ダラー・サラーマレー語: Dollah Salleh1963年10月10日 - )は、マレーシアの元サッカー選手、サッカー指導者。元サッカーマレーシア代表、元フットサルマレーシア代表。現役時代のポジションはFW

ダラー・サラー Football pictogram.svg
名前
本名 ダラー・サラー
ラテン文字 Dollah Salleh
基本情報
国籍 マレーシアの旗 マレーシア
生年月日 (1963-10-10) 1963年10月10日(59歳)
出身地 ムラカ州
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1985-1986 マレーシアの旗 ジョホールFA 25 (12)
1987-1990 マレーシアの旗 セランゴールFA 76 (39)
1991-1996 マレーシアの旗 パハンFA 125 (76)
1997 マレーシアの旗 マラッカ・ユナイテッドFA 19 (9)
1998 マレーシアの旗 ヌグリ・スンビランFA 12 (7)
代表歴
1985-1996  マレーシア 97 (48)
マレーシアの旗 マレーシア フットサル
監督歴
2003-2004 マレーシアの旗 MPPJ FC
2005-2008 マレーシアの旗 セランゴールFA
2008-2009 マレーシアの旗 シャーザン・ムダFC
2009-2013 マレーシアの旗 パハンFA
2014 マレーシアの旗 PDRM FA
2014-2015  マレーシア
2015-2016 マレーシアの旗 プルリスFA
2017- マレーシアの旗 パハンFA
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダラーは名前(個人名)、サラーは父称(の一部)である。

概要編集

1980年代から1990年代にかけてのマレーシア有数のサッカー選手で、ザイナル・アビディン・ハッサンとの連携でよく知られていた。

監督としてはマレーシア代表を2014年から2015年にかけて率いたものの、アラブ首長国連邦代表戦で10-0の大敗を喫し、辞任を余儀なくされた。

クラブ歴編集

1982年に当時セミプロフェッショナルのチームであったジョホールFAでサッカー選手となった。

1987年にセランゴールFAに移籍すると、ハッサン・サニジェームズ・ウォンのコンビ時代以来のストライカー二頭時代となった。彼とザイナル・アビディン・ハッサンはセランゴールFAでも代表でもコンビを組んだ。

1991年には二人ともにパハンFAに移籍。隣国シンガポールのスター、ファンディ・アマドも相俟ってドリームチームと呼ばれるメンバーとなり、1992年にはリーグ、マレーシアカップともに制覇した。

その後1997年にマラッカ・ユナイテッドFAに移籍、翌1998年にはヌグリ・スンビランFAに移籍し選手生命を終えた。

代表歴編集

代表としては1989年の東南アジア競技大会で金メダルを獲得している他、1993年のムルデカ大会でも韓国代表を3-1で下し優勝している。その他、第一回の東南アジアサッカー選手権にも出場したが、惜しくも決勝戦でタイ代表に敗北した。

また、フットサルマレーシア代表としても出場経験があり、1996 FIFAフットサル世界選手権のメンバーであった[1]

監督歴編集

サッカー選手引退後は、2003年にMPPJ FCで監督となった。この年にマレーシアカップでサバFAを3-0で破る快挙を成し遂げた。翌年にはスルタン・ハジ・アフメド・シャー・カップ及びマレーシア・プレミアリーグを制覇した。

2005年にはセランゴールFAと長期契約を結んだ。この年には同クラブはマレーシア・プレミアリーグ、ピアラFAマレーシア、マレーシアカップを制覇しトレブルを達成した。しかし、2005-06シーズンにはタイトルを一つも獲得できなかった。しかしセランゴールFAは彼を放出せず、翌2007-08シーズンにはピアラFAマレーシア、マレーシアカップ共に決勝まで行ったものの、共にケダFAに敗北し、タイトルを取り戻す事は出来なかった。この失敗によって彼はセランゴールFAから放出された。

翌2009シーズンにはかつてのパートナー、ザイナル・アビディン・ハッサンと再びコンビを組み、コーチと監督と云う立場でシャーザン・ムダFCに着任した。

しかしシーズンの半ばで彼はタジュディン・ノールの後継としてパハンFAに移籍した[2]。パハンFAでのマレーシアカップの成績が良かったため、2014シーズンはPDRM FAで指揮を執る事になった。PDRM FAはこの年にマレーシア・プレミアリーグを制覇し、クラブをマレーシア・スーパーリーグに昇格させる事に成功した。

2014年6月にはサッカーマレーシア代表の監督に2年契約で就任した[3]2014 AFFスズキカップではマレーシアを二位に導いたものの、2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選のホームで迎えたパレスチナ代表戦での0-6での大敗、親善試合のオマーン代表戦での6-0の大敗、更に東ティモール代表バングラデシュ代表香港代表戦での引分と云う惨憺たる結果に多くの批難を浴びた。決定打となったのはアラブ首長国連邦代表戦での10-0の惨敗であり[4]、2015年9月3日に辞任する事となった[5][6]

タイトル編集

選手編集

クラブ編集

ジョホールFA
セランゴールFA
  • マレーシアリーグ: 1989, 1990
  • スルタン・ハジ・アフメド・シャー・カップ: 1987, 1990
パハンFA
  • マレーシアリーグ: 1992, 1995
  • マレーシアカップ: 1992
  • スルタン・ハジ・アフメド・シャー・カップ: 1992, 1993

代表編集

マレーシア

監督編集

MPPJ FC
セランゴールFA
パハンFA
  • マレーシア・プレミアリーグ
準優勝: 2012
  • マレーシアカップ: 2013
PDRM FA
  • マレーシア・プレミアリーグ: 2014
マレーシア
準優勝:2014

参考文献編集

  1. ^ Team Malaysia”. FIFA (1996年). 2013年11月14日閲覧。
  2. ^ Pahang FA”. The Star (1996年). 2009年1月17日閲覧。
  3. ^ http://www.goal.com/en-my/news/3896/malaysia/2014/06/30/4924001/dollah-salleh-appointed-the-new-head-coach-of-harimau-malaya
  4. ^ Ooi Kin Hai (2015年9月4日). “Battered, bruised and embarrassed: Malaysia's qualifying horror show”. fourfourtwo. 2016年1月15日閲覧。
  5. ^ Dollah Salleh: I quit”. the star (2015年9月4日). 2016年1月15日閲覧。
  6. ^ Seng-Foo Lee (2015年9月4日). “Breaking News: Dollah Salleh steps down as Malaysia coach”. fourfourtwo. 2016年1月15日閲覧。

外部リンク編集