メインメニューを開く

ダンビュライト: Danburite[1])は、日本競走馬。主な勝ち鞍は2018年アメリカジョッキークラブカップ(GII)、2019年京都記念(GII)。馬名の由来は「無色透明、淡いピンク、黄色、紫などの色彩をもつパワーストーン[2](鉱物としての学名はダンブリ石英語版)。

ダンビュライト
Danburite - Japanese Derby 2017 (34820083841).jpg
第84回東京優駿パドック(2017年5月28日)
欧字表記 Danburite[1]
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2014年3月3日(5歳)
ルーラーシップ
タンザナイト
母の父 サンデーサイレンス
生国 日本の旗 日本北海道安平町
生産 ノーザンファーム
馬主 (有)サンデーレーシング
調教師 音無秀孝栗東
競走成績
生涯成績 20戦4勝
中央:19戦4勝
海外:1戦0勝
獲得賞金 3億197万2000円
(2019年10月6日現在)
 
勝ち鞍
GII アメリカジョッキークラブカップ 2018年
GII 京都記念 2019年
テンプレートを表示

戦績編集

デビュー前編集

2014年3月3日、北海道安平町ノーザンファームで誕生。一口馬主法人サンデーサラブレッドクラブより「タンザナイトの14」として総額3,600万円(1口90万円×40口)で募集された[2]。父ルーラーシップと同じく、ノーザンファーム早来で育成された[3]

2歳(2016年)編集

7月9日に中京競馬場の新馬戦でデビュー。不良馬場を苦にせず5馬身差の圧勝でデビュー勝ちを飾った[4]。2戦目はサウジアラビアRC(GIII)に出走。直線で内にもたれる場面もあり、ブレスジャーニーの決め手に屈して2着に敗れる[5]。続く朝日杯FS(GI)では単勝2番人気に支持されるも流れに乗れず13着と大敗した[6]

3歳(2017年)編集

きさらぎ賞(GIII)、弥生賞(GII)はいずれも3着となり、武豊に乗り替わった皐月賞(GI)では単勝12番人気まで評価を下げていた。しかし、レースでは2度の不利がありながらも勝ち馬アルアインから0.1秒差の3着に健闘し、クラシック史上4番目となる3連単106万4,360円の高額配当を演出した[7]。最内枠からの発走となった東京優駿(GI)では超スローペースに巻き込まれ、内で動けないまま6着に敗退した[8]

秋は神戸新聞杯(GII)で4着となった後、菊花賞(GI)に出走。極度の不良馬場の中、積極的に動いて4コーナーでは先頭に立ったが、直線で後続馬に交わされて5着に終わった[9]。年末の自己条件戦サンタクロースS(1600万下)で新馬戦以来となる待望の2勝目を挙げる[10]

4歳(2018年)編集

アメリカジョッキークラブカップ(GII)ではミルコ・デムーロと初コンビを組み、2番手追走から直線で逃げるマイネルミラノを交わして先頭に立ち、追い込んできた1番人気ミッキースワローに2馬身差を付けて待望の重賞初制覇を果たした[11]大阪杯(GI)には浜中俊とのコンビで出走。2番手を追走していたが、勝ち馬スワーヴリチャードが動いた場面で離され、6着に敗れた[12]。その後は父子制覇を目指して4月29日の香港クイーンエリザベス2世カップ(GI)に挑戦したが、直線で失速して8頭立ての7着に沈んだ[13]宝塚記念では武豊が史上初の500回目のGI騎乗となったが、4コーナーでごちゃつく場面があり、掲示板を確保するのが精一杯だった[14]

秋初戦のオールカマーでは出遅れによって位置取りが想定より後ろになり、4コーナーでも包まれて位置取りを上げられずレイデオロアルアインから離された3着に敗れた。戸崎圭太に乗り替わった天皇賞(秋)では本馬場入場時に騎手を振り落として放馬。しばらく競馬場内を全力疾走してしまい、疲労が著しいとして競走除外になった[15]。仕切り直しの一戦となったチャレンジカップは4着だった。

5歳(2019年)編集

連覇を狙ったアメリカジョッキークラブカップでは決め手比べの展開となったこともあり6着に敗れた。次走の京都記念では直線に入ると早めに先頭に立ち、外から差を詰めた1番人気ステイフーリッシュをクビ差退けて重賞2勝目を挙げた。騎乗した松若風馬は3度目のコンビで3連勝となった[16]

競走成績編集

以下の内容は、netkeiba.comの情報[17]に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上がり3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬) 馬体重
[kg]
2016.07.09 中京 2歳新馬 芝1600m(不) 13 2 2 004.90(3人) 01着 R1:40.7(37.2) -0.8 松若風馬 54 (キクノルア) 464
0000.10.08 東京 サウジアラビアRC GIII 芝1600m(稍) 9 7 7 003.50(2人) 02着 R1:34.7(34.2) -0.2 C.ルメール 55 ブレスジャーニー 464
0000.12.18 阪神 朝日杯FS GI 芝1600m(良) 18 4 8 004.50(2人) 13着 R1:36.5(35.5) -1.1 C.ルメール 55 サトノアレス 472
2017.02.05 京都 きさらぎ賞 GIII 芝1800m(重) 8 4 4 005.60(2人) 03着 R1:50.4(36.1) -0.3 C.ルメール 56 アメリカズカップ 472
0000.03.05 中山 弥生賞 GII 芝2000m(良) 12 4 4 009.10(5人) 03着 R1:50.4(36.1) -0.3 C.ルメール 56 カデナ 470
0000.04.16 中山 皐月賞 GI 芝2000m(良) 18 5 10 056.1(12人) 03着 R1:57.9(34.3) -0.1 武豊 57 アルアイン 466
0000.05.28 東京 東京優駿 GI 芝2400m(良) 18 1 1 014.50(7人) 06着 R2:27.3(33.8) -0.4 武豊 57 レイデオロ 464
0000.09.24 阪神 神戸新聞杯 GII 芝2400m(良) 14 3 3 008.60(4人) 04着 R2:25.2(35.0) -0.6 武豊 56 レイデオロ 480
0000.10.22 京都 菊花賞 GI 芝3000m(不) 18 7 15 008.30(4人) 05着 R3:19.7(40.8) -0.8 武豊 57 キセキ 478
0000.12.24 阪神 サンタクロースS 芝2000m(良) 10 6 6 002.00(1人) 01着 R2:01.7(33.8) -0.1 松若風馬 56 (クリノヤマトノオー) 478
2018.01.21 中山 AJCC GII 芝2200m(良) 11 6 7 003.90(2人) 01着 R2:13.3(35.4) -0.3 M.デムーロ 55 ミッキースワロー 474
0000.04.01 阪神 大阪杯 GI 芝2000m(良) 16 7 14 020.10(8人) 06着 R1:58.8(34.5) -0.6 浜中俊 57 スワーヴリチャード 482
0000.04.29 沙田 QEIIC G1 芝2000m(Gd[18] 8 5[19] 4 025.00(6人) 07着 02:01.74 -1.53 T.ベリー 57 Pakistan Star 482
0000.06.24 阪神 宝塚記念 GI 芝2200m(稍) 16 4 8 010.30(5人) 05着 R2:12.3(36.4) -0.7 武豊 58 ミッキーロケット 480
0000.09.23 中山 オールカマー GII 芝2200m(良) 12 2 2 003.80(2人) 03着 R2:11.7(34.9) -0.5 武豊 57 レイデオロ 482
0000.10.28 東京 天皇賞(秋) GI 芝2000m(良) 12 6 8 除外 戸崎圭太 58 レイデオロ 488
0000.12.01 阪神 チャレンジC GIII 芝2000m(良) 12 3 3 006.30(3人) 04着 R1:59.0(33.8) -0.7 北村友一 57 エアウィンザー 496
2019.01.20 中山 AJCC GII 芝2200m(良) 11 5 5 007.30(3人) 06着 R2:14.4(34.9) -0.7 北村友一 57 シャケトラ 490
0000.02.10 京都 京都記念 GII 芝2200m(良) 12 6 8 008.50(6人) 01着 R2:14.8(34.9) -0.0 松若風馬 56 ステイフーリッシュ 492
0000.03.31 阪神 大阪杯 GI 芝2000m(良) 14 8 14 057.6(11人) 09着 R2:01.6(35.8) -0.6 松若風馬 57 アルアイン 482
0000.10.06 京都 京都大賞典 GII 芝2400m(良) 17 7 14 017.40(6人) 02着 R2:23.7(35.4) -0.2 松若風馬 57 ドレッドノータス 494
  • 競走成績は2019年10月6日現在

血統表編集

ダンビュライト血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 キングマンボ系
[§ 2]

ルーラーシップ
2007 鹿毛
父の父
キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
*マンファス *ラストタイクーン
Pilot Bird
父の母
エアグルーヴ
1993 鹿毛
*トニービン *カンパラ
Severn Bridge
ダイナカール *ノーザンテースト
シャダイフェザー

タンザナイト
2000 黒鹿毛
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
母の母
*キャサリーンパー
Catherine Parr
1987 青鹿毛
Riverman Never Bend
River Lady
Regal Exception Ribot
Rajput Princess
母系(F-No.) 16号族(FN:16-a) [§ 3]
5代内の近親交配 5代内アウトブリード [§ 4]
出典
  1. ^ ダンビュライト 5代血統表2018年4月30日閲覧
  2. ^ ダンビュライト 5代血統表2018年4月30日閲覧
  3. ^ ダンビュライト 5代血統表2018年4月30日閲覧
  4. ^ ダンビュライト 5代血統表2018年4月30日閲覧

出典編集

  1. ^ a b ダンビュライト|JBISサーチ(JBIS-Search)
  2. ^ a b Sunday Thoroughbred Club サンデーサラブレッドクラブ. 2018年5月1日閲覧
  3. ^ AJCC G2 | 重賞ウイナーレポート. 競走馬のふるさと案内所. 2018年5月1日閲覧
  4. ^ 【2歳新馬】中京5R ダンビュライトが5馬身差圧勝!. sanspo.com(2016年7月9日付). 2018年5月1日閲覧
  5. ^ 【サウジアラビアRC】(東京)~ブレスジャーニーが決め手を発揮して重賞初制覇. netkeiba.com(2016年10月8日付). 2018年5月1日閲覧
  6. ^ 朝日杯FS】レースを終えて…関係者談話. sanspo.com(2016年12月19日閲覧). 2018年5月1日閲覧
  7. ^ 【皐月賞】12番人気ダンビュライト3着 3連単106万馬券演出. sanspo.com(2017年4月16日付). 2018年5月1日閲覧
  8. ^ 【日本ダービー】ダンビュライト6着、武豊ダービー6勝目ならず. スポーツ報知(2017年5月28日付). 2018年5月1日閲覧
  9. ^ 【菊花賞】1勝馬ダンビュライトは5着 武豊「最後に力尽きた」. スポーツ報知(2017年10月22日付). 2018年5月1日閲覧
  10. ^ 【サンタクロースS】(阪神) ダンビュライトが待望の2勝目. netkeiba.com(2017年12月24日閲覧). 2018年5月1日閲覧
  11. ^ [1]. sanspo.com(2018年1月21日付). 2018年5月1日閲覧
  12. ^ 【大阪杯】8番人気のダンビュライトは6着 浜中「バテずに頑張っている」. スポーツ報知(2018年4月1日閲覧). 2018年5月1日閲覧
  13. ^ 【香港クイーンエリザベス2世C】日本のダンビュライトは7着 Tベリー騎手「最後はワンペースに」. スポーツ報知(2018年4月29日付). 2018年5月1日閲覧
  14. ^ ダンビュライト5着、武「すごく残念」/宝塚記念. 日刊スポーツ(2018年6月25日付). 2018年8月7日閲覧
  15. ^ 【天皇賞・秋】G1で放馬…大歓声が一転、悲鳴へ ダンビュライトは無念の競走除外. スポーツニッポン(2018年10月28日付). 2018年10月29日閲覧
  16. ^ 【京都記念レース後コメント】ダンビュライト松若風馬騎手ら. netkeiba.com(2019年2月10日付). 2019年2月12日閲覧
  17. ^ ダンビュライト”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2018年5月1日閲覧。
  18. ^ Good。日本では良に相当する。
  19. ^ ゲート番号(日本と異なり、欧州・香港競馬ではゲート番号と馬番号は異なる)
  20. ^ a b c ダンビュライトの血統表 | 競走馬データ - netkeiba.com

外部リンク編集