メインメニューを開く

チェリー・ポイント海兵隊航空基地

チェリー・ポイント海兵隊航空基地(*北緯34度54分03秒 西経76度52分51秒 / 北緯34.9009度 西経76.8807度 / 34.9009; -76.8807)(ICAO: KNKTFAA LID: NKT)は、アメリカ東部のノースカロライナ州ハブロックに所在する、アメリカ海兵隊の飛行場である。1941年に建設、1942年に飛行場に指定され、現在は第2海兵航空団英語版が駐屯している。

チェリー・ポイント海兵隊航空基地
Marine Corps Air Station Cherry Point
MCAS CPoint.jpg
チェリー・ポイント海兵隊航空基地の標章

EA-6A Intruder over Cherry Point.jpg

IATA: noneICAO: KNKTFAA LID: NKT
概要
空港種別 軍用
運営者 アメリカ海兵隊
所在地 ノースカロライナ州ハブロック
建設 1942年
使用期間 1942年5月20日 - 現在
指揮官 Todd W. Ferry大佐[1]
滑走路
方向 全長 表面
ft m
5L/23R 8,491 2,588 アスファルト
5R/23L 8,188 2,946 アスファルト
14L/32R 8,984 2,739 アスファルト
14R/32L 8,399 2,560 アスファルト
原典:公式サイト[2]およびFAA[3]

駐屯部隊編集

チェリー・ポイント海兵隊航空基地は、ノースカロライナ州ボーグ英語版ボーグ海兵隊予備着陸場英語版およびノースカロライナ州アトランティック英語版のアトランティック海兵隊場外着陸場に所在する付属施設の管理も行っている。なお、かつて場外着陸場として使われていた施設のうち、グリーンビル海兵隊場外着陸場英語版およびキンストン海兵隊予備飛行場英語版ニューバーン海兵隊場外着陸場英語版などは現在、地方空港として使用されている。

歴史編集

チェリー・ポイント海兵隊航空基地は、1941年7月9日に議会によって承認されるとともに、当初の歳出予算として14,990,000ドルが認められ、8,000エーカー(約32平方キロメートル)の湿地帯、農地および森林地の整地が開始された。

実際の整地工事は、1941年8月6日に開始され、徹底的な排水工事などのマラリア対策が実施された。施設の建設が開始されたのは、真珠湾攻撃のわずか17日前の11月のことであった。

1942年5月20日、その施設は、カニンガム演習場(Cunningham Field)と命名された。その名称は、海兵隊の最初のパイロットであるアルフレッド・A・カニンガム中佐にちなんだものであった。完成した施設は、後にチェリー・ポイント海兵隊航空基地へと名称が変更された。それは、桜の木に囲まれた地方郵便局にちなんで命名されたものであった。

第2次世界大戦間のチェリー・ポイントの主要な役割は、太平洋戦域で任務を遂行する部隊および海兵隊員に対する訓練を行うことであった。この航空基地は、1943年にノースカロライナ沖でドイツ軍のUボートに対する攻撃を担任した陸軍航空軍(対潜コマンド第22対潜飛行隊)および海軍飛行隊により、対潜作戦のための基地としても使用された。

また、朝鮮戦争間は、熟練のパイロット、搭乗員、整備員および支援要員を前方に展開する航空部隊に供給する役割を担った。

ベトナム戦争間は、A-6イントルーダーを装備する3個飛行隊を飛行隊を極東戦域に展開させるとともに、航空搭乗員および航空下士官兵の継続的な供給源としても機能した。

砂漠の嵐作戦においては、AV-8Bハリアーを装備する3個飛行隊、A-6Eイントルーダーを装備する2個飛行隊、KC-130ハーキュリーズを装備する1個飛行隊、EA-6Bプラウラーを装備する1個飛行隊および第14海兵航空群、ならびに第32海兵航空群および第2海兵航空団の司令部分遣隊を支援して、南西アジアにおける勝利に貢献した。

2001年10月7日に開始された不朽の自由作戦においては、チェリー・ポイントの海兵隊および海軍兵士たちがアフガニスタンおよびその周辺地域における攻撃任務および戦後処理に参加した。

2007年7月8日、本部庁舎(建物番号:198)が火災により全焼した[4]。新庁舎は、2009年7月29日に起工式が行われ、2011年に完成する予定である。

この航空基地および関連支援施設が占める総面積は、29,000エーカー(約117平方キロメートル)以上に及んでいる。また、その滑走路および関連設備は、フロリダ州ケープ・カナベラルから離陸したスペースシャトルのための代替着陸飛行場として必要な条件を満たしている[5][6]

2013年の第11回ボルド・クエスト共同展示に際しては、チェリー・ポイントにおいて、10か国およびすべてのアメリカ軍種に所属する戦闘員、技術チームおよび試験担当官たちに対する各種支援が実施された。その際、J6(JDAT、統合展開分析チーム)の統合参謀が、試験計画の作成および実行の統制を主導するとともに、7つの州にまたがる無数の訓練施設を連携させるために必要なインフラを整備した。チェリー・ポイントは、海軍のアーレイ・バーク級駆逐艦USSジェイソン・ダンハム(DDG-109)およびタイコンデロガ級巡洋艦USSサン・ジャシント(CG-56)などを支援する東海岸における軍事拠点としても重要な役割を果たした[7]

アメリカ空軍による使用編集

1957年7月1日、アメリカ空軍の第614航空管制警戒隊がフェーズⅠ移動レーダー局(M-116)をチェリー・ポイントに設置した。このレーダー局は、計画されていた44か所の移動レーダー局のうちの1つであった。空軍は、1台のAN/FPS-6および2台のAN/FPS-8レーダーを基地飛行運用局の近傍に配置した。90フィート(約27メートル)のタワーの頂上にレドームなしでこれらのレーダーを備えたレーダー局は、当初、地上要撃管制警戒局として使用された。地上要撃管制局としての管制警戒隊の任務は、要撃機をレーダー・スコープ上に捉えた彼我不明の侵入機に向けて誘導することであった。

航空基地に所在するレーダーに加えて、2つのギャップ・フィラー無人局(AN/FPS-14)としてM-116B(ノースカロライナ州エンゲルハルト、北緯35度29分49秒 西経076度00分34秒 / 北緯35.49694度 西経76.00944度 / 35.49694; -76.00944 (M-116B))、およびM-116C(ノースカロライナ州ホーリー・リッジ、北緯34度30分50秒 西経077度32分08秒 / 北緯34.51389度 西経77.53556度 / 34.51389; -77.53556 (M-116C/M-115C))が設置され、レーダーのカバー領域を拡大した。

AN/FPS-8のうちの1台は、1960年のハリケーン・ドナの被害を受けた。そのレーダーは1960年4月30日に海軍に管理換され、もう1台の被害を受けなかったAN/FPS-8レーダーは海兵隊により基地における航空管制用として長期にわたって使用されることとなった。

1961年には、M-116が半自動防空警戒管制組織(SAGE)に組み込まれ、当初の間は、バージニア州のフォート・リー空軍基地にデータを供給した。統合後の1963年3月1日に、管制警戒隊は、第614レーダー部隊へと改編された。レーダー部隊は、探知した航空機の距離、方向、高度および速度ならびに彼我の区分に関し、年中無休でSAGE指令センターに情報を提供した。

チェリー・ポイント海兵隊航空基地における空軍のレーダー運用は、予算の削減と対航空機用レーダー・サイトの閉所に伴い、1963年8月1日に終了した[8]

関連項目編集

  • Marine Corps Auxiliary Landing Field Bogue
  • Proposed Outlying Landing Field in North Carolina
  • 海兵隊航空団
  • List of United States Marine Corps installations
  • List of airports in North Carolina
  • List of USAF Aerospace Defense Command General Surveillance Radar Stations

脚注編集

注釈
出典
  この記事にはアメリカ海兵隊が作成したアメリカ合衆国政府の著作物であるウェブサイトもしくは文書本文を含む。
  1. ^ The Official Web site of Marine Corps Air Station Cherry Point” (英語). Marines.mil. Units. アメリカ海兵隊. 2019年2月21日閲覧。
  2. ^ MCAS Cherry Point, NC” (英語). 2004年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月21日閲覧。
  3. ^ FAA Airport Master Record for NKT (Form 5010 PDF) (英語)、2007年10月25日閲覧。
  4. ^ Francine Sawyer (2007年9月9日). “Headquarters building badly damaged in fire at Cherry Point Marine base” (英語). Sun Journal (ニューバーン). オリジナルの2011年8月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110807103244/http://www.newbernsj.com/news/fire-36406-building-point.html 2019年2月21日閲覧。 
  5. ^ MARINE CORPS AIR STATION (MCAS) CHERRY POINT SPACE SHUTTLE SUPPORT PLAN (SSSP) (PDF)” (英語). MCAS Cherry Point. Order. アメリカ海兵隊 (2007年3月29日). 2009年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月21日閲覧。
  6. ^ Steven D. Beard; Leslie A. Ringo; Brian Mader; Estela H. Buchmann; Thomas Tanita (2008) (英語) (PDF). Space Shuttle Landing and Rollout Training at the Vertical Motion Simulator. アメリカ航空宇宙学会. https://www.aviationsystemsdivision.arc.nasa.gov/publications/2008/AF2008096.pdf 2019年2月21日閲覧。. 
  7. ^ Sharon Anderson (2013). “Unprecedented in Complexity and Scope — Bold Quest 13-1” (英語). CHIPS (Department of Navy Chief Information Officer) (July-September). ISSN 1047-9988. https://www.doncio.navy.mil/CHIPS/ArticleDetails.aspx?ID=4755 2019年2月21日閲覧。. 
  8. ^ David F. Winkler (1997-06) (英語) (PDF). Searching The Skies: The Legacy of The United States Cold War defense Radar Program. シャンペーン: United States Army Construction Engineering Research Laboratories. https://fas.org/nuke/guide/usa/airdef/1997-06-01955.pdf 2019年2月21日閲覧。. 
参考文献
ウェブサイト

外部リンク編集