メインメニューを開く

ダルハウジー伯爵: Earl of Dalhousie)は、スコットランド貴族伯爵位。

ダルハウジー伯爵
Earl of Dalhousie
Coronet of a British Earl.svg
Earl of Dalhousie arms.svg
創設時期 1633年6月29日
創設者 チャールズ1世
貴族 スコットランド貴族
初代 ウィリアム・ラムゼイ英語版(第2代ラムゼイ卿)
現所有者 ジェイムズ・ラムゼイ英語版(17代伯)
相続人 サイモン・ラムゼイ(ラムゼイ卿)
付随称号 ダルハウジーのラムゼイ卿
ケリントーンのラムゼイ卿
グレンマークのラムゼイ男爵

第2代ラムゼイ卿ウィリアム・ラムゼイ英語版1633年に叙されたのに始まる。10代伯ジェイムズ・ブラウン=ラムゼイの代の1849年には連合王国貴族ダルハウジー侯爵に叙せられているが、彼一代で廃絶している。2016年現在の当主は17代伯ジェイムズ・ラムゼイ英語版である。

ダルハウジー[1]の他、ダルフージ[2]とも表記される。

目次

歴史編集

 
インド総督を務めた初代ダルハウジー侯爵・10代ダルハウジー伯爵ジェイムズ・ブラウン=ラムゼイ

ラムゼイ氏族英語版の族長(Chief)でスコットランド議会議員を務めたジョージ・ラムゼイ(1570後-1629以前)は、1618年8月25日スコットランド貴族メルローズのラムゼイ卿(Lord Ramsay of Melrose)に叙せられtた。その翌年の1619年1月5日に同爵位はダルハウジーのラムゼイ卿(Lord Ramsay of Dalhousie)に名称変更された[3][4]

その長男で2代ラムゼイ卿となったウィリアム・ラムゼイ英語版(-1672) もスコットランド議会議員を務め、1633年6月26日にスコットランド貴族ダルハウジー伯爵(Earl of Dalhousie)とケリントーンのラムゼイ卿(Lord Ramsay of Keringtoun)に叙せられた。これがダルハウジー伯爵家の創始となった[5]

8代伯ジョージ・ラムゼイ英語版(-1787)は、フリーメイソンのスコットランド・グランドロッジ・グランドマスター英語版(在職1767年-1769年)、スコットランド貴族代表議員(在職1774年-1787年)、警察卿(Lord of Police)(在職1775年-1782年)、スコットランド教会総会への勅使英語版(在職1777年-1782年)等を歴任した[5][6]。彼は母方の叔父にあたるモール家から財産を相続したが、長男ではなく次男ウィリアム・ラムゼイ英語版(1771-1852)にこの財産を継がせた。ウィリアムはこれを機に「モール(Maule)」と改姓し、1831年9月10日には連合王国貴族フォーファー州におけるブレチン=ネイヴァーのパンミューア男爵英語版(Baron Panmure, of Brechin and Navar in the County of Forfar)に叙されている[5][7]

一方8代伯の長男で9代伯位を継承したジョージ・ラムゼイ(1770–1838)は、フリーメイソンのスコットランド・グランドロッジ・グランドマスター(在職1804年-1806年)、スコットランド貴族代表議員(在職1796年-1815年)、 ノバスコシア総督英語版(在職1816年-1820年)、カナダ総督(在職1820年-1828年)等を歴任し、1815年8月11日連合王国貴族エディンバラ州におけるダルハウジー城のダルハウジー男爵(Baron Dalhousie, of Dalhousie Castle in the County of Edinburgh)に叙せられた(連合王国貴族は自動的に貴族院議員となる)[5][8]

9代伯が死去した際に生存していた唯一の男子である10代伯ジェイムズ・ラムゼイ(1812-1860)は、保守党(後にピール派)の政治家であり、通商庁副長官英語版(在職1843年-1845年)、通商庁長官(在職1845年-1846年)、インド総督(在職1847年-1856年)等を歴任した。またフリーメイソンのスコットランド・グランドロッジ・グランドマスター(在職1836年-1838年)も務めた[9][10]。彼はインド総督として近隣諸国や支配下の藩王国の併合を強硬に推し進めたことで知られ、植民地インドをより強力に総督府の統一的支配下に置くことに成功した。その強力な支配力のもとに内政改革を次々と実行した。しかし彼の強硬政策は後のインド大反乱の原因の一つとなった[11][1]。インド総督在任中の1849年8月25日に連合王国貴族エディンバラ州におけるダルハウジー城およびパンジャブのダルハウジー侯爵(Marquess of Dalhousie, of Dalhousie Castle in the County of Edinburgh, and of the Punjab)に叙せられたが、彼には男子がなかったため、この爵位は一代で絶えた(ダルハウジー城のダルハウジー男爵位もこの時に廃絶)[9][10]

10代伯の死後、8代伯の次男初代パンミューア男爵ウィリアム・モールの息子である第2代パンミューア男爵フォックス・モール(1801–1874)が11代伯を継承し、姓を「モール=ラムゼイ」に改姓した。彼はホイッグ党の政治家として戦時大臣(在職1846年-1852年、1855年-1858年)、インド庁長官英語版(在職1852年)、陸軍大臣(在職1855年-1858年)などの閣僚職を歴任した。またフリーメイソンのスコットランド・グランドロッジ・グランドマスター(在職1867年-1870年)も務めた。しかし子供はなく、パンミューア男爵位は彼の死とともに廃絶した[5][12]

11代伯の死後、8代伯の四男ジョンの次男であるジョージ・ラムゼイ英語版(1806–1880)が12代伯を継承した。彼は海軍大将(Admiral)まで昇進した王立海軍軍人であり、1875年6月12日には連合王国貴族フォーファー州におけるグレンマークのラムゼイ男爵(Baron Ramsay, of Glenmark in the County of Forfar)に叙せられている[5][13]

その長男である13代伯ジョン・ラムゼイ英語版(1847–1887)は、自由党の政治家であり、1886年にはスコットランド担当大臣を務めた[5][14]

その孫である16代伯サイモン・ラムゼイ英語版(1914–1999)は、保守党の政治家であり、エリザベス皇太后宮内長官英語版(在職1965年-1992年)を務めた[5][15]

その長男である17代伯ジェイムズ・ラムゼイ英語版(1948-)2016年現在の当主である。彼は2009年から王室家政長官英語版を務めている[5][16]

本邸はアンガス州ブレチン英語版にあるブレチン城英語版。家訓は「祈れ、そして働け(Ora Et Labora)」[5]

現当主の保有爵位編集

現在の当主第17代ダルハウジー伯爵ジェイムズ・ラムゼイ英語版は、以下の爵位を保有している[5][16]

  • 第17代ダルハウジー伯爵 (17th Earl of Dalhousie)
    (1633年6月29日勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • ダルハウジーの第18代ラムゼイ卿 (18th Lord Ramsay of Dalhousie)
    (1618年8月25日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • ケリントーンの第17代ラムゼイ卿(17th Lord Ramsay of Keringtoun)
    (1633年6月29日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • フォーファー州におけるグレンマークの第6代ラムゼイ男爵 (6th Baron Ramsay, of Glenmark in the County of Forfar)
    (1875年6月12日の勅許状による連合王国貴族爵位)

一覧編集

ダルハウジーのラムゼイ卿 (1618年)編集

ダルハウジー伯爵 (1633年)編集

ダルハウジー侯爵 (1849年)編集

ダルハウジー伯爵 (1633年)編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 185.
  2. ^ 浜渦哲雄 1999, p. 101.
  3. ^ Lundy, Darryl. “Sir George Ramsay, 1st Lord Ramsay of Dalhousie” (英語). thepeerage.com. 2016年2月9日閲覧。
  4. ^ Heraldic Media Limited. “Ramsay of Dalhousie, Lord (S, 1618)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年2月9日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k Heraldic Media Limited. “Donegall, Earl of (I, 1647)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年2月9日閲覧。
  6. ^ Lundy, Darryl. “George Ramsay, 8th Earl of Dalhousie” (英語). thepeerage.com. 2016年2月9日閲覧。
  7. ^ Lundy, Darryl. “William Maule-Ramsay, 1st Lord Panmure” (英語). thepeerage.com. 2016年2月9日閲覧。
  8. ^ Lundy, Darryl. “General George Ramsay, 9th Earl of Dalhousie” (英語). thepeerage.com. 2016年2月9日閲覧。
  9. ^ a b Heraldic Media Limited. “Dalhousie, Marquess of (UK, 1849 - 1860)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年2月9日閲覧。
  10. ^ a b Lundy, Darryl. “Sir James Andrew Ramsay, 1st and last Marquess of Dalhousie of Dalhousie Castle” (英語). thepeerage.com. 2016年2月9日閲覧。
  11. ^ 浜渦哲雄 1999, p. 101-107.
  12. ^ Lundy, Darryl. “Fox Maule-Ramsay, 11th Earl of Dalhousie” (英語). thepeerage.com. 2016年2月9日閲覧。
  13. ^ Lee, Sidney, ed. (1896). "Ramsay, George (1806-1880)" . Dictionary of National Biography (in English). 47. London: Smith, Elder & Co.
  14. ^ Lundy, Darryl. “John William Ramsay, 13th Earl of Dalhousie” (英語). thepeerage.com. 2016年2月9日閲覧。
  15. ^ Lundy, Darryl. “Simon Ramsay, 16th Earl of Dalhousie” (英語). thepeerage.com. 2016年2月9日閲覧。
  16. ^ a b Lundy, Darryl. “James Hubert Ramsay, 17th Earl of Dalhousie” (英語). thepeerage.com. 2016年2月9日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集