メインメニューを開く

チアガール VS テキサスコップ』(原題:Man of the House)は、2005年制作のアメリカ合衆国コメディ映画スティーヴン・ヘレク監督、トミー・リー・ジョーンズ主演兼・製作総指揮。日本では劇場未公開。

チアガール VS テキサスコップ
Man of the House
監督 スティーヴン・ヘレク
脚本 ロバート・ラムゼイ
マシュー・ストーン
ジョン・J・マクローリン
製作 トッド・ガーナー
スティーヴン・ルーサー
アリン・スチュワート
製作総指揮 デレク・ドーチー
マーティ・P・ユーイング
トミー・リー・ジョーンズ
出演者 トミー・リー・ジョーンズ
音楽 デヴィッド・ニューマン
撮影 ピーター・メンジース・ジュニア
編集 クリス・レベンゾン
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年2月25日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $19,699,706[2]
世界の旗 $21,577,624[2]
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

舞台はテキサス州オースティン。組織犯罪の重要な証人が何者かに殺された。そして、その現場を地元の大学でチアリーダーをしているアン、エヴィー、ヘザー、バーブ、テレサの5人の女子大生が目撃していた。5人が口封じのために命を狙われる恐れがあることから、当局は屈強なテキサス・レンジャーのローランド・シャープを護衛につかせることにする。

シャープは大学の女子寮で彼女たちと共同生活をすることになるが、そこは厳格な中年男と若くて自由奔放な女子大生、当然ジェネレーション・ギャップは深く、ことあるごとに衝突する。しかしやがて、両者の間には、シャープと大学の英文学教授モリー・マッカーシーとの交際をきっかけに、次第に信頼感が芽生えていく。だが、殺人犯の魔の手が徐々に彼女たちに忍び寄っていた…。

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集