現在のフォーミュラカーに求められる性能を満たしている。また、車体にはSF14の部品の多くが流用されており、運用コストの低減にも考慮されている[3]

SF14からホイールベースが50mm短かくなり、タイヤサプライヤーである横浜ゴムからの要望でフロントタイヤの幅が合計20mm拡大された[1]影響もあり、開発テストを担当したドライバーからは「曲がりすぎるぐらいよく曲がる」という意見が多く聞かれる[4][5]

安全基準に沿ってノーズ先端は低くなり、フロントウィングとリアウィング翼端板には後退角が付けられ、ポッドウィングなどF1の空力トレンドが取り入れられている[2]。左右のリアウィング翼端板上部には悪天候時の追突防止のため、LEDライトを装備している。

2018年よりフォーミュラ1(F1)やフォーミュラE (FE) で順次導入が進めらているコックピット保護デバイス「Halo」について、ダラーラ側では搭載・非搭載どちらにも対応可能としていた。主催者の日本レースプロモーション (JRP) はなし(非搭載)の方向と説明していたが[6]、テストの結果ドライバーの視認性や乗降性に問題がなかったことから、2019年より正式に搭載した[7]

スペック編集

(2019年3月2日時点)

シャーシ編集

  • 全長:5,233mm
  • 全幅:1,910mm
  • 全高:960mm
  • ホイルベース:3,115mm
  • ブレーキキャリパー:ブレンボ製 6ポット、ブレンボ製 カーボンディスク
  • ホイール:チームで異なる
  • タイヤ:横浜ゴム製 Fr 270/620R13 Rr 360/620R13
  • ギヤボックス:リカルド製6速シーケンシャル、パドルシフト
  • 車両重量:670kg以上(ドライバー込み)
  • 安全基準:2016/17 FIA F1 安全基準に準拠

各サーキットでのベストラップ編集

サーキット ラップタイム(ドライバー)
ホンダエンジン トヨタエンジン
鈴鹿サーキット 1’36.060
牧野任祐/2019年第1戦)
1’36.436
関口雄飛/2019年第1戦)
オートポリス 1’30.911
(牧野任祐/2019年第2戦)
1’30.777
(関口雄飛/2019年第2戦)
スポーツランドSUGO 1’03.953
山本尚貴/2019年第3戦)
1’04.582
小林可夢偉/2019年第3戦)
富士スピードウェイ 1'23.057
パトリシオ・オワード/2019年第4戦)
1'22.569
ニック・キャシディ/2019年第4戦)
ツインリンクもてぎ 1'31.442
アレックス・パロウ/2019年第5戦)
1'31.641
平川亮/2019年第5戦)
岡山国際サーキット

関連項目編集

  • グランツーリスモSPORT - 前作にあたる「グランツーリスモ6」のオンラインサービス期間終了からちょうど1年となる2019年3月28日のアップデート配信で本車両が追加された。実在のフォーミュラマシンはメルセデス・F1 W08 EQ Power+以来となるフォーミュラマシンの収録である。メルセデスF1W08との違いは1億Cr.で購入できる点やリバリーエディターでオリジナルのフォーミュラマシンが製作できる。またキャンペーンモードの「GTリーグ」では本車限定のワンメイクレースの「スーパーフォーミュラ選手権」も収録されている。

脚注編集

外部リンク編集