ダリル・ポニクサン

ダリル・ポニクサンDarryl Ponicsan, 1938年5月26日 - )はアメリカ合衆国小説家脚本家。ダリル・ポニックサンと表記されることもある。

人物編集

映画『さらば冬のかもめ』の原作者として知られ、軍隊物作品を数多く執筆した。また『タップス』 (1981)、『ビジョン・クエスト/青春の賭け』、『THE BOOST 引き裂かれた愛』と、ハロルド・ベッカーの監督作品の脚本を続けて担当した。

主な著書編集

脚本担当(映画)編集

脚注編集

外部リンク編集