チェスター・トンプソン

チェスター・トンプソンChester Thompson1948年12月11日 - )は、アメリカのミュージシャンである。主にドラマー、パーカッショニスト、セッション・ミュージシャン、音楽プロデューサー、そして教師を務めている。トンプソンは、1973年から1975年までフランク・ザッパマザーズ・オブ・インヴェンション、1977年から1992年までと2007年にプログレッシブ・ロック・バンドのジェネシスと協力したことでおそらく最もよく知られている[1]。現在は2011年に結成された自身のジャズ・グループ、チェスター・トンプソン・トリオのメンバーを務めている。

チェスター・トンプソン
Chester Thompson
2157 - Pittsburgh - Mellon Arena - Genesis - Drum Duet (Chester Thompson crop).JPG
チェスター・トンプソン(2007年)
基本情報
出生名 Chester Cortez Thompson
生誕 (1948-12-11) 1948年12月11日(72歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 メリーランド州ボルチモア
ジャンル ジャズプログレッシブ・ロックポップ・ロックフュージョン
職業 ミュージシャン、音楽プロデューサー、教師
担当楽器 ドラム、パーカッション、ピアノ、キーボード
活動期間 1970年 -
共同作業者 オドネル・リーヴィフランク・ザッパ/マザーズ・オブ・インヴェンションウェザー・リポートジェネシススティーヴ・ハケットフィル・コリンズサンタナビージーズ、ロン・ケノリー、eRa、チェスター・トンプソン・トリオ
公式サイト www.chesterthompson.com

生い立ち編集

トンプソンは1948年12月11日にメリーランド州ボルチモアで生まれた。彼には鼓笛隊で演奏していた兄がいる[2][3]。小学校で、彼はフルートを演奏し、楽譜を読むことを学んだ[4][3]。11歳のとき、トンプソンはドラムを選び、プロのジャズ・ドラマーであるジェームズ・ハリソンからレッスンを受け、そこから基礎を学んだ[5][4]。トンプソンは、ジャズ・ミュージシャンのマイルス・デイヴィスマックス・ローチアート・ブレイキーのアルバムに合わせて一緒に演奏することで練習を行った。そこから、ドラマーであるエルヴィン・ジョーンズのレコードの研究へと移った。エルヴィン・ジョーンズは、トニー・ウィリアムスとともにトンプソンにとって主要な音楽的影響力であったとして引用している[3][2]。高校在学中、ワシントン・ナショナル交響楽団のドラマー兼パーカッショニストであったトニー・エイムズから1学期みっちり個人的に学んだ[5]。トンプソンの実践は、全米ルーディメンタル・ドラマー協会が発行した本を使用してドラムの基本をマスターすることに焦点を当てていた[3]。2年後に地元の会場にて初めてのライブ・ギグで演奏をし始めた。まだ未成年だったトンプソンは、「クラブのオーナーが私がそこで演奏することに心配していたので」、眉ペンシルを使って上唇に口ひげを生やした[4]。彼は週に3回ものジャム・セッションを行っていた[3]

キャリア編集

1970年–1976年: 初期のバンド編集

最初の主な仕事の中には、主にカナダ全土にわたる、歌手のベン・E・キングとの短いツアーがあった[4][2]。1970年、彼はオルガン奏者のジャック・マクダフと共演[2][3]し、その後、他の地元のグループとギグをした後、1971年にボルチモアへと戻り、ボルチモア郡のコミュニティ・カレッジで学んだ。トンプソンはフルートを含めて2年間そこで学び、レック・センターでバスケットボール・チームを指導した[5]。彼はソウル・アーティストの訪問をサポートするクラブでハウス・バンドの一部として演奏した[2]

トンプソンはセッション・ドラマーとしての評判を築き上げていった。彼の最初のバンドの1つは、Doc "Soul Stirrer" Young and The We Four Trioであった。1970年代初頭以来、トンプソンはファウラー兄弟を中心としたジャズ・ロック・バンドのエア・ポケットで演奏してきた[4]

1973年から1975年まで、トンプソンはフランク・ザッパと彼のバンド、マザーズ・オブ・インヴェンションのメンバーとしてツアーとレコーディングを行った[3]。同じくボルチモア出身のツアー・マネージャー、マーティ・ペレリスの友人であり、ザッパが彼のグループで2人のドラマーを使いたいという希望を知った後、ロサンゼルスでオーディションを受けた[4]。トンプソンは、オーディションで彼が休むことなくしっかりとバンドとジャムをしたことを覚えている[6]。「私たちは、さまざまな種類の感触や溝に出入りしました」と彼は思い出す。ジャムの後、ザッパはトンプソンと一緒にギグをしたいと言った。ザッパ・バンドでの彼の時間は、ツアー前に4〜6週間にわたって毎週40時間もの練習を伴う、リーダーの「信じられないほど難しい音楽」のために挑戦的なものであった[2]。トンプソンは、『ロキシー・ライヴ / ロキシー&エルスウェア』(1974年)、『ワン・サイズ・フィッツ・オール』(1975年)、『スタジオ・タン』(1969年、1974年–1976年録音、1978年発表)、『スリープ・ダート』(1974年、1976年年録音、1979年発表)、『オン・ステージ Vol.2』(1974年録音、1988年発表)といったザッパのアルバムで演奏している。

1975年、彼はオーストラリア・ツアーの直前にフランク・ザッパに解雇された。トンプソンは、ジャズ・ロック・バンドのウェザー・リポートに参加することとなった。ドラマーのレオン・ンドゥグ・チャンクラーが脱退し、アルバム『テイル・スピニン (幻祭夜話)』(1975年)が完成した後のことである[2]。バンドのベーシストであったアルフォンソ・ジョンソンが一緒にジャムするよう誘い、それが成功した形だった。トンプソンはグループの大ファンだったので、バンドでの時間を「メジャー・ノックアウト」として覚えている[2]。トンプソンはアルバム『ブラック・マーケット』(1976年)のためにバンドにとどまり、それから脱退した[2]

ウェザー・リポート脱退後、トンプソンはロサンゼルスでレコーディング・セッションを行い、ミュージカル『ザ・ウィズ』のサンフランシスコ・ブロードウェイ・シアター・プロダクションの一員として演奏した[5][4]。彼は友人のロイ・マッカーディからギグに推薦され、そこでミュージカルに出演していた将来の妻と出会った[3]。彼はまた、ポインター・シスターズのライブ・バンドのメンバーとしてツアーを行い、トンプソンをバンドに参加させることに関心を示したサンタナとリハーサルを行った[3]

1976年–1992年、2007年: ジェネシス編集

 
ジェネシスでのトンプソン(1981年)

サンタナのリハーサルからわずか2週間後、トンプソンはジェネシスのドラマーで歌手のフィル・コリンズに招かれ、当時のドラマーであったビル・ブルーフォードの発展的な離脱に伴い、ツアー・ドラマーとしてバンドに参加した[4]。コリンズはアメリカ人のドラマーを選ぶことを望み、トンプソンがドラマーのラルフ・ハンフリーと一緒に演奏することを特徴とするザッパのライブ・アルバム『ロキシー・ライヴ / ロキシー&エルスウェア』(1974年)で、トンプソンが演奏するのを聴いていた[6]。トンプソンはベーシストのアルフォンソ・ジョンソンからジェネシスの音楽について聞いていたので、1976年11月にバンドへの参加を決め、アルバム『静寂の嵐』(1976年)をサポートするツアーへの参加に同意した[4]。「リハーサルの初日、みんながギアをセットアップしているときにジャミングを始めたんだ。ただただそれを目指していた」[6]。トンプソンは「Afterglow」のドラムパートを見せられ、最初はその素直なビートを演奏するのに苦労した。

1976年から2007年まで、トンプソンはジェネシスのツアー・ドラマーとして演奏した[7]。トンプソンは、ライブ・アルバム『眩惑のスーパー・ライヴ』(1977年)、『スリー・サイズ・ライヴ』(1982年)、『もうひとつのジェネシス:ライヴ』(1992年)、『もうひとつのジェネシス:ライヴ後編』(1993年)、『ライヴ・オーヴァー・ヨーロッパ 2007』(2007年)でフィーチャーされている。

1992年のツアーの後、トンプソンは家族とより多くの時間を過ごすためにツアー・ドラマーを辞任した[2]。彼はジェネシスのベーシスト/ギタリストのマイク・ラザフォードと、彼らの最終スタジオ・アルバムである『コーリング・オール・ステーションズ』(1997年)でドラムを演奏する可能性について話した。コリンズがバンドを脱退したため、トンプソンは単なるサイドマンではなく、バンドのフルタイム・メンバーになりたいと思っていた。しかし、この時にジェネシスはトンプソンなしでアルバムとツアーを続けた。そのような経緯がありながらも、2007年に「turn it on again : the tour」と呼ばれるツアーのためにトンプソンは戻ってきた[2]。ちなみにトンプソンは1999年のコリンズの結婚式で、即席のジャムを演奏している[2]

1977年–現在: その後のキャリア編集

トンプソンは、フィル・コリンズのソロ・コンサート・ツアーのドラマーとしてバンドに加わり、1982年-1983年に「Hello, I Must Be Going! tour」、1985年に「No Jacket Required tour」、1990年に「...But Seriously tour」、1999年の「The Tarzan Premiere tour」、2004年-2005年の「The Final Farewell tour」にてドラムを演奏した。また、コリンズのライブ・アルバム&DVD『シリアス・ヒッツ』にも登場している[8]

1986年、トンプソンは「The Next Time I Fall」という曲でドラムを演奏した。この曲はピーター・セテラエイミー・グラントによるソフト・ロックのデュエットで、Billboard Hot 100チャートで1位を獲得した。

1988年、トンプソンは元ボスであるフランク・ザッパから、亡くなる前の最後のコンサート・ツアーでドラムを演奏するよう招待された。しかし、トンプソンはこの申し出を断った。この時までに、トンプソンは敬虔なキリスト教徒となっており、ザッパの反宗教的な感情と歌詞は彼自身の宗教的信念と矛盾しているからだと述べた[6]

1989年、トンプソンはビージーズのアルバム『ONE』(1989年)をサポートする「One for All World Tour」(1989年4月10日-12月7日)のドラマーとして参加した。後にミネソタ州セントポールでマイケル・マーフィーに取って代わられた。

トンプソンは、ジェネシスの他のメンバーとのソロ・プロジェクトでの作業を続けた。トンプソンはスティーヴ・ハケットのアルバム『プリーズ・ドント・タッチ』(1978年)、『ジェネシス・リヴィジテッド(新約創世記)』(1996年)でも演奏している。その後、彼はトニー・バンクスのソロ・アルバム『キュアリアス・フィーリング』(1979年)で演奏した。彼はまた、ジョン・ウェットンイアン・マクドナルド、ジュリアン・コルベックをフィーチャーした、1998年リリースのスティーヴ・ハケットのライブ・アルバム『TOKYOテープス〜ジェネシス・リヴィジテッド・ライヴ1996』にも参加している。

彼はまた、ブランドXのギタリストであるジョン・グッドサルとベーシストのダグ・ランと共にバンド、ファイヤー・マーチャンツの創設メンバーを務め、1989年に最初のセルフタイトル・アルバムに参加した。トンプソンは1984年にサンタナでドラムを演奏し、キーボードのチェスター・D・トンプソン(同名異人)と共にアルバム『ビヨンド・アピアランス』にクレジットされている。

1992年、トンプソンと彼の家族は、有名なドラマーのラリー・ロンディンの葬式に出席するために訪れたときにその地域が気に入り、テネシー州ナッシュビルに移転した[9]。それ以来、彼はこの地域のさまざまなアーティストのセッションで、主にジャズ、ポップ、クリスチャン・ミュージックを演奏してきた[2]

1995年、元ジェネシスのギタリストであるスティーヴ・ハケットは、トンプソンをジェネシス・プロジェクトのアルバムの『ジェネシス・リヴィジテッド(新約創世記)』で演奏するよう招いた。トンプソンは最初にディスカッションされたように全曲で演奏することには自信がなく、「私たち2人が元ジェネシスの人というような存在で、アルバム全体を演奏するにはあまりにも変なことだと思った」と述べた[2]。代わりに、ハケットは追加のミュージシャンを連れてきて、トンプソンは3曲のみで演奏した。

1990年代後半、トンプソンはジャズ・ギタリストのデニー・ジオサと一緒にツアーを始めた[2]。1999年に、彼は自身最初のソロ・アルバム『ジョイフル・ノイズ』をリリースした[2]。2001年、トンプソンは歌手でありワーシップ・リーダーであるロン・ケノリーと一緒に韓国をツアーした。2002年1月、トンプソンはコリンズのリトル・ドリームス財団によるデビュー・チャリティ・ギグに出演した[2]

トンプソンは1998年からナッシュビルのベルモント大学でドラムを教えており[2]、一方で、大学で作曲とアレンジのクラスを受講した。2008年、彼は学位を取得することから「2クラス離れた」[6]。彼は音楽学校の非常勤講師を務めている。

2008年、トンプソンは第32回パーカッシブ・アーツ・ソサイエティ国際大会(PASIC)で生涯功労賞を受賞した[10]

2011年、トンプソンはピアニストのジョー・ダヴィディアンとベーシストのマイク・リンとともに、自身のジャズ・グループであるチェスター・トンプソン・トリオを結成した。彼らは当初、ナッシュビル・トロンボーン・フェスティバルのリズム・セクションの一部として一緒に演奏し、その後、コモドール・ラウンジで1年以上毎週演奏していた。『Approved』(2013年)と『Simpler Times』(2015年)という2枚のアルバムをリリースしている[11]

使用楽器編集

トンプソンは、ラディック・ドラム(1970年-1977年3月)、パール・ドラム(1977年4月-1987年7月)、ソナー・ドラム(1990年-1999年)、パイステ・シンバル(1970年-1990年)を使用楽器として承認した。彼は2000年からDWドラム、1990年からセイビアン・シンバルを支持している。彼はレモ・ドラムヘッド、マイネル・パーカッション、ジブラルタル・ラックを使用し、独自のリーガルチップ・チェスター・トンプソン・シグネチャー・ドラムスティックを持っている。

私生活編集

1980年、トンプソンはクリスチャンになった。1976年にミュージカル『ザ・ウィズ』で演奏していたとき、初めて出会った妻と結婚した[3]。彼らには一人息子がいる[12]

ディスコグラフィ編集

ソロ・アルバム編集

  • 『ジョイフル・ノイズ』 - A Joyful Noise (1991年)
  • Steppin' (2019年)

チェスター・トンプソン・トリオ編集

  • Approved (2013年)
  • Simpler Times (2015年)

参加アルバム編集

オドネル・リーヴィ

  • 『ブラック・ヴェルヴェット』 - Black Velvet (1971年)
  • 『ブリーディング・オブ・マインド』 - Breeding of Mind (1972年)
  • 『ドーン・オブ・ア・ニュー・デイ』 - Dawn of a New Day (1973年)
  • Hands of Fire (1974年) ※コンピレーション

フランク・ザッパ/マザーズ・オブ・インヴェンション

エア・ポケット

  • 『フライ・オン』 - Fly On (1975年)
  • Hunter (1985年)
  • Breakfast for Dinosaurs (1988年)

アルフォンソ・ジョンソン

  • 『幻想夢譚』 - Yesterday's Dreams (1976年)

ウェザー・リポート

カルデラ

  • 『スカイ・アイランド』 - Sky Islands (1977年)

ジェネシス

フローラ・プリム

  • 『エヴリデイ、エヴリナイト』 - Everyday, Everynight (1978年)

スティーヴ・ハケット

トニー・バンクス

  • 『キュアリアス・フィーリング』 - A Curious Feeling (1979年)

リンダ・クリフォード

  • 『明日に架ける橋』 - Let Me Be Your Woman (1979年)

フレディ・ハバード

  • 『ラブ・コネクション』 - The Love Connection (1979年)

リロイ・ハトソン

  • 『アンフォゲッタブル』 - Unforgettable (1979年)

デヴィッド・プリッチャード

  • 『シティ・ドリームス』 - City Dreams (1979年)

ブレンダ・ハロウェイ

  • Brand New! (1980年)

アーマッド・ジャマル

  • 『ナイト・ソング』 - Night Song (1980年)

松本英彦

  • 『風紀行』 - Prediction (1980年)

ハイ・イナジー

  • High Inergy (1981年)

三木敏悟 & インナー・ギャラクシー・アメリカ

  • 『ミスティック・ソーラー・ダンス』 - Mystic Solar Dance (1981年)

ジョニー・リトル/アルバート・デイリー/チェスター・トンプソン

  • I Giganti Del Jazz Vol. 93 (1982年)

ステファーノ・サバティーニ

  • Sabatini (1982年)

ミシェル・コロンビエ

  • 『オールド・フール・バック・オン・アース』 - Old Fool Back on Earth (1983年)

サンタナ

  • 『ビヨンド・アピアランス』 - Beyond Appearances (rec. 1984年, rel. 1985年)

COSMOS & ゼアL.A.フレンズ

  • 『セッションV』 - Session V (1985年)

ファイヤー・マーチャンツ

  • 『ファイヤー・マーチャンツ』 - Fire Merchants (1989年)

フィル・コリンズ

  • 『シリアス・ヒッツ』 - Serious Hits... Live! (1990年)

クリス・カテナ

  • 『フリーク・アウト!』 - Freak Out (2004年)

脚注編集

  1. ^ Home”. ChesterThompson.com (2011年10月25日). 2017年3月24日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r Negrin, Dave (2002年2月10日). “Chester Thompson 2002 interview”. World of Genesis. 2018年6月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j King, Bill (2015年6月25日). “Chester Thompson - From the Zappa to Genesis”. Cashbox Magazine Canada. 2018年6月10日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i Alexander, Sue (December 1986). “The Chester Thompson interview”. Rhythm. http://thegenesisarchive.co.uk/rhythm-magazine-chester-thompson/ 2018年6月9日閲覧。. 
  5. ^ a b c d Hall, Stanley (January 1983). “Up for the challenge”. Modern Drummer 7 (1). http://thegenesisarchive.co.uk/modern-drummer-chester-thompson/ 2018年6月9日閲覧。. 
  6. ^ a b c d e Mover, Jonathan (January 2008). “Phil Collins & Chester Thompson turning it on again”. Drum Head: 26, 30, 32. http://thegenesisarchive.co.uk/drum-head-phil-and-chester-turning-it-on-again/ 2018年6月9日閲覧。. 
  7. ^ Kelman, John. “Genesis: The Movie Box 1981-2007”. All About Jazz. オリジナルの2012-10-23時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121023201651/http://www.allaboutjazz.com/php/article_print.php?id=34775 2010年6月1日閲覧。. 
  8. ^ Phil Collins. Not Dead Yet. London, England: Century Books. pp. 151/2, 203/4, 225, & 336. ISBN 978-1-780-89513-0. https://archive.org/details/notdeadyetautobi0000coll/page/151 
  9. ^ Malkin, Rick (2009年11月21日). “Studio Tour: At Home With Chester Thompson”. Drum!. 2018年6月9日閲覧。
  10. ^ Sabian honors three percussion icons at PASIC” (2008年1月1日). 2018年6月10日閲覧。
  11. ^ Chester Thompson Trio bio”. ChesterThompson.com (2013年1月). 2018年6月10日閲覧。
  12. ^ Rimmer, Mike (2000年4月1日). “Chester Thompson: A man making a joyful noise”. Cross Rhythms. 2018年6月9日閲覧。

外部リンク編集