ダークダックス

ダーク・ダックスから転送)

ダークダックス(DARK DUCKS)は、男性の重唱団(ボーカルグループ)である。過去のレコードジャケットでは『ダーク・ダックス』という表記がされる時もあった。同グループのメンバー数は活動の中心時期には長らく4人だった。

ダークダックス
Dark Ducks 1956 Scan10009.jpg
ダークダックス(1956年)
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル 重唱団
活動期間 1951年 - 2016年
レーベル テイチク
キングレコード
ユニバーサルミュージック
事務所 ダークダックス事務所
メンバー 高見澤宏
佐々木行
喜早哲
遠山一

来歴編集

メンバー全員、慶應義塾大学経済学部出身[1]。同大学の男声合唱団ワグネルソサエティのメンバーたちが、1951年のクリスマスパーティーで「ホワイト・クリスマス」の合唱を披露したことがきっかけで結成。ただしこのときは高見澤宏が入学する前だったので、メンバーは3人だった。結成当時はJAZZ・黒人霊歌を中心に活動していたが、のちにオリジナル楽曲やロシア民謡、山の歌、唱歌など幅広いジャンルの楽曲をレパートリーとするようになった。

1957年にロシア民謡「ともしび」をヒットさせ、一躍スターダムにのし上がり、当時としては異例の年6枚のアルバムを発売し、記録的ヒットを収め、歌謡界にコーラスブームを巻き起こした。1957年3月22日、初演奏会をひらく[2]。翌1958年に第9回NHK紅白歌合戦に初出場し、以後、1971年の第22回まで14回連続出場。1976年の第27回に再出場を果たし、通算15回出場している。第9回、第10回(1959年)は彼らの歌のラジオの音声が現存し、1960年代中期からは映像が現存する。第10回は2009年4月29日放送のNHK-FM今日は一日“戦後歌謡”三昧』の中で彼らの歌も含め全編が再放送された(音声はモノラル)。

音楽活動は日本に留まらず、世界各国でも行っており、ことにソビエト連邦へは1960年[3]、1962年、1972年[4]、1974年、1977年[5]の5回に亘り長期演奏旅行を行い、盛況を極めている。(尚、1967年のソ連訪問は、4月の東京‐モスクワ間の直通定期旅客航空路線開設[6]に伴う、東京発モスクワ行き第1便搭乗者としての招待旅行であり[注釈 1]、演奏旅行ではない。[12])

1987年(昭和62年)には、メンバーが変わらない日本で最も長期にわたって活動するコーラスグループとして、ギネス世界記録に認定。1993年(平成5年)、紫綬褒章受章。これまでにグループ全員による受章は前例が無く話題を呼んだ。

同形態をとるコーラスグループ、デューク・エイセスボニージャックスとの三者共演の歴史は意外と古く、1973年4月の第2回東京音楽祭で、国内大会と世界大会との間の1週間に企画された「東京音楽祭ウィーク」でのコンサート「ビッグ3夢の競演」にまで遡る[注釈 2]。また、1986年3月には、「ザッツ・ハーモニー」と銘打った全10日間の合同企画も開催されている。これは、最初の3日間ずつで夫々が単独のリサイタルを行ない、最終日に三者合同で歌うという日程であった[注釈 3]。その後、21世紀に入った頃から、三者共同でのショー開催は恒例として度々行われるようになった。

1997年に一過性脳虚血発作でマンガさんこと佐々木行が倒れ、翌年より療養生活に入る(後に鬱病を患っていることが喜早から明かされた)。新メンバー招聘の話もあったが「(ダークの特色から言って)他のメンバーのダークは考えられない」とスタッフや後援会が反対、あくまでマンガ復帰を待つということでコーラスのパートをカルテットからトリオに再編し、以後3人のメンバー(ゲタさんこと喜早哲いわく「ダーク3兄弟になった」と考えて欲しいとのこと)で活動。

2008年に群馬県館林市にダークダックス館林音楽館がオープンしている。

2010年2月からはパクさんこと高見澤宏も病のため療養。そのため残ったメンバー2名はダークと縁が深くステージ共演も多いしゅうさえこをゲストボーカルに招き、しゅうが高見澤のパートを担当する形でダークダックスwithしゅうさえこというユニットを結成し活動。しかし、2011年1月7日に高見澤宏が77歳で急逝。これを受け、ダークが持つ特色や2人ではダークダックスとしての音楽活動はもはや出来ないという判断から同年3月29日放送の『ありがとう!ダークダックス』(NHK-BS2)にて、この番組を以てダークダックスとしての(音楽)活動をひと区切り打つことが発表された。

活動休止宣言から約半年後の2011年11月17日・18日放送『ラジオ深夜便』(NHKラジオ)へゾウさん(遠山)とゲタさん(喜早)が出演し、グループ60年の歴史を振り返った。2人での活動再開についても「まだ(パク=高見澤の死から)完全に立ち直った訳ではないから」としながらも「無いとも言えません、まだ先が長いつもりで考えていきたいと思います」(ゾウさん談)と、今後に含みを見せた。2012年に入ってからは、恒例となっているデューク・エイセス、ボニージャックスとの合同コンサートを行うなど、活動を本格的に再開。

2016年3月26日に病気療養中だったゲタさんこと喜早哲が85歳で逝去。また、同年6月20日にはマンガさんこと佐々木行が84歳で逝去。存命するメンバーが遠山一だけとなり心配されたが、同年10月から再びしゅうさえことの共演によるダークダックスのゾウさん&しゅうさえこによりコンサートを再開。現在もほぼ年1回のペースで元気に活動を続けている。2019年7月にはゾウさん(遠山)の撮り下ろしナレーション入りのベストアルバムを新たにリリースし話題となった。

メンバー編集

  • 佐々木 行(ささき とおる、1932年2月18日 - 2016年6月20日[17])享年84
    本名:佐々木通正(本名でも活動していた時期があったことから、現在でも資料によってはこちらの名前が掲載されている)。福島県出身。A型。セカンド・テナーで愛称はマンガさん。立ち位置は左から2番目でマイクの保持は右手。
    主にメロディパートを担当。愛知県立旭丘高等学校卒業。1997年末に一過性脳虚血発作で倒れ、その後鬱病を発症。更に脳梗塞の後遺症[18]のため病気療養していた。歌手のさとう宗幸は、はとこ(さとうの祖母と佐々木の祖母が姉妹)、野球解説者の佐々木信也は遠戚にあたる。療養中の2008年、夫人に先立たれる不幸に遭う。
    2016年6月20日、心不全のため死去[17][19]。享年84。
  • 喜早 哲(きそう てつ)、1930年11月8日 - 2016年3月26日[20][21])享年85
    東京都出身。O型。バリトンで愛称はゲタさん。立ち位置は右から2番目でマイクの保持は右手。佐々木の休業後はメロディパートを担当。東京都立西高等学校卒業。日本エッセイストクラブ会員で『日本の抒情歌』(誠文堂新光社、1983年)『日本の美しい歌―ダークダックスの半世紀』(新潮社、2007年)等の著作もある。
    2016年3月26日、急性肺炎のため死去。享年85。
  • 遠山 一(とおやま はじめ、1930年5月26日 - )90歳
    本名:金井哲夫(現在は改名し金井政幸)、東京都出身。B型。ベースで愛称はゾウさん。立ち位置は一番右でマイクの保持は左手。神奈川県立湘南高等学校卒業。東京藝術大学中退。ダークの所属事務所でもあるエーディープロダクション社長も務める。2016年6月20日の佐々木の逝去にともない、ダークダックスとしては唯一の存命者となった。現在も「ダークダックスのゾウさん」として活動中。

代表曲(順不同)編集

など。その他の古くからある日本の唱歌なども幅広く歌っており、レパートリーは数千曲に及ぶ。

受賞・受章歴編集

  • 1958年:第13回文部省芸術祭奨励賞(レコード「四季の自然による四つの試み」に対して)
  • 1967年:第22回文部省芸術祭奨励賞(「ダークダックス・ショウ 日本のこどもたち」に対して)
  • 1968年:第3回モービル児童文化賞(一連の児童詩作品発表に対して)
  • 1969年:第24回文化庁芸術祭奨励賞(子供達のための演奏会、児童詩の制作発表に対して)
  • 1971年:第13回日本レコード大賞編曲賞(「花のメルヘン」のヒットに対して)
  • 1972年:第14回日本レコード大賞企画賞(6枚組LPアルバム「日本唱歌大百歌(全128曲)」に対して)
  • 1974年:第28回文化庁芸術祭優秀賞(コンサート「ダークダックス・北原白秋を歌う」に対して)
  • 1976年:第9回日本作詩大賞LP賞(アルバム「父と娘」に対して)
  • 1976年:第18回日本レコード大賞特別賞(25年間の音楽活動に対して)
  • 1976年:ギャラクシー賞(テレビ神奈川「ダークダックス25時間テレソン=生きる」の『花子の車椅子募金』に対して[22]
  • 1981年:朝日広告賞特別賞(朝日新聞全国版掲載「絆」の意見広告に対して)
  • 1982年:芸術選奨文部大臣賞(昭和56年度の音楽活動に対して)
  • 1983年:第16回日本作詩大賞優秀作品賞(「歌声が聞こえる」(作詩:岩谷時子)に対して)
  • 1988年:第8回日本作曲大賞特別賞(永年の活動に対して)
  • 1993年:紫綬褒章(グループの同時受章は初の快挙として話題に)
  • 2005年:第47回日本レコード大賞功労賞(永年の活動に対して)

ほか多数。

エピソード編集

  • メンバー全員が慶應義塾大学経済学部出身であることから、政財界とのつながりが深く、特に三菱電機とは現在もダークのリサイタルの協賛企業に名を連ねるなど関係が深いことで知られる。同社一社提供の「サンデーダークダックス」(ABCラジオ)、「ダークダックスワールドスタンダード」(TOKYO FM)はいずれも記録的長寿番組となったほか、1985年にはダークダックス、日本クラウン等の他の三菱グループ企業数社と共にレコード会社「メルダック」を設立している[注釈 5]。また、三菱電機中興の祖と呼ばれた元社長の進藤貞和はダークダックス後援会の会長も務めていた。
  • ラジオでは他にアール・エフ・ラジオ日本ダークダックスのダークと歌う仲間達」(横浜高島屋協賛)も40年以上続く長寿番組として知られている。
  • NHK紅白歌合戦において、初のグループによる出場歌手である。
  • 小林亜星とは大学時代の先輩・後輩の間柄であり、現在においても楽曲の書き下ろしや、リサイタル会場にスタンド花が届けられるほどの親密な関係にある。小林と記念樹事件で争った服部克久はダークにとって45年来の親友であり盟友の間柄にある。
  • 中国名は「黒鴨子」(ヘイヤーヅ)小合唱団という。
  • 代表曲に山の歌が多いせいか、メンバー全員スキーが趣味[注釈 6]中田喜直をスキー好きにさせたのも、彼らが中田にスキー道具をプレゼントしたからである。
  • 象印マホービンの主力商品「押すだけポットぞうさん」のイメージキャラクターに起用されたことがある。このテレビCMの主役は、商品名がズバリ「ぞうさん」だったことから、「ダークのゾウさん」である遠山が演じた。
  • ゾウさんこと遠山は、1984年1月 - 3月に日本テレビ系で放映されていたドラマ「パパになりたかった犬」にて、マスティフ犬・ヨサクの声を担当した。
  • 飲み屋などでダークになるという表現[注釈 7]のダークとはダークダックスに由来する。

出演編集

映画
テレビ
ラジオ

CM編集

NHK紅白歌合戦出場歴編集

年度/放送回 曲目 対戦相手
1958年(昭和33年)/第9回 ともしび ヴォーカル・トリオ
1959年(昭和34年)/第10回 雪山賛歌
1960年(昭和35年)/第11回 すずらん 有明ユリ
小割まさ江
沢たまき
高美アリサ
1961年(昭和36年)/第12回 北上夜曲 ザ・ピーナッツ
1962年(昭和37年)/第13回 山男の歌
1963年(昭和38年)/第14回 カリンカ スリー・グレイセス
1964年(昭和39年)/第15回 アンジェリータ 雪村いづみ
1965年(昭和40年)/第16回 エーデルワイス 梓みちよ
1966年(昭和41年)/第17回 銀色の道 日野てる子
1967年(昭和42年)/第18回 すばらしい明日 西田佐知子
1968年(昭和43年)/第19回 ラ・ゴロンドリーナ 中尾ミエ
1969年(昭和44年)/第20回 あんな娘がいいな
1970年(昭和45年)/第21回 ドンパン節 ピンキーとキラーズ
1971年(昭和46年)/第22回 雪の賛歌メドレー トワ・エ・モワ
1976年(昭和51年)/第27回 二十二歳まで 由紀さおり

ダークダックス館林音楽館編集

 
ダークダックス館林音楽館

茂林寺の東側に2008年4月12日にオープン。特定非営利活動法人「ダークダックス館林音楽館」が全国から約4000万円の寄付を集めて建設した。メンバーが使用していた楽譜、演奏会のポスター、レコードジャケット、メンバーの写真などが保存・展示されている。月に1回メンバーが訪れ、歌唱指導やトーク活動を行っている。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 東京発モスクワ行き第1便は「招待客70人・一般乗客20人」[7]の合計「乗客103人」[8][9]。招待客には、ダークのほか、1925(大正14)年に日本人初のシベリア上空横断飛行に成功した安辺浩[10]、歌手の石井好子[11]ザ・ピーナッツ[7]らもいた。国会会期中につき国会議員の招待は無し[7]。招待客一行の団長は安西正夫昭和電工社長(当時)[9]。モスクワ・レニングラードソチを訪問した[11]
  2. ^ 1973年の第2回東京音楽祭では、国内大会(4月21日(土))と世界大会(4月29日(日、天皇誕生日))との間の1週間を「東京音楽祭ウィーク」と銘打って、国内大会翌日の22日(日)を除き、国内外の優れた演奏家によるコンサートが連日開催された。ダーク・デューク・ボニーによるコンサート「ビッグ3夢の競演」は、4月23日(月)午後7時より東京郵便貯金会館で開催[13]
  3. ^ 1986年3月3日-12日、会場は東京・新宿のシアターアプル。単独公演はボニーが3‐5日、ダークが6‐8日、デュークが9‐11日。12日が三者合同のステージ「スペシャル・ナイト」[14]。2月26日の新聞記事が出た時点で、最終日の切符は既に完売であった。
  4. ^ 立ち位置は向かって左→右(下手から上手)へ、高音→低音となっている。
  5. ^ 設立時ダークは全員非常勤取締役に就任した。その後、紆余曲折を経て徳間ジャパンコミュニケーションズ へ譲渡され、現在は1レーベルとして存続している。
  6. ^ マンガこと佐々木は山好きが高じて、蓼科高原でペンション「アドリブ」の管理人もしていた。
  7. ^ 立ち食い・立ち飲み式のカウンターで斜めに立ち、より多くの客がカウンターに立てるようにすること。転じて少し奥に詰めること。

出典編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.505
  2. ^ 音楽之友社二十五年のあゆみ
  3. ^ 1960年公演は6月(朝日新聞(夕刊)1977年6月27日・第7面「ソ連に強いダークダックス」)。
  4. ^ 1972年7-8月のソ連公演旅行を報じた読売新聞(夕刊)1972年7月17日・第9面「ダークがまたソ連へ」によると、「ダークダックスの訪ソは昭和三十五(=西暦1960)、三十七(=西暦1962)年に続いて三回目、十年ぶり」。
  5. ^ 1977年公演は6月。朝日新聞(夕刊)1977年6月15日「うけたロシア民謡 ソ連公演のダーク」、朝日新聞(夕刊)1977年6月27日・第7面「ソ連に強いダークダックス」で確認可能。尚、後者の朝日夕刊記事によると「今度(=1977年公演)は五回目」。
  6. ^ 概要は「トラベルウォッチ・インプレス」の記事[1]、又は当時の主要各紙の記事を参照。最初は週1往復で、初代機は全116席のTu(ツポレフ)-114型機。片道運賃はエコノミーが193,900円、ファーストクラスが315,000円であった(日本航空の広告(1967年4月2日「読売新聞」第2面))。
  7. ^ a b c 日本経済新聞(夕刊)1967年4月20日・第11面「こんどはモスクワへ 一番機出発」。
  8. ^ 朝日新聞(夕刊)1967年4月20日・第10面「モスクワへ出発 日ソ航空路 東京から第一便」。
  9. ^ a b 毎日新聞(夕刊)1967年4月20日・第1面「モスクワ行き一番機出発」。
  10. ^ 朝日新聞・1967年4月19日・第15面「42年ぶりシベリアの空」。
  11. ^ a b 朝日新聞(夕刊)1967年4月27日・第10面「空から訪問したソ連」。
  12. ^ 朝日新聞(夕刊)1967年4月20日・第10面「モスクワへ出発 日ソ航空路 東京から第一便」、毎日新聞(夕刊)1967年4月20日・第1面「モスクワ行き一番機出発」、日本経済新聞(夕刊)1967年4月20日・第11面「こんどはモスクワへ 一番機出発」、及び『今日のソ連邦』1972年10月15日号(同年第20号)(在日ソ連大使館広報部発行)、p.44-45「10年ぶりのダーク・ダックス」(文・岡田よし子)などで確認可能。
  13. ^ 読売新聞・1973年4月5日・第13面「スポット 東京音楽祭に記念コンサート」、朝日新聞(夕刊)1973年4月20日「初来日組も加え多彩に 21日~29日 東京音楽祭」。
  14. ^ 朝日新聞(東京本社版・夕刊)1986年2月26日・第15面「三グループ、声をそろえて ザッツ・ハーモニー」。
  15. ^ a b ダークダックスの「パクさん」高見沢宏氏死去、77歳 - MSN産経ニュース
  16. ^ 『NHK文化講演会15』所収「人生みな恩人」p.200(日本放送出版協会、1987年)
  17. ^ a b “訃報 佐々木行さん84歳=「ダークダックス」メンバー”. 毎日新聞. (2016年6月21日). http://mainichi.jp/articles/20160622/k00/00m/040/108000c 2016年6月21日閲覧。 
  18. ^ 2011年3月29日放送「ありがとう!ダークダックス」(NHK-BS2)にて
  19. ^ “「ダークダックスの「マンガさん」佐々木行さんが死去”. 産経新聞. (2016年6月21日). http://www.sankei.com/entertainments/news/160621/ent1606210015-n1.html 2016年6月21日閲覧。 
  20. ^ “「ダークダックスのゲタさん」喜早哲さん、85歳で3月末に死去”. スポーツ報知. (2016年4月4日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160404-OHT1T50027.html 2016年4月4日閲覧。 
  21. ^ 悲しいゲタさんとの別れ・・ ペギー葉山のブログです。2016年4月3日閲覧
  22. ^ NPO法人 放送批評懇談会 第14回 ギャラクシー賞 受賞作品

関連項目編集

外部リンク編集