メインメニューを開く

チェイサー』(原題:추격자)は、2008年公開の韓国映画韓国ではR-18日本ではR-15指定。

チェイサー
추격자
監督 ナ・ホンジン
脚本 ナ・ホンジン
製作 キム・スジン
ユン・インボム
製作総指揮 チョン・ウィソク
キム・ソニョン
チョン・スング
出演者 キム・ユンソク
ハ・ジョンウ
ソ・ヨンヒ
音楽 キム・ジュンソク
チェ・ヨンナク
撮影 イ・ソンジェ[要曖昧さ回避]
編集 キム・ソンミン
配給 大韓民国の旗 ショーボックス
日本の旗 クロック・ワークス
アスミック・エース
公開 大韓民国の旗 2008年2月14日
日本の旗 2009年5月1日
上映時間 125分
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
テンプレートを表示
チェイサー
各種表記
ハングル 추격자
漢字 追撃者
発音 チュギョクチャ
英題 The Chaser
(Chugyeokja)[1]

目次

概要編集

ナ・ホンジン監督の長編デビュー作品。2004年韓国で起こった、ユ・ヨンチョルによる連続殺人事件をベースとしている。また、同年イラクで起こった人質事件の影響も受けているとのこと[2]

韓国では観客動員数が500万人を超えるヒット作となり、2008年大鐘賞(韓国のアカデミー賞)主要6部門の他、大韓民国映画大賞を受賞した。第61回カンヌ国際映画祭の特別招待作品である。ワーナー・ブラザース映画レオナルド・ディカプリオリメイク権を獲得している[3]

あらすじ編集

元刑事のオム・ジュンホ(キム・ユンソク)が経営するデリバリーヘルスで、ヘルス嬢が次々と失踪するという事件が起きる。ジュンホは彼女たちに渡した高額な手付金を取り戻すため捜索を開始する。 やがて、出勤したキム・ミジン(ソ・ヨンヒ)の客の電話番号が、それまでに失踪した嬢たちが最後に仕事をした相手と一致していることが発覚。ジュンホは単身、男の自宅へ向かっているというミジンのもとへ急ぐ。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

スタッフ編集

  • 監督:ナ・ホンジン
  • プロデューサー:キム・スジン、ユン・インボム
  • エグゼクティブ・プロデューサー:チョン・ウィソク、キム・ソニョン、チョン・スング
  • 脚本:ナ・ホンジン
  • 撮影:イ・ソンジェ
  • 音楽:キム・ジュンソクチェ・ヨンナク
  • 美術:イ・ミンボク
  • 衣装:チェ・ギョンファ
  • 編集:キム・ソンミン
  • 録音:キム・シニョン
  • 照明:イ・チョロ
  • ライン・プロデューサー:チェ・ムンス

受賞歴編集

  • 第45回大鐘賞:最優秀作品賞
  • 第45回大鐘賞:監督賞(ナ・ホンジン
  • 第45回大鐘賞:主演男優賞(キム・ユンソク
  • 第45回大鐘賞:人気男優賞(キム・ユンソク)
  • 第45回大鐘賞:企画賞(キム・スジン、ユン・インボム)
  • 第45回大鐘賞:撮影賞(イ・ソンジェ)
  • 第29回青龍映画賞:主演男優賞(キム・ユンソク)
  • 第44回百想芸術大賞:大賞
  • 第44回百想芸術大賞:新人監督賞(ナ・ホンジン)
  • 大韓民国映画大賞:作品賞
  • 大韓民国映画大賞:監督賞(ナ・ホンジン)
  • 大韓民国映画大賞:新人監督賞(ナ・ホンジン)
  • 大韓民国映画大賞:脚本・脚色賞(ナ・ホンジン)
  • 大韓民国映画大賞:主演男優賞(キム・ユンソク)
  • 大韓民国映画大賞:編集賞(キム・ソンミン)
  • 大韓民国映画大賞:照明賞(イ・チョロ)
  • 第9回釜山映画評論家協会賞:監督賞(ナ・ホンジン)
  • 第9回釜山映画評論家協会賞:主演男優賞(キム・ユンソク)
  • 第17回釜日映画賞:最優秀監督賞(ナ・ホンジン)
  • 第17回釜日映画賞:主演男優賞(キム・ユンソク)
  • 第17回釜日映画賞:編集賞(キム・ソンミン)
  • 第17回釜日映画賞:釜日読者審査団賞
  • 第16回椿事映画賞:新人監督賞(ナ・ホンジン)
  • 第16回椿事映画賞:脚本賞(ナ・ホンジン)
  • 第16回椿事映画賞:技術賞(チョ・テヨン)
  • 第31回黄金撮影賞:新人監督賞(ナ・ホンジン)
  • 第31回黄金撮影賞:最優秀男優演技賞(ハ・ジョンウ
  • CINE21映画賞:今年の新人監督賞(ナ・ホンジン)
  • CINE21映画賞:今年のシナリオ賞(ナ・ホンジン)
  • CINE21映画賞:今年の男優賞(ハ・ジョンウ)
  • CINE21映画賞:今年の製作者賞(キム・スジン)
  • 第6回マックスムービー最高の映画賞:最高の作品賞
  • 第6回マックスムービー最高の映画賞:最高の監督賞(ナ・ホンジン)

脚注編集

外部リンク編集