メインメニューを開く

ダニエル・ジョゼフ・セラフィニDaniel Joseph Serafini, 1974年1月25日 - )は、アメリカ合衆国出身のプロ野球選手投手)。

ダン・セラフィニ
Dan Serafini
Pitching 2-600X335.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 
出身地 カリフォルニア州サンフランシスコ
生年月日 (1974-01-25) 1974年1月25日(45歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 投手
プロ入り 1992年 MLBドラフト1巡目
初出場 MLB / 1996年6月25日
CPBL / 2002年8月21日
NPB / 2004年4月12日
最終出場 CPBL / 2002年8月29日
NPB / 2007年5月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム Flag of Italy.svg イタリア
WBC 2009年2013年

サーフィンが趣味で、その事と自らの名前にかけたニックネームサーフ。台湾球界での登録名は、丹尼

来歴・人物編集

ロッテ時代編集

2004年は主にリリーフとして起用後、ネイサン・ミンチー離脱後は先発ローテーションに加わる。9月9日の対ダイエー戦で、死球に激高したフリオ・ズレータとマウンド上で乱闘となり、負傷した挙句双方退場となる。

2005年はシーズンは1年を通してローテーション入りし11勝。登板間隔が空いた時には中継ぎも務める。オールスター終了後は左足を負傷しボビー・バレンタイン監督曰く「投球はできるが、走れない」状況で、ベースカバーもほとんどままならなかった。プレーオフ第2ステージでは2度杉内俊哉と投げ合い1勝、日本一を決めた日本シリーズ第4戦でも勝利投手となる。シーズンオフにロッテは交渉を求めたが自由契約選手となった後、年俸150万ドル(1億7200万円)の1年契約でオリックスと契約する。

オリックス時代編集

2006年は左肩痛の影響で開幕から調子が上がらず、5月1日に治療のため一時帰国。全治1ヶ月の臍ヘルニアのため9月8日に帰国し、再来日することなく、7試合出場で0勝4敗。

2007年は、3月29日の日本ハム戦で7回1/3を無失点に抑えて移籍後初及び2年ぶりの勝利。4回途中7失点KOされた5月13日の楽天戦で右手親指を骨折し、登録抹消され手術のため帰米。6月29日に再来日するが、7月14日にオリックスから解雇が発表された。9試合の登板で2勝5敗・防御率5.40だった。

オリックス退団後編集

オリックス退団後はコロラド・ロッキーズとマイナー契約を結び、同年9月にメジャーに復帰したが、その年限りで解雇された。11月27日、薬物規定に違反したとして50試合の出場停止処分を科せられた。

第2回WBCイタリア代表に選出され、3月9日のカナダ戦で先発し、勝利投手となる。

2009年メキシカンリーグのモンテレー・サルタンズに所属し、4月13日に先発し5回5失点で敗戦投手となり、この試合をもって解雇される。2010年独立リーグアトランティック・リーグブリッジポート・ブルーフィッシュに所属し、2011年以降は再びメキシカンリーグのモンテレイ・サルタンズに所属する。

第3回WBCイタリア代表として選出される[1]

選手としての特徴編集

球種は150km/h近いストレートに、スライダーやチェンジアップを投げる[2]。制球に難のある投手だが、勢いのある速球が適度に荒れながらも要所を締め、打者を威圧するような投球が特徴[2][3]

牽制の技術に長けており、チームメートの福浦和也からは「投球と判別できないほど」と評された[4]。ロッテ時代はレギュラーシーズンのみならず、日本シリーズでも走者を牽制球で刺す場面が見られた[5]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1996 MIN 1 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 23 4.1 7 1 2 0 1 1 0 0 5 5 10.38 2.08
1997 6 4 1 0 0 2 1 0 -- .667 111 26.1 27 1 11 0 0 15 1 0 11 10 3.42 1.44
1998 28 9 0 0 0 7 4 0 -- .636 345 75.0 95 10 29 1 1 46 2 0 58 54 6.48 1.65
1999 CHC 42 4 0 0 0 3 2 1 -- .600 302 62.1 86 9 32 3 1 17 3 0 51 48 6.93 1.89
2000 SD 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 20 3.0 9 2 2 0 0 3 1 0 6 6 18.00 3.67
PIT 11 11 0 0 0 2 5 0 -- .286 280 62.1 70 9 26 1 4 32 2 0 35 34 4.91 1.54
'00計 14 11 0 0 0 2 5 0 -- .286 300 65.1 79 11 28 1 4 35 3 0 41 40 5.51 1.64
2002 中信 2 0 0 0 0 0 2 0 -- .000 31 4.2 10 0 5 0 1 1 0 0 6 6 13.50 3.21
2003 CIN 10 4 0 0 0 1 3 0 -- .250 141 30.0 41 5 14 1 0 13 1 0 23 18 5.40 1.83
2004 ロッテ 31 10 0 0 0 5 4 0 -- .556 357 80.2 80 11 35 2 4 66 2 1 48 37 4.13 1.43
2005 27 22 2 0 0 11 4 0 1 .733 627 151.1 137 12 56 3 5 117 5 0 60 49 2.91 1.28
2006 オリックス 7 5 0 0 0 0 4 0 0 .000 114 21.2 34 7 11 0 4 11 3 0 24 24 9.97 2.08
2007 9 8 0 0 0 2 5 0 0 .286 202 45.0 57 3 20 1 1 23 3 0 29 27 5.40 1.71
COL 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 4 0.1 0 0 2 0 1 0 0 1 2 2 54.00 6.00
MLB:7年 104 33 1 0 0 15 16 1 -- .484 1226 263.2 335 37 118 6 8 127 10 1 191 177 6.04 1.72
CPBL:1年 2 0 0 0 0 0 2 0 -- .000 31 4.2 10 0 5 0 1 1 0 0 6 6 13.50 3.21
NPB:4年 74 45 2 0 0 18 17 0 1 .514 1300 298.2 308 33 122 6 14 217 13 1 161 137 4.13 1.44

記録編集

NPB

背番号編集

  • 22 (1996年)
  • 16 (1997年 - 1998年)
  • 33 (1999年)
  • 55 (2000年)
  • 45 (2000年)
  • 38 (2002年)
  • 50 (2003年)
  • 42 (2004年 - 2005年)
  • 29 (2006年 - 2007年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Italy at the 2013 World Baseball Classic
  2. ^ a b 『プロ野球スカウティングレポート2006』アスペクト、2006年、110-111頁。ISBN 4-7572-1246-1
  3. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2007』白夜書房、2007年、59頁。ISBN 978-4-86191-246-7
  4. ^ 鈴木長月『千葉ロッテマリーンズあるある2』TOブックス、2015年、115頁。ISBN 978-4-86472-405-0
  5. ^ 『おめでとう!千葉ロッテ日本一』日刊スポーツ出版社、2005年、25頁。ISBN 978-4-8172-5279-1

関連項目編集

外部リンク編集