メインメニューを開く

ダンチョネ節」(ダンチョネぶし)は、大正時代流行歌[1][2]。作曲者および作詞者は不明。日本神奈川県三浦市三崎町を中心に広まり、神奈川県民謡とされる[1][注釈 1]。また、これをもとにした替え歌なども知られている。

目次

説明編集

大正時代[1][2]から昭和にかけて[1]、酒席で[1]流行した歌。端唄ないしは俗謡として歌われた。各節の最後に入る囃子詞「ダンチョネ」は、漁師の掛け声とも「断腸の思い」から来ているともいい、語源に諸説あってはっきりしない。

民謡としての「ダンチョネ節」は船乗りの悲哀を歌っており、その節を使って色々な替え歌が作られた。東京高等商船学校の学生によって愛誦され(学生歌)、また軍隊でも唄われるようになった(いわゆる「兵隊ソング」)。

東京高等商船学校に関しては練習船月島丸の遭難(1900年、学生79名を含む122名全員が消息不明)と関連付ける説があり[3]、その後継となった大成丸を歌い込んだ歌詞も伝えられる。

軍隊では飛行機乗りの悲哀を歌詞にしたものが残されている。「ダンチョネ」を「団長さんもね」という意味ととる説もある。あの偉くて、いつも真面目に訓示を垂れて説教をする団長さんでさえもね、ということである。

第二次世界大戦後は、小林旭の吹き込みによる「アキラのダンチョネ節」(1960年発表、作詞: 西沢爽、作曲: 遠藤実)がヒットした。八代亜紀のヒット曲「舟唄」(1979年発表、作詞: 阿久悠、作曲: 浜圭介)にもダンチョネ節が歌い込まれている。

ダンチョネ節を歌った歌手編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 『大辞林 第三版』では源流不明としつつ、三崎を中心に広まったとする[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f だんちょね節”. 大辞林 第三版(コトバンク所収). 三省堂. 2019年4月5日閲覧。
  2. ^ a b だんちょね節”. デジタル大辞泉コトバンク所収). 小学館. 2019年4月5日閲覧。
  3. ^ 七呂光雄. “月島丸遭難と静岡市(清水)にある清見寺”. 一般社団法人全日本船舶職員協会. 2019年4月5日閲覧。
  4. ^ 読売新聞』1960年6月27日付夕刊、5頁。

関連項目編集