チェンジング・レーン

チェンジング・レーン』(Changing Lanes)は2002年アメリカ合衆国サスペンス映画。 監督はロジャー・ミッシェル、出演はベン・アフレックサミュエル・L・ジャクソンなど。 車線変更(チェンジング・レーン)による些細な接触事故をきっかけに激しく憎しみ合うようになる二人の対照的な男の姿を描いている。

チェンジング・レーン
Changing Lanes
監督 ロジャー・ミッシェル
脚本 チャップ・テイラー
マイケル・トルキン英語版
原案 チャップ・テイラー
製作 スコット・ルーディン
製作総指揮 ロン・ボズマン
アダム・シュローダー
出演者 ベン・アフレック
サミュエル・L・ジャクソン
音楽 デヴィッド・アーノルド
撮影 サルヴァトーレ・トティーノ
編集 クリストファー・テレフセン
製作会社 パラマウント映画
スコット・ルーディン・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年4月12日
日本の旗 2002年11月9日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $45,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $66,818,548[1]
世界の旗 $94,935,764[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

キャスト編集

ギャビン・バネック
演 - ベン・アフレック、日本語吹替 - 咲野俊介
若手敏腕弁護士。法律事務所を義父たちと共同経営。傲慢な性格だが、妻の両親には頭があがらない。ドイルの車と軽い接触事故を起こして、時間がなかったことから、その場しのぎで小切手を渡したが、そのときに重要ファイルもおいてきてしまったのが事の発端となる。
ドイル・ギプソン
演 - サミュエル・L・ジャクソン、日本語吹替 - 池田勝
保険セールスマン。 アルコール依存症で妻子(10歳と7歳)と別居した過去を持つが、現在は酒を断っている。家族とよりを戻すために家を買う手筈を整えるなど、積極的な姿勢を見せている。
ヴァレリー・ギプソン
演 - キム・スタウントン、日本語吹替 - 磯辺万沙子
ドイルの妻。夫との別居から2人の息子とオレゴンに移り住む。
ミシェル
演 - トニ・コレット、日本語吹替 - 佐藤しのぶ
ギャビンの同僚で愛人。
スティーヴン・デラーノ
演 - シドニー・ポラック、日本語吹替 - 藤本譲
ギャビンの経営パートナー(実質上司)で養父。
デラーノ夫人
演 - ティナ・スローン英語版、日本語吹替 - 竹口安芸子
スティーヴンの妻。
ウォルター・アーネル
演 - リチャード・ジェンキンス、日本語吹替 - 水野龍司
デラーノの経営パートナーで共に不正を働いている。
シンシア・デラーノ・バネック
演 - アマンダ・ピート、日本語吹替 - 名越志保
ギャビンの妻。夫の全てを理解している。
ドイルの身元引受人
演 - ウィリアム・ハート、日本語吹替 - 有本欽隆
ドイルの更生を支援している。

作品の評価編集

Rotten Tomatoesによれば、151件の評論のうち、77%にあたる116件が高く評価しており、平均して10点満点中6.99点を得ている[2]Metacriticによれば、36件の評論のうち、高評価は27件、賛否混在は8件、低評価は1件で、平均して100点満点中69点を得ている[3]

出典編集

  1. ^ a b c Changing Lanes” (英語). Box Office Mojo. 2020年4月27日閲覧。
  2. ^ Changing Lanes (2002)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年4月27日閲覧。
  3. ^ Changing Lanes Reviews” (英語). Metacritic. 2020年4月27日閲覧。

外部リンク編集