ダンマパーラ: Dhammapāla, 護法、5世紀後半頃?[1])とは、上座部仏教の代表的な注釈者の一人。南インドのカーンチープラに生まれる[1]南インドの東南海岸地方、ナーガパッタナで修行する[2]パーリ語経典小部に含まれる7つのに、注釈を残している[1]ブッダゴーサ清浄道論に対する復注[注釈 1](マハーティーカー、mahāṭīkā)を著した[2]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 『清浄道論』自体が注釈書として扱われるため。

出典編集

関連項目編集