チェスロヴァス・ユルシェーナス

チェスロヴァス・ユルシェーナスリトアニア語: Česlovas Juršėnas1938年5月18日 - )は、リトアニア政治家。元セイマス議長。

チェスロヴァス・ユルシェーナス
Česlovas Juršėnas
Česlovas Juršėnas.jpg
生年月日 (1938-05-18) 1938年5月18日(82歳)
出生地 Flag of Lithuania (1918–1940).svg リトアニア、パニジシュケ
出身校 ヴィリニュス大学(1966年)
所属政党 リトアニア社会民主党
称号 Order of Vytautas Commanders Grand Cross Ribbon.jpg ヴィータウタス大公大十字勲章(2004年)
配偶者 ヤドヴィーガ・ユルシェーニエネ

在任期間 2008年4月1日 - 2008年11月14日
テンプレートを表示

経歴編集

1955年イグナリナの中等学校を首席で卒業し、ヴィリニュス大学に入学した。1966年にヴィリニュス大学卒業。

1960年1964年、新聞社Tiesaに勤務。

1990年3月11日、リトアニア独立回復宣言の署名メンバーの一人となる[1]

現在までいくつかの書籍を執筆している[1]

2004年リトアニア大統領選挙に立候補するも、ヴァルダス・アダムクスに敗れている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Česlovas JURŠĖNAS. セイマスホームページ. 2011年4月12日閲覧.
議会
先代:
アルギルダス・ブラザウスカス
  リトアニア共和国セイマス議長
1993年1996年
次代:
ヴィータウタス・ランズベルギス
先代:
ヴィクトラス・ムンティアナス
  リトアニア共和国セイマス議長
2008年4月1日 – 2008年11月14日
次代:
アルーナス・ヴァリンスカス
党職
先代:
アルギルダス・ブラザウスカス
リトアニア民主労働党党首
1995年2001年
次代:
リトアニア社会民主党と合併)