メインメニューを開く

ダーティー・ダズン・ブラス・バンド

ダーティー・ダズン・ブラス・バンド (Dirty Dozen Brass Band)は、米国ルイジアナ州ニューオーリンズブラスバンド1977年に結成され、1984年コンコード・レコードよりデビュー。メンバーを入れ替えながら、今日も活躍中。ニューオーリンズ・スタイルのブラスバンドとしては、最も人気のあるグループのひとつである。伝統的なブラスバンドの雰囲気を残しつつも、ファンク、ソウルなど新しい音楽の要素を取り入れた音楽性は、その後のブラスバンドに大きな影響を与えた。

ダーティー・ダズン・ブラス・バンド
DirtyDozenBrassBand.jpg
基本情報
出身地 米国ルイジアナ州ニューオーリンズ
ジャンル ジャズ
R&B
活動期間 1977年
レーベル コンコード・レコード
ラウンダー・レコード
コロムビア・レコード
ローパドープ・レコード
公式サイト http://www.dirtydozenbrass.com/
メンバー グレゴリー・デイヴィス (tp.)
ケヴィン・ハリス (t. sax)
ロジャー・ルイス (b. & s. sax)
カーク・ジョセフ (sousaphone)
TJ・ノリス(tb)
ジュリアン・アディソン(Dr)
タケシ・シンムラ(gt)
旧メンバー


チャールズ・ジョセフ (tb.)
ベニー・ジョーンズ (bass dr.)
ライオネル・バティスト(bass dr.)
ジェネル・マーシャル (snare dr.)
キース・アンダーソン(sousaphone)
リチャード・ノックス(key)
テレンス・ヒギンズ (ds.)
ジャモール・ワトソン(ds.)
ビッグ・サム・ウィリアムス(tb)
ジェイミー・マクレーン(gt)
ジェイク・エッカード (gt.)
ジュリアス・マッキー (sousaphone)
カイル・ルセール(key)
レバート・アンドリューズ (tb.)

エフレム・タウンズ (tp., flugelhorn)

来歴編集

1977年トルネード・ブラスバンドのメンバーだったグレゴリー・デイヴィス (トランペット)、カーク・ジョセフ (スーザフォン)、チャールズ・ジョセフ (トロンボーン)、ケヴィン・ハリス (サクソフォン)の4人に、エフレム・タウンズ (トランペット)、ロジャー・ルイス (サクソフォン)、ベニー・ジョーンズ (バスドラム)、ジェネル・マーシャル (スネアドラム)が合流して結成される。

1984年、コンコード・レコードよりアルバム「My Feet Can't Fail Me Now」でデビュー。1987年にはコロムビア・レコードへ移籍し、アルバム「Voodoo」をリリース。同作には、ディジー・ガレスピードクター・ジョンブランフォード・マルサリスといったゲストが参加した。続く「The New Orleans Album」(1989年)にはエルヴィス・コステロらが参加し、バンド側も同時期にエルヴィス・コステロのアルバム「Spike」に参加。

1991年、オリジナル・メンバーのカーク・ジョセフとチャールズ・ジョセフがバンドを脱退する。バンドはカークのスーザフォンの後任として、スーザフォン・プレイヤーを入れると同時にエレキベース奏者を加えた。1993年には、ベースドラムのベニー・ジョーンズも脱退した。後任にライオネル・バティストが加わるものの、彼も翌年にはバンドをやめてしまう。バンドは、ベースドラムのプレイヤーを補充し、新たにドラムセットを叩くドラマーを加えた。続いてギター、キーボードも加わり、ストリード・パレードをするブラスバンドのスタイルから離れ、通常のバンド・スタイルとなっていく。その後もバンドとしては活動を続けているが、一般に知られるバンド形態に近づいたことと、当初のメンバーが減ったことにより、結成当初の“ニューオリンズ・ブラスバンド固有のサウンド”は薄まってきている。

2000年、ロック・グループのワイドスプレッド・パニックと組み、アルバム「Another Joyous Occasion」をリリース。この組み合わせで2004年には「Night Of Joy」をリリースしている。

2004年、その年に亡くなったニューオーリンズのチューバ奏者、チューバ・ファッツに捧げた「A Funeral For A Friend」をリリースした。2006年には、ハリケーン・カトリーナ1周年の日にあわせて、アルバム「What's Going On」をリリース。これはマーヴィン・ゲイの名作アルバム「What's Going On」を彼ら流に解釈したもので、ブッシュ政権の政策に対する疑問を投げ掛けるものとなっている。

ディスコグラフィー編集

  • 1984年 「My Feet Can't Fail Me Now」(Concord Jazz)
  • 1985年 「Live: Mardi Gras in Montreux」(Rounder)
  • 1987年 「Voodoo」(Columbia)
  • 1989年 「The New Orleans Album」(Columbia)
  • 1991年 「Open Up: Whatcha Gonna Do for the Rest of Your Life?」(Columbia)
  • 1992年 「Jelly」(Columbia)
  • 1999年 「Buck Jump」(Mammoth)
  • 2002年 「Medicated Magic」(Rope-a-Dope)
  • 2004年 「We Got Robbed: Live in New Orleans」(Ryko)
  • 2004年 「Funeral for a Friend」(Rope-a-Dope)
  • 2006年 「What's Goin' On」(Shout! Factory)

外部リンク編集