メインメニューを開く

ダルメイヤーDallmeyer )はジョン・ヘンリー・ドールメイヤー[1]John Henry Dallmeyer )が創業したイギリスレンズメーカーである。数は少ないながらカメラも製造した。

レンズのブランドはなどがある。

日本での表記は古くは「ダルメヤー」とされていることが多い。上野彦馬が使用したレンズのメーカー、ウィットネスのレンズを供給したメーカー等として知られている。

カメラ製品一覧編集

  • ロングフォーカスカメラ(1899年[2]) - 12×16.5cm判写真乾板。蛇腹を54cm伸ばせるため望遠撮影に有利だが、ベース下端をドロップ可能なので広角レンズも使用可能[2]
  • スピードカメラ(1925年[2]) - レンズはペンタックインチ(以降in)F2.9。部品はシビルと共通なのでニューマン&ガーディアからのOEMと考えられている[2]

レンズ製品一覧編集

アドン編集

アドンAdon

ダロン編集

ダロンDallon

ハッセルブラッド用ダロン編集

ハッセルブラッドの社外望遠レンズとして製造された。

ウィットネス用ダロン編集

初期のウィットネスに少数が供給された。

ペンタック編集

ペンタックPentac

大判用ペンタック編集

ペンタック4¼inF2.9

 
ラピッド・レクチリニアー

ラピッド・レクチリニアー編集

ラピッド・レクチリニアーRapid RectilinearRR)は高速=F値が小さく短い露光時間で撮影が終わる[1]、直線が直線に写る[1]=歪曲収差が少ない[1]、という意味である。ポートレート用の製品もある[3]

セプタック編集

セプタック (Septac

ウィットネス用セプタック編集

ウィットネス用の試作品が存在する。

セラック編集

セラックSerrac

スーパーシックス編集

スーパーシックスSuper-Six

ウィットネス用スーパーシックス編集

ウィットネス用に供給された。

歴史編集

出典編集

  1. ^ a b c d e 『天文アマチュアのための望遠鏡光学・反射編』p.70「鏡材」。
  2. ^ a b c d e 『クラシックカメラ専科』p.143。
  3. ^ 『クラシックカメラ専科No.23、名レンズを探せ!トプコン35mmレンズシャッター一眼レフの系譜』pp.52-54「PART2大型用レンズ藤原写真場のレンズ」。

参考文献編集

  • 『クラシックカメラ専科』朝日ソノラマ
  • 『クラシックカメラ専科No.23、名レンズを探せ!トプコン35mmレンズシャッター一眼レフの系譜』朝日ソノラマ