メインメニューを開く
ダリエン県
Provincia de Darién
Panama - Darien.svg
県都 ラ・パルマ
面積 11,892.5km²
人口(2014) 48,378人
人口密度 4/km²

ダリエン県Provincia de Darién)は、パナマ東部の県。同国では面積が最大の県である。高温多湿で熱帯雨林に覆われ、人口はまばらである。

1501年、最初のヨーロッパ人がこの地域を発見し、1503年、クリストファー・コロンブスが4度目の航海でやって来た。1510年、スペイン人はダリエンに南米で初のヨーロッパ人植民地サンタ・マリーア・ラ・アンティグア・デル・ダリエン(Santa María la Antigua del Darién)を建設した。しかし入植は上手くいかず、すぐに放棄された。1513年、サンタ・マリーアの町をバスコ・ヌーニェス・デ・バルボアが出発して、太平洋を発見している。1519年、サンタ・マリーアからの難民も、シウダ・デ・パナマ設立のために駆けつけた。

1698年、スコットランド人がダリエン植民地化の試み(ダリエン計画(Darién scheme))を開始した。しかし遅すぎて失敗に終わり、1707年の合同法が制定され、スコットランド議会(Parliament of Scotland)が英国に加わることとなった。

現在、ダリエン県の県庁はラ・パルマであり、トゥイラ川(Tuira River)がサン・ミゲル湾(Bay of San Miguel)に注ぐ場所に位置している。

関連事項編集