メインメニューを開く

ダンシングブレーヴ (Dancing Brave) は、イギリス競走馬アメリカで生産され、イギリス、フランス、アメリカで計10戦8勝の成績を残した。おもな勝ち鞍は2000ギニーキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス凱旋門賞など。1980年代ヨーロッパ最強馬との声も高く、インターナショナルクラシフィケーション(現ワールド・サラブレッド・ランキング)では史上最高のレートが与えられた[1]1986年度ヨーロッパ年度代表馬、イギリス年度代表馬、フランス年度代表馬。

ダンシングブレーヴ
Owner Mr K Abdulla.svg
ハーリド・ビン・アブドゥッラーの勝負服
欧字表記 Dancing Brave
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1983年5月11日
死没 1999年8月2日
Lyphard
Navajo Princess
母の父 Drone
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Glen Oak Farm(生産者)
Taylor Made Farm(生産牧場)
馬主 Prince Khalid Bin Abdullah
調教師 Guy Harwood(イギリス
競走成績
生涯成績 10戦8勝
獲得賞金 52万851ポンド
400万フラン
14万ドル
IC 141 / 1986年
テンプレートを表示

引退後は種牡馬としてイギリスと日本で繋養され、少ない産駒数からGI優勝馬を輩出した。

目次

生い立ち編集

アメリカのグレンオーク牧場によって生産されたダンシングブレーヴ[2]は、イヤリングセールサウジアラビア王子であるハーリド・ビン・アブドゥッラーに20万ドルで落札されイギリスに渡る。舞踏家から名をとられた父リファール[3]、インディアンのナヴァホ族の王女という名を持つ母にちなみ「踊るインディアン戦士」 (Dancing Brave) と名付けられた。しかしその名に反して非常におとなしい馬だったという[4]

競走馬時代編集

2歳時を2戦2勝で終えたダンシングブレーヴは、明け3歳になると、クレーヴンステークス(G3)で初重賞制覇を成し遂げ、次走、初GⅠレースの2000ギニーでは、2着のグリーンデザートに3馬身差をつけ勝った。

エプソムダービーでは血統などからスタミナ不足が懸念されたが、結局単勝1.5倍の圧倒的な1番人気に推されることとなった。レースはスローで進み、ダンシングブレーヴは後方待機となった。直線で大外に出すがバランスを崩してほぼ最後方となり、残り2ハロンの時点で先頭のシャーラスタニとは12馬身ほどの差が開いた。しかし、ここからダンシングブレーヴは追い込み(ラスト2ハロン目が10秒3)、抜け出たシャーラスタニに迫った。だが僅かに届かず、1/2馬身差の2着に終わった。

ダービーで初めての敗北を喫したものの、その強さを知らしめたダンシングブレーヴは次走エクリプスステークスで“鉄の女”の異名で呼ばれた世界的強豪、トリプティクやベッドタイムに4馬身差以上をつけ完勝。次のキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスでは、1番人気こそエプソムダービーに続きアイリッシュダービーを大差で制したシャーラスタニに譲ったが、ハイペースのスタミナを消耗する展開にも関わらず、ゴール前も粘りきり、2着に3/4馬身の差をつけて優勝した。

秋初戦、凱旋門賞の叩き台となったセレクトステークス(英G3)では2着に10馬身差をつけレコードタイムで圧勝。本番の凱旋門賞では、ベーリング、シャーラスタニ、 シャーダリ、トリプティクアカテナンゴ、ダララ、他にも東京優駿(日本ダービー)優勝馬シリウスシンボリチリラスオークス優勝馬マリアフマタなど、出走15頭中11頭までがG1競走優勝馬[5]という、1965年(優勝馬シーバードはベーリングの祖父)と並んで史上最強と称される豪華メンバーがロンシャンに集結した。レースはスローで進み、ダンシングブレーヴはダービーと同じような位置取りで後方、前から12番手。最後の直線入り口でもまだ同じ位置で、しかも前が壁になったので大外に振らざるを得なかったが、そこからラスト1ハロン10秒8の脚で豪快に差し切り、2着に入ったベーリングに1 1/2馬身差をつけコースレコード(当時)で勝利を収めた。

この後アメリカに遠征しサンタアニタパーク競馬場で行われた第3回ブリーダーズカップ・ターフに出走するも、いつもの爆発的追い込みをまったく見せないままに、マニラから大きく離された4着に敗退。間もなく関係者が引退を表明した。しかし、この敗退によってダンシングブレーヴの評価が下がることはなかった。

歴代最強馬の評価編集

ダンシングブレーヴは凱旋門賞に勝つ以前から、リボーシーバードニジンスキークラスの馬として評価されていたが[6]、並みいるメンバーが揃った凱旋門賞で劇的なレコード勝ちをしたために、高い評価が寄せられた。1977年から始められたインターナショナル・クラシフィケーションで、ダンシングブレーヴは141ポンドを与えられた。この値は、1978年に凱旋門賞を連覇したアレッジドや1981年にダービー史上最大の大差で勝ったシャーガーに与えられた140ポンドを上回って、史上最高値で、少なくとも1977年以降の世界のサラブレッドの中で最強であるということを示していた[7]

26年後の2012年に、過去のレートの見直しが行われ、1986年の各馬のレーティングは一律3ポンド引き下げられることになった。この結果、歴代首位にたったのは2012年に140ポンドを与えられたフランケルで、138ポンドとなったダンシングブレーヴは2011年まで1位であったことは変わりがないが、歴代では2位となった。この見直しには賛否がある[8][9][10]

競走成績編集

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
1985.10.14 サンダウン ドーキングS 8f 1着 G.スターキー 3馬身 (Mighty Memory)
0000.11.01 ニューマーケット ソーハムハウスS 芝8f 1着 G.スターキー 2 1/2馬身 (Northern Amethyst)
1986.04.17 ニューマーケット クレイヴァンS G3 芝8f 1着 G.スターキー 1馬身 (Faraway Dancer)
0000.05.06 ニューマーケット 2000ギニー G1 芝8f 1着 G.スターキー 3馬身 (Green Desert)
0000.06.04 エプソム ダービー G1 芝12f 2着 G.スターキー 1/2馬身 Shahrastani
0000.07.05 サンダウン エクリプスS G1 芝10f 1着 G.スターキー 4馬身 (Triptych)
0000.07.26 アスコット KGVI&QES G1 芝12f 1着 P.J.エデリー 3/4馬身 (Shardari)
0000.09.12 グッドウッド セレクトS G3 芝10f 1着 G.スターキー 10馬身 (Ozopulmin)
0000.10.05 ロンシャン 凱旋門賞 G1 芝2400m 1着 P.J.エデリー 1 1/2馬身 Bering
0000.11.01 サンタアニタ ブリーダーズCターフ GI 芝12f 4着 P.J.エデリー 6 3/4馬身 Manila

種牡馬時代編集

引退後はダルハムホールスタッドで日本円換算で総額約33億円の大型シンジケートが組まれて種牡馬入りしたが、1987年秋、不治の病で奇病とも言われるマリー病に蝕まれてしまう。この年イギリスでマリー病に罹患したサラブレッドはわずかに5頭であったが、よりにもよってその内の1頭が本馬であった。その後も種牡馬活動を続けていたものの、1988年生まれの初年度産駒がほとんど走らなかったことと、体調管理の難しさなどから1991年、ダルハムホールスタッドは早くも見切りをつけて売却を模索し始めた。その金額は、シンジケート総額よりも遥かに格安のものであった。

「ダンシングブレーヴが購入可能」と打診を受けた日本中央競馬会 (JRA) は購入を検討し、マリー病ゆえにJRAでも馬産地でも賛否両論乱立する激しい議論になったものの、最終的に購買を決断し1991年に日本へ輸入、日本軽種馬協会へ寄贈される事となった[11]。ところが、その後、イギリスに残した産駒から、マリー病罹患後に種付けした世代にコマンダーインチーフホワイトマズルなど活躍馬が続出し[12]、欧州の関係者を「早すぎた日本への輸出」と嘆かせた。またイギリスではスポーツ紙のみならず一般紙でさえ「早計な判断から起きた国家的な損失」と報じたという。これら産駒はいずれも日本に輸入され、中央競馬地方競馬で活躍馬を出している。日本でもエリモシックキョウエイマーチキングヘイローテイエムオーシャンなどを輩出し成功した。

その後も体調が不安定で、治療薬の副作用にも苦しみ、種牡馬生活は順調とは言い難いものであったが、空調を導入し馬房の温度管理を徹底したり、専属スタッフが傍らに常駐したりと、関係者の尽力もあって最晩年まで少ないながらも産駒を出し続けた[13]

1999年8月2日の早朝に体調が急変して死亡。その最期は、横になったらもはや立ち上がれないと悟っていたのか、病気の苦痛に耐えて最後まで4本の脚で踏ん張り立ち続け、そのまま息を引き取るという、見事な立往生であったという。

産駒の多くはマイルから中距離を中心に活躍し、父馬同様優れた瞬発力を武器にし、重馬場も苦にしない器用さも併せ持ち、欧州から輸入された種牡馬としては日本の軽い高速馬場への適性も比較的高いといえ、JRAで出走した195頭のうち112頭が勝ち上がり(勝馬率 57.4%)、延べ234勝(そのうち重賞25勝)、アーニングインデックス2.53となっている。しかし、その反面体質が弱い産駒も少なくなく、体調管理の難しさからレースにムラがあるという意見も多い。

なお、その後も母の父(ブルードメアサイアー)としてスイープトウショウメイショウサムソンを出しているほか、コマンダーインチーフ、ホワイトマズル、キングヘイローといった後継種牡馬もGI競走優勝馬を輩出した。

代表産駒編集

日本に輸出される前の生産馬編集

GI競走優勝馬のみ記載。*(アスタリスク)の付いた馬は日本輸入馬。

 
ホワイトマズル

日本生産馬編集

母の父としての代表産駒編集

GI競走優勝馬のみ記載。

血統表編集

ダンシングブレーヴ (Dancing Brave)血統リファール系 / Mahmoud5×5=6.25%、Pharos(Fairway) 5×5=6.25% (父内) ) (血統表の出典)

Lyphard 1969
鹿毛 アメリカ
父の父
Northern Dancer 1961
鹿毛 カナダ
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
父の母
Goofed 1960
栗毛 アメリカ
Court Martial Fair Trial
Instanteneous
Barra Formor
La Favorite

Navajo Princess 1974
鹿毛 アメリカ
Drone 1966
芦毛 アメリカ
Sir Gaylord Turn-to
Somethingroyal
Cap and Bells Tom Fool
Ghazni
母の母
Olmec 1966
栗毛 アメリカ
Pago Pago Matrice
Pompilla
Chocolate Beau Beau Max
Otra F-No.3-d

脚注編集

  1. ^ 『競馬ブック』2013年3月2・3日号p88-89
  2. ^ グレンオーク牧場は複数の人物からなるオーナーグループの名前であり、実際に牧場を持っているわけではなかった。所有繁殖牝馬は他の牧場に預託されており、ダンシングブレーヴの母ナヴァホプリンセスもテイラーメード牧場という牧場に預けられていた。そのためダンシングブレーヴも同牧場で生まれている(山野、1997年、19頁)。
  3. ^ ダンシングブレーヴの父馬であるリファールはフランスの舞踏家、セルジュ・リファールに由来する。
  4. ^ video『ダンシングブレーヴ物語』日本語版
  5. ^ ただしシリウスシンボリJRAGI優勝馬。
  6. ^ 月刊優駿1986年9月号
  7. ^ 『競馬ブック』2013年3月2・3日号p88-89
  8. ^ ダンシングブレーヴの管理調教師であったガイ・ハーウッドは、27年前のハンデキャッパーが格付けした馬の評価を現在のハンデキャッパーが下げたことについて「ナンセンスの極み」と否定している。
  9. ^ サラブレッド血統センターの秋山響は、この見直しを「以前のものよりもはるかに納得できるものになっている」と述べ、従前のレーティングには疑義があったと伝えている。『競馬ブック』2013年3月2・3日号p88-89
  10. ^ イギリスの新聞のひとつ「ガーディアン」紙のグレッグ・ウッドは、この変更について「そんな馬鹿な話があるか?(will anyone believe it?)」と評した。「ガーディアン」紙のグレッグ・ウッドによる署名記事
  11. ^ 一説には、JRAが購買していなければ、このマリー病を理由に殺処分されるところであったという話もある。
  12. ^ 日本で種付け生産された以前の産駒にもダンシングサーパス(1990年 愛国産)が競走馬として輸入され、重賞勝ちこそなかったが宝塚記念3着、大阪杯2着等好走し、一足先に日本の馬場への適性の高さを示していた。
  13. ^ キングヘイローなどの活躍で種付け依頼が急増したが、関係者の配慮により種付け頭数の制限を無くす事は無かった。最も多い年でさえ40頭強といった数しか種付けをしていない。
  14. ^ コマンダーインチーフ(GB)”. JBISサーチ. 2017年11月3日閲覧。
  15. ^ Wemyss Bight”. JBISサーチ. 2017年11月3日閲覧。
  16. ^ Ivanka”. JBISサーチ. 2017年11月3日閲覧。
  17. ^ ホワイトマズル(GB)”. JBISサーチ. 2017年11月3日閲覧。
  18. ^ Cherokee Rose”. JBISサーチ. 2017年11月3日閲覧。
  19. ^ エリモシック”. JBISサーチ. 2017年11月3日閲覧。
  20. ^ キョウエイマーチ”. JBISサーチ. 2017年11月3日閲覧。
  21. ^ テイエムトップダン”. JBISサーチ. 2017年11月3日閲覧。
  22. ^ キングヘイロー”. JBISサーチ. 2017年11月3日閲覧。
  23. ^ レオリュウホウ”. JBISサーチ. 2017年11月3日閲覧。
  24. ^ エイシンワンサイド”. JBISサーチ. 2017年11月3日閲覧。
  25. ^ チアズニューパワー”. JBISサーチ. 2017年11月3日閲覧。
  26. ^ ジョウテンブレーヴ”. JBISサーチ. 2017年11月3日閲覧。
  27. ^ テイエムオーシャン”. JBISサーチ. 2017年11月3日閲覧。
  28. ^ Robertico(GB)”. JBISサーチ. 2017年11月3日閲覧。
  29. ^ Zomaradah(GB)”. JBISサーチ. 2017年11月3日閲覧。
  30. ^ Mus-If(GB)”. JBISサーチ. 2017年11月3日閲覧。
  31. ^ Millenary(GB)”. JBISサーチ. 2017年11月3日閲覧。
  32. ^ Beat Hollow(GB)”. JBISサーチ. 2017年11月3日閲覧。
  33. ^ Primo Valentino(IRE)”. JBISサーチ. 2017年11月3日閲覧。
  34. ^ Zenda(GB)”. JBISサーチ. 2017年11月3日閲覧。
  35. ^ Oasis Dream(GB)”. JBISサーチ. 2017年11月3日閲覧。
  36. ^ スイープトウショウ”. JBISサーチ. 2017年11月3日閲覧。
  37. ^ メイショウサムソン”. JBISサーチ. 2017年11月3日閲覧。
  38. ^ ビッグロマンス”. JBISサーチ. 2017年11月3日閲覧。
  39. ^ Military Attack(IRE)”. JBISサーチ. 2017年11月3日閲覧。

参考文献編集

  • 山野浩一 『伝説の名馬 Part IV』 中央競馬ピーアール・センター、1997年

外部リンク編集