チェリーブラッサム

チェリーブラッサム」は、1981年1月にリリースされた松田聖子の4枚目のシングルである。

チェリーブラッサム
松田聖子シングル
初出アルバム『Silhouette 〜シルエット〜(#1)
Seiko Box(#2)』
B面 少しずつ春
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル CBS・ソニー
(8cmCD含む)
ソニー・ミュージックレコーズ
(12cmCDのみ)
作詞・作曲 三浦徳子財津和夫
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1981年2月度月間1位(オリコン)
  • 1981年3月度月間5位(オリコン)
  • 1981年4月度月間20位(オリコン)
  • 1981年度年間9位(オリコン)[1]
  • 1位(ザ・ベストテン
  • 1981年度上半期8位(ザ・ベストテン)
  • 1981年度年間17位(ザ・ベストテン)
松田聖子 シングル 年表
風は秋色/Eighteen
(1980年)
チェリーブラッサム
(1981年)
夏の扉
(1981年)
収録アルバムSilhouette〜シルエット〜
ナイーブ〜傷つきやすい午後〜
(4)
チェリーブラッサム
(5)
あ・な・たの手紙
(6)
テンプレートを表示

解説編集

  • 品番:07SH 911(レコード)
  • アナログ盤のレーベルは初版プレスのみ重厚なブルーレーベルになっており、従来のCBSソニーのオレンジレーベルと2種類が存在している。この他にもレッドレーベルが存在するらしい。
  • 1989年には8cmCDとして、2004年には紙ジャケット仕様の完全生産限定盤12cmCDとして再びリリースされている。また、2010年には「Seiko Matsuda Single Collection 30th Anniversary Box 〜The voice of a Queen〜」に含まれる一枚として、2010年デジタル・リマスタリング音源が、高品質Blu-spec CD仕様で再発された。
  • 2021年のアルバム「SEIKO MATSUDA 2021」には、野崎洋一の編曲によるセルフ・カバー「チェリーブラッサム2021」が収録された。

収録曲編集

  1. チェリーブラッサム(3:20)
    (作詞:三浦徳子/作曲:財津和夫/編曲:大村雅朗
    作曲は前3作のシングルを担当した小田裕一郎から財津和夫に変更となった。これに関しては「2年目のジンクス」を考慮したわけではなく、「新しいことに挑戦する冒険心が良い作品を生み出す」という考えの基に、常に最善の仕事をし続けた結果だとプロデューサーは答えている[2]。財津は本曲のメロディーについて、「従来の歌謡曲と比較して"新しくはないが進んだメロディー"をつくろうとした」とコメントしている[3]
    ニューミュージックに馴染みがなかった松田は、それまでの所謂アイドルらしい曲調とは異なる本曲に戸惑い、最初は歌うことに難色を示した。プロデューサーの「必ず売れる」という説得により納得するも、複雑なメロディーに苦労し、松田としては初めてレコーディングが2日間に及んだ。「これで自分は終わった」と思うほど不安を抱えていたが、結果としてこの曲はヒットし、認識を改める機会になったという。そしてその後は自分も好きな楽曲になったと、後のインタビューなどで答えている[3]
    ザ・ベストテン』(TBSテレビ)では、1981年3月26日の放送中、当時の国鉄静岡駅東海道新幹線プラットホーム上から生中継出演する演出があった。移動中の松田が駅に到着した新幹線から降りてくると、すぐにイヤーモニターを付けてこの曲を歌唱し始めた。終盤、電車の発車時間が迫ると、ワイヤレスマイクを持ったまま車内に戻って歌い続け、なんとかドア越しで歌い切るが、最後の伴奏が終わる間も無く電車は去って行った。
  2. 少しずつ春(3:28)
    (作詞:三浦徳子/作曲:小田裕一郎/編曲:大村雅朗)

カバー編集

チェリーブラッサム
  • キンモクセイ(2007年のアルバム『さくら』に収録)。
  • イギリスのパンクバンド・SNUFFのドラム及びヴォーカルを担当するダンカン・レッドモンズが、ソロプロジェクト「DUNCAN'S DIVAS」名義で同曲をカバーしている(2007年のアルバム『Sticks Up Girls』に収録) [1]
  • 武藤彩未(2013年のアルバム『DNA1980』に収録)。
  • 古川慎(2020年のアルバム『VOICE〜声優たちが歌う松田聖子ソング〜 Male Edition』に収録)。

関連作品編集

出典編集

  1. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.38.
  2. ^ 松田聖子の80年代伝説 Vol.4 新作家陣と新たな松田聖子像を見せた3rdアルバム『Silhouette』 GINZA 2020年9月27日
  3. ^ a b 中川, pp. 118–121.

参考文献編集

  • 中川右介 『松田聖子と中森明菜 1980年代の革命』朝日新聞出版朝日文庫〉、2014年12月30日。ISBN 978-4-02-261814-6 

関連項目編集