メインメニューを開く

クリントン・ダニエル・グラッデン(Clinton Daniel Gladden1957年7月7日- ) はアメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元プロ野球選手(外野手)。

ダン・グラッデン
Dan Gladden
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンノゼ
生年月日 (1957-07-07) 1957年7月7日(61歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1979年
初出場 MLB / 1983年9月5日
NPB / 1994年4月9日
最終出場 MLB / 1993年10月3日
NPB / 1994年10月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

1979年サンフランシスコ・ジャイアンツに入団。5年目の1983年に大リーグデビュー。俊足巧打の1番打者として活躍した。1987年ミネソタ・ツインズに移籍、1987年と1991年のツインズのワールドシリーズ制覇に貢献したが、1992年デトロイト・タイガースに移籍している。

1993年11月15日、読売ジャイアンツに入団。三拍子揃った選手との触れ込みで、センターを守る予定であったが、肩力、走力共に全盛期より衰えており春季キャンプやオープン戦でまずい守備を連発したためレフトを多く守らせることとなり、前年までレフトを守っていた松井秀喜が急遽ライトにコンバートされることとなった。また通算222盗塁から期待されたが盗塁数は2に終わった。プロレスラー、ハルク・ホーガンを思わせる風貌で気性が荒く、後述の乱闘も含めて1年間に2度の退場処分を受けている。シーズン中は1番打者として定着し、98試合で15本のホームランを打つなど長打力を見せた。巨人のリーグ優勝、日本一に貢献も同年11月10日に自由契約となり現役引退。

1995年ツインズのスカウトに就任。1996年コロラド・ロッキーズのスカウトを務め、1999年にはツインズの巡回コーチに就任した。現在はミネソタ州でツインズのWCCOラジオ野球解説者を務めている。

乱闘騒ぎ編集

1994年5月11日神宮球場でのヤクルト戦で7回表、ヤクルトの西村龍次投手の内角球が原因で乱闘騒ぎになった。内角球を危険に感じたグラッデンが叫びながら2,3歩マウンドへ歩き、西村に詰め寄ったが、中西親志捕手の制止をグラッデンが振り切りキャッチャーマスクの上から中西を殴ってしまったために中西も激昂してグラッデンの顔面をキャッチャーミットで殴ったり振り払う等応戦したり、中西がアッパーカットで倒れた所を容赦無く襲いかかったりと本塁上で激しい殴り合いに発展した。グラッデンは左手小指と右手親指を骨折する。殴り合った中西も顔面骨折と左目打撲の重傷を負った。その後西村は危険投球、グラッデンと中西は暴力行為で退場処分を受けた。なおこの時殴り合っていた二人を制止しなかったとして球審も批判を受けた。

この試合では序盤に西村が同じく巨人の村田真一の頭部に死球を与え負傷退場へと追いやり、続いて今度は同じく巨人の木田優夫が打席に立った西村の左腰付近に死球を与え、両チームに険悪な雰囲気が漂っていた。この乱闘でグラッデンは制裁金10万円と10日間の出場停止処分を受けた(球審田中俊幸塁審久保田治渡田均ら)。この試合の翌日には西村、木田、グラッデンの3人はセントラル・リーグから事情聴取を受けている。この乱闘でグラッデンはヤクルトの選手らに押し倒された上顔を踏みつけられ、中西も巨人の選手らに背中等を数十発蹴られたほか選手が雪崩のようにグラウンドに崩れ落ち、本来の乱闘の場とは別の場所でも乱闘している選手がいたりするなどすさまじい光景であった。

この試合は当時の川島廣守セ・リーグ会長が観戦していたこともあり、報復合戦の末の乱闘騒ぎとなったこの試合は両球団の選手・首脳陣や野球ファンのみならずプロ野球の関係者にも衝撃を与える結果となった。また、この試合以降危険球制度が導入された。

エピソード編集

  • 野球解説者に転身後、巨人時代チームメイトだった松井秀喜ニューヨーク・ヤンキースに入団、日本のテレビ局からインタビューを求められたが、チームメイトで主砲だったにもかかわらず「彼のことはよく覚えてないね」とコメントした。しかし、松井がメジャーで活躍すると、「私が巨人にいて彼がチームメイトだった時、彼はまだ幼かった。でも現在は見違えるほど成長している。大したものだ。」と褒めていた。
  • 1987年のワールドシリーズでは、満塁本塁打を打っている。
  • ツインズ時代の1988年1989年に1試合・1イニングずつ、(敗戦処理として)投手としての登板歴もある。通算2試合登板、2イニングを投げて防御率は4.50。相手のインディアンスドック・エドワーズ監督から、「カーブでストライクを取っているから、大したもんだよ」と褒められるほどであった。被安打2、四球1、奪三振0。また、1988年には二塁と三塁も1試合ずつ守っているが、いずれも守備機会はなかった。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1983 SF 18 72 63 6 14 2 0 1 19 9 4 3 3 1 5 0 0 11 3 .222 .275 .302 .577
1984 86 384 342 71 120 17 2 4 153 31 31 16 6 1 33 2 2 37 3 .351 .410 .447 .857
1985 142 561 502 64 122 15 8 7 174 41 32 15 10 2 40 1 7 78 10 .243 .307 .347 .653
1986 102 402 351 55 97 16 1 4 127 29 27 10 7 0 39 3 5 59 5 .276 .357 .362 .719
1987 MIN 121 482 438 69 109 21 2 8 158 38 25 9 1 2 38 2 3 72 8 .249 .312 .361 .673
1988 141 633 576 91 155 32 6 11 232 62 28 8 2 5 46 4 4 74 9 .269 .325 .403 .728
1989 120 501 461 69 136 23 3 8 189 46 23 7 5 7 23 3 5 53 6 .295 .331 .410 .741
1990 136 571 534 64 147 27 6 5 201 40 25 9 1 4 26 2 6 67 17 .275 .314 .376 .690
1991 126 511 461 65 114 14 9 6 164 52 15 9 5 4 36 1 5 60 13 .247 .306 .356 .662
1992 DET 113 459 417 57 106 20 1 7 149 42 4 2 5 5 30 0 2 64 10 .254 .304 .357 .661
1993 91 386 356 52 95 16 2 13 154 56 8 5 4 2 21 0 3 50 14 .267 .312 .433 .744
1994 巨人 98 410 374 46 100 19 0 15 164 37 2 1 6 1 29 0 0 64 6 .267 .319 .439 .758
MLB:11年 1196 4962 4501 663 1215 203 40 74 1720 446 222 93 49 33 337 18 42 625 98 .270 .324 .382 .707
NPB:1年 98 410 374 46 100 19 0 15 164 37 2 1 6 1 29 0 0 64 6 .267 .319 .439 .758

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1988 MIN 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 3 1.0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 0.00
1989 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 6 1.0 2 0 1 0 0 0 1 0 1 1 9.00 3.00
MLB:2年 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 9 2.0 2 0 1 0 0 0 1 0 1 1 4.50 1.50

記録編集

NPB

背番号編集

  • 25 (1983年 - 1984年)
  • 32 (1984年 - 1994年)

関連項目編集

外部リンク編集