ダンスパーティー

Quadrille set five person set colonial ball at the Albert Hall.jpg

ダンスパーティー(Dance party)とは、多人数でダンスを楽しむ催し[1]。昭和初期〜中期には主に社交ダンスの場の名称に用いられ[2]、「ダンパ」の略称も生まれた[3]。当時のヒット曲に林伊佐緒の『ダンスパーティーの夜[4]』(1950年)がある。昭和後期以降はディスコやクラブ、コスプレイベントでの催しにも用いられるようになった[3]和製英語ではなく[5]、欧米でも用いることがあるが、社交ダンスイベントを指す場合は単に「a dance」と呼ぶのが一般的である[6]

クラブカルチャーにおけるダンスパーティー編集

バーナイトクラブなどで、ポップディスコエレクトロニカハウステクノトランスなどのダンスミュージックによってダンスをするもの。

楽曲は通常、ディスクジョッキーによって選曲・演奏され、PAシステムなど強力な音響設備によって流される。ダンスによる自己表現が不可欠であるため、参加者間の会話は重要ではない。

10代後半など若者に人気がある。通常、夜に行われ、ストロボスコープなど照明による演出を伴う。

興奮を高めるためにエクスタシー(MDMA)などの違法な薬物乱用が行われる場合もあり、社会問題となることがある。

脚注編集

  1. ^ ダンスパーティー』 - コトバンク
  2. ^ 『オリンピック殺人事件』大内元著 1936年
  3. ^ a b ダンパ(だんぱ) - 日本語俗語辞書
  4. ^ あるいは『ダンスパーティの夜』
  5. ^ 小学館ランダムハウス英和大辞典
  6. ^ 斎藤和英大辞典

関連項目編集