メインメニューを開く

ダン・ヴィッカーマンDaniel Vickerman 1979年6月4日 - 2017年2月18日[1])は 、南アフリカ共和国出身の元ラグビー選手。ポジションはロック

ニューサウスウェールズ州のクラブラグビー選手権シュート・シールド(The Shute Shield)に参加するシドニー・ユニバーシティ(Sydney University)に所属。

人物編集

1979年6月4日、ケープタウンで生まれる。

身長205cm、体重119kg。

キャリア編集

ディオセサン・カレッジ卒業、1999年、21歳以下ラグビー南アフリカ代表に選出される。同年、オーストラリアへ移住し、2001年、21歳以下のオーストラリア代表に選出される。

2001年、スーパー12(現スーパーラグビー)のブランビーズに入る。2002年、オーストラリアA代表に選出、同年、ワラビーズに選出、フランス戦で代表デビュー。

2003年ラグビーワールドカップオーストラリア大会の代表に選出される。

2004年、ブランビーズからワラターズへ移籍する。

2006年、テストマッチで肩を負傷して以降、スーパー14や代表の試合出場の機会が減るも、2007年ラグビーワールドカップフランス大会の代表に選出される。

2008年イギリスケンブリッジ大学に入学。同年、オックスフォード大学との伝統の一戦ヴァーシティ・マッチ(Varsity Match)に出場する。2009年のヴァーシティ・マッチではキャプテンとして出場、31対27でオックスフォードに勝利する。

2009年、プレミアシップラグビーノーサンプトン・セインツに入る。2011年、ワラターズに戻り、スーパーラグビーの最終戦に出場。

2012年、現役を引退した。[2]

2017年2月18日、死去。37歳没[1]

脚注編集

リンク編集