チェット・ベイカー・シングス・アンド・プレイズ

チェット・ベイカーのアルバム

チェット・ベイカー・シングス・アンド・プレイズ』(Chet Baker Sings and Plays - With Bud Shank, Russ Freeman and Strings) は、ジャズトランペット奏者チェット・ベイカーバークレー・レコードのために1955年に録音し、パシフィック・ジャズ・レコードからリリースしたアルバム[1]。ベイカーの人気絶頂期に発表された代表作のひとつ[2]

チェット・ベイカー・シングス・アンド・プレイズ
チェット・ベイカースタジオ・アルバム
リリース
録音 1955年2月28日3月7日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州
ロサンゼルスハリウッド
キャピトル・スタジオ
ジャンル ジャズ
時間
レーベル パシフィック・ジャズPJ 1202
プロデュース リチャード・ボック
チェット・ベイカー アルバム 年表
Jazz at Ann Arbor
(1954年)
Chet Baker Sings and Plays
(1955年)
Chet Baker in Europe
(1955年)
テンプレートを表示

評価編集

専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
AllMusic     [3]
Tom HullA–[4]

オールミュージック (AllMusic) のマット・コラー (Matt Collar) は、「チェット・ベイカーの最初のボーカル・アルバム『チェット・ベイカー・シングスが人気を博したので、パシフィック・ジャズプロデューサーだったリチャード・ボック英語版は、これに乗じてこの若いスターの両面を利用したいと望んだ。そこで、トランペッターからボーカリストに転じたベイカーは、ピアニストのラス・フリーマン英語版をフィーチャーしたカルテットと、ベーシストのレッド・ミッチェルや、フルートのバド・シャンク英語版、その他の弦楽器奏者たちからなるセクステットをさらに拡張した編成の両方と一緒に、1955年にスタジオに入った。こうして録音された『チェット・ベイカー・シングス・アンド・プレイズ』は、ジャズの世界の昼間(マチネ)のアイドル、「50年代ウエストコーストクール」のアイコンとしての、ベイカーのイメージを確固たるものにする上で、一役買った。」と述べている[3]

トラックリスト編集

オリジナル盤LPでは、A面に5曲、B面に5曲が収録されていた[5]。2004年にアメリカ合衆国ヨーロッパでそれぞれ再発されたCDには、ボーナストラックとして、「レッツ・ゲット・ロスト」のEPバージョンが収録されたが、他の多くのCDにはボーナストラックの収録はない[6]

#タイトル作詞・作曲時間
1.レッツ・ゲット・ロスト / Let's Get Lostジミー・マクヒューフランク・レッサー
2.「ジス・イズ・オールウェイズ / This Is Always」ハリー・ウォーレン英語版マック・ゴードン英語版
3.ロング・アゴー・アンド・ファー・アウェイ / Long Ago (and Far Away)ジェローム・カーンアイラ・ガーシュウィン
4.サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー / Someone to Watch Over Meジョージ・ガーシュウィンアイラ・ガーシュウィン
5.ジャスト・フレンズ / Just Friendsジョン・クレナーサム・M・ルイス
6.「アイ・ウィッシュ・アイ・ニュー / I Wish I Knew」ハリー・ウォーレンマック・ゴードン
7.デイブレイク / Daybreakファーディ・グローフェハロルド・アダムソン英語版
8.ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ / You Don't Know What Love Isジーン・デ・ポール英語版ドン・レイ英語版
9.「グレイ・ディセンバー / Grey December」フランク・カンポ英語版
10.アイ・リメンバー・ユー / I Remember Youヴィクター・シャーツィンガー英語版ジョニー・マーサー
11.レッツ・ゲット・ロスト [EPバージョン]/ Let's Get Lost [EP Version] 一部CDのボーナストラックジミー・マクヒューフランク・レッサー

録音は、カリフォルニア州ロサンゼルスハリウッドキャピトル・スタジオ英語版で、1955年2月28日ストリングスなどを入れた編成によるセッション (tracks 2, 4, 6, 9)、また3月7日にカルテットによるセッション (tracks 1, 3, 5-8, 10 & 11) が、それぞれおこなわれた。

パーソネル編集

脚注編集

  1. ^ Chet Baker discography accessed August 2, 2013
  2. ^ チェット・ベイカー・シングス・アンド・プレイズ”. ユニバーサル ミュージック合同会社. 2020年4月12日閲覧。
  3. ^ a b Collar, M. Allmusic listing accessed August 2, 2013
  4. ^ Hull, Tom (n.d.). “Jazz (1940–50s) (Reference)”. tomhull.com. 2020年3月4日閲覧。
  5. ^ Chet Baker – Sings And Plays With Bud Shank, Russ Freeman And Strings - Discogs - 1955年のLP
  6. ^ Chet Baker – Sings And Plays With Bud Shank, Russ Freeman And Strings - Discogs (発売一覧)