ダルコ・パンチェフ

北マケドニアのサッカー選手

ダルコ・パンチェフマケドニア語: Дарко Панчев, ラテン文字転写: Darko Pančev1965年9月7日 - )は、北マケドニア(旧ユーゴスラビア)の元サッカー選手。ポジションはフォワード

ダルコ・パンチェフ Football pictogram.svg
名前
愛称 コブラ(Кобра, Kobra)
ラテン文字 Darko Pančev
キリル文字 Дарко Панчев
基本情報
国籍 北マケドニア共和国の旗 北マケドニア
生年月日 (1965-09-07) 1965年9月7日(56歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 スコピエ
身長 180cm
体重 77kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
ユース
1976-1983 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 バルダール
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1982-1988 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 バルダール 151 (84)
1988-1992 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 レッドスター・ベオグラード 92 (84)
1992-1995 イタリアの旗 インテル 19 (3)
1994 ドイツの旗 VfBライプツィヒ(loan) 10 (2)
1995-1996 ドイツの旗 フォルトゥナ・デュッセルドルフ 14 (2)
1996-1997 スイスの旗 シオン 5 (0)
代表歴
1984-1991 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 27 (17)
1993-1995 北マケドニア共和国の旗 北マケドニア 6 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

ユーゴスラビアが生んだ偉大なFWの一人。「コブラ」の愛称を持つ天性のゴールゲッター、利き脚、踵、膝、頭などあらゆる箇所を用いて泥臭くゴールを奪った。決して上手い選手では無かったがサポーターからは愛された。

特にレッドスター・ベオグラード時代は1990-91シーズンのUEFAチャンピオンズカップ、1991年のトヨタカップ[1]制覇など最良の時を過ごし、1991年度のバロンドール投票では第2位となった[2]。またユーゴスラビア代表では1990年のイタリアW杯でベスト8進出に貢献(対UAE戦で2得点)するなど前途は輝かしい物と思われた。

しかし1991年から始まったユーゴスラビア内戦は暗い影を落とした。1992年の欧州選手権スウェーデン大会はマケドニア独立後も辞退せずに留まっていたものの、同年5月22日にイビチャ・オシム監督の辞任に伴い代表を辞退(予選では10得点を記録し得点ランキング1位)、クラブでの活躍からレアル・マドリー、バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドなどへの移籍の可能性もあったものの[3]1992-93シーズンからインテル・ミラノに移籍、しかしレギュラーの座を掴む事が出来ず、レンタル移籍に出されるなど晩年は不遇を囲った。

現役引退後の2006年7月からFKバルダールのスポーツディレクターを務めている。

選手歴編集

代表歴編集

タイトル編集

レッドスター・ベオグラード編集

個人編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集