ダンジュルーズ・ド・リル=ブシャール

ダンジュルーズ・ド・リル=ブシャールフランス語:Dangereuse de l'Isle Bouchard, ポワトゥー語Dangerosa ダンジュローザ, 1079年 - 1151年)は、リル・ブシャール領主バルテルミーとその妻ジェルベルジュ・ド・ブレゾンの娘。

ダンジュルーズ・ド・リル=ブシャール
Dangereuse de l'Isle Bouchard
配偶者 エメリー1世・ド・シャテルロー
子女 エメリー1世の子
ユーグ
ラウル
アエノール
アマーブル
アワ
ギヨーム9世の子(諸説あり)
アンリ
アデライード・ド・ポワティエ
シビーユ
渾名 ダンジュルーズ(ダンジュローザ)、モーベルジョンヌ
称号 シャテルロー副伯妃
身分 アキテーヌ公愛妾
父親 バルテルミー・ド・リル=ブシャール
母親 ジェルベルジュ・ド・ブレゾン
出生 1079年
宗教 カトリック
テンプレートを表示

有名な女君主アリエノール・ダキテーヌの外祖母に当たるとともに、アリエノールの内祖父、アキテーヌ公ギヨーム9世の愛妾であった[1]

ギヨーム9世はポワティエの居城の敷地内に、ダンジュルーズを住まわせるためモーベルジョン塔を建て、ダンジュルーズの他に「モーベルジョンヌ」の通称で知られていた。「ダンジュルーズ」(危険な女)は、その魅惑的なことから呼ばれた名である。

洗礼名はおそらくアモーベルジュ(Amauberge)であったとされている。

子孫編集

アルシャンボー・ボレル・ド・ビュエイユとアニェス・ド・リル=ブシャールを父方の祖父母に持つ。

孫娘アリエノール・ダキテーヌを通し、ダンジュルーズは以下多くの君主・貴族の先祖となった。

アリエノールはフランス王妃、のちイングランド王妃になったが、同時にアキテーヌ女公であった。

生涯編集

結婚編集

具体的な年月日は不明であるが、ダンジュルーズはシャテルロー副伯エメリー1世と結婚した。彼女は夫に1109年の憲章で財産をサン=ドニ=ド=ヴォー修道院に寄付するように助言した[2]。ダンジュルーズは自分の意思を貫き通し、他の貴族たちの世論を喜び好まず、ほとんど気にしない女性であったとされている[3]

エメリー1世との間に5子(2人の息子と3人の娘)をもうけた。

  • ユーグ(1176年以前没) - エメリー1世の後にシャルテロー子爵を継ぐ。
  • ラウル(1190年に死亡) - アキテーヌの偉大なセネシャル(官僚)となる。フェイ=ラ=ヴィヌーズ女卿エリザベートと結婚した。
  • アエノール(1103年頃 - 1130年3月) - アキテーヌ公ギヨーム10世と結婚。アリエノール・ダキテーヌペトロニーユ・ダキテーヌの母。
  • アマブル - タイユフェル家のアングレーム伯ヴュルグラン2世(1140年没)の2番目の妻。
  • アワ - ピエール=エリー・ド・ショヴィニーと結婚した。アンドレ・ド・ショヴィニーの母。

ダンジュルーズはギヨーム9世の愛妾になる以前、エメリー1世と約7年間結婚していた。ダンジュルーズの「誘拐」は当時、不名誉かつ有名なスキャンダルであった[4]

ギヨーム9世の愛人編集

ポワトゥーを旅行している間に、アキテーヌ公ギヨーム9世は魅惑的なダンジュルーズに出会った[5]。そして、ギヨーム9世のもとに連れられてダンジュルーズは夫の元を去り、この「誘拐」により教会から破門されている。 しかし彼女は、その件に関わるギヨーム9世一行の目の前に自ら姿を現したともされている。

ギヨーム9世はダンジュルーズのため、ポワティエの居城の敷地内にモーベルジョン塔を設置した。そして、歴史家であるマームズベリのウィリアムの説明によれば、アキテーヌ公は自身の盾の上にダンジュルーズの姿絵も描いたとされる[6][7]

ギヨーム9世の2人目の妻フィリッパ・ド・トゥールーズが実家トゥールーズからポワティエに帰還した際、夫の愛妾ダンジュルーズが城の敷地内に住んでいるのを発見して激怒し、アキテーヌの宮廷で彼女の友人と教会に訴えた[8]。しかし、ギヨームが封建制における大君主であったため、臣下の貴族たちは彼女に手を貸すことはできず、そして教皇の立法者ジローがギヨーム9世に、ダンジュルーズを夫シャテルロー副伯エメリー1世の元に返すよう命じた際、単調な議会に対し、ギヨームの返答は以下の一言だけであった。

「余が副伯妃と別れるより貴殿の頭の巻き毛が伸びる方が早かろう」

1116年、屈辱を受けたフィリッパはフォントヴロー修道院に隠遁することを選んだ。

諸説あるが、ダンジュルーズはギヨーム9世との間に以下3人庶子をもうけたとされる。

  • アンリ(1132年以降没) - 修道士となる。後のクリュニー修道院次長
  • アデライード - 母をフィリッパ・ド・トゥールーズとする説も有り、その場合はフェイ=ラ=ヴィヌーズ卿ラウル・ド・フェイ(ダンジュルーズとエメリー1世の次男)の2人目の妻として結婚している。
  • シビーユ - サント修道院女子修道院長

ギヨーム9世の次男とされるアンティオキア公レーモン・ド・ポワティエは2度目の妻フィリッパ・ド・トゥールーズではなく、ダンジュルーズを生母とするという説も存在する[9]。レーモンの母親を特定する主要な資料が存在しない上、ギヨーム9世の正妃の子として名付けられていない。そのため、レーモンはギヨーム9世とダンジュルーズの間に生まれたと仮定されることが道理に適っているとされる。もしこの仮説が正しければ、ダンジュルーズはレーモンの子であるアンティオキア公ボエモン3世、マリー・ダンティオケ、フィリッパ・ダンティオケの祖母になる。

フィリッパは修道院に入った2年後に亡くなり、フィリッパと友人同士であったギヨームの初婚の元妻エルマンガルド・ダンジュー(アンジュー伯フルク4世の娘)がギヨーム9世への復讐に着手する。

1119年10月、エルマンガルドは教皇カリストゥス2世によって開催されているランス評議会に突然現れ、以下の要求を突きつけた。

  • 教皇がギヨーム9世を再び破門すること
  • アキテーヌ公領からダンジュルーズを追放すること
  • 再びエルマンガルドを公爵夫人として正当な場所に身を戻すこと

教皇はエルマンガルドの要求を拒んだ。しかしその後数年間、フィリッパは騒ぎ立て、ギヨーム9世を悩ませ続けた。

ギヨーム9世の嫡男であるギヨーム10世は父親とダンジュルーズの不倫関係に悩まされ続けたが、1121年にダンジュルーズの娘アエノールとの結婚を手配したときに限り父子関係が落ち着いた[10]。翌年に長女アリエノールが生まれた。

ギヨーム9世が1127年2月10日に死去して以降のダンジュルーズの記録は存在していない。ダンジュルーズは1151年に死去している。

脚注編集

  1. ^ AQUITAINE DUKES”. fmg.ac. 2019年5月8日閲覧。
  2. ^ Documents concernant le Prieuré de Saint-Denis en Vaux, Archives historiques du Poitou Tome VII (Poitiers, 1878) ("Saint-Denis en Vaux") I, p. 346.
  3. ^ Eleanor of Aquitaine: a biography
  4. ^ Eleanor of Aquitaine: a biography
  5. ^ Pilgrims, heretics, and lovers: a medieval journey
  6. ^ Lou Alice Fink of Louisville, KY: Information
  7. ^ Eleanor of Aquitaine: Queen and Legend
  8. ^ Orderic Vitalis, Vol. VI, Book XII, p. 259
  9. ^ Aquitaine, Medieval Lands
  10. ^ Encyclopedia of women in the Middle Ages

出典編集

  • Harvey, Ruth E. The wives of the 'first troubadour', Duke William IX of Aquitaine (Journal of Medieval History), 1993
  • Parsons, John Carmi. Eleanor of Aquitaine: Lord and Lady, 2002