チェンバーズ・ベイ・ゴルフコース

チェンバーズ・ベイ・ゴルフコースChambers Bay Golf Course)はアメリカ合衆国太平洋岸北西部にあるパブリック・ゴルフコースである。ワシントン州タコマ南西のユニバーシティプレースに位置し、ピアース郡が所有するイギリスのリンクス・スタイルのコースで、2007年6月23日にオープンした[1]。 本コースは2015年の全米オープンの会場に選ばれている[2]

チェンバーズ・ベイ
概要
チェンバーズ・ベイ・ゴルフコースの位置(ワシントン州内)
チェンバーズ・ベイ・ゴルフコース
所在地アメリカ合衆国ワシントン州ユニバーシティプレース
開業2007年6月23日
16年前
種類パブリック
所有者ワシントン州ピアース郡
管理者ケンパースポーツ英語版
ホール数18
開催大会全米アマ (2010),
全米オープン (2015)
ウェブサイトchambersbaygolf.com
設計者ロバート・トレント・ジョーンズ・ジュニア英語版
パー72
全長7,585ヤード (6,936 m)

設計編集

チェンバーズ・ベイはロバート・トレント・ジョーンズ・ジュニア英語版の設計で[1][3]、3.8平方キロメートルの郡立公園の中心として、1平方キロメートルの敷地を占めている。この土地はかつて砂と砂利の採取場で、オフロード車やダートバイク乗りの間で有名なところだった。これをピアース郡は3千3百万ドルで買収している[1][4]。 設計にあたっては、郡の意向として全米オープンの誘致を目標に据えて行われた。設計コンペでは全ての事務所がイギリスのリンクスコースをモデルにしたプランを提出している[5]。芝は海岸性気候に理想的なフェスキュー(細く長い洋芝)が用いられており、イギリスでは一般的だが米国内では珍しい[6]

2015年の全米オープンの際には、コースの設計についてプレーヤーや関係者から多くの批判が出ている。とくにグリーンのアンジュレーションについて酷評が多く、ゲーリー・プレーヤーゴルフ・チャンネルのインタビューで、一般のゴルファーがプレーするパグリック・コースとしてはありえないほどの難易度の高さを指摘し、ゴルフのアマチュア人口への悪影響を懸念している[7]

造成編集

コースの造成中、110立方メートルの土砂(トラックで10万台分)が取り除かれ、敷地内を整地後コースを形成するために戻された[8][9]。 この時点で、未だにこの地は運用中の鉱山として登録されていた。そのため、コースの造成にわずかながら制限が課せられていた[1][10]

レイアウト編集

各ホールには5ヶ所のティーグラウンドが設けられ、コース長が5,250ヤードから7,585ヤードまでの幅をもつ。ピアース郡の公営コースであることから、郡内居住者は利用に割引を受けられる。コース内は歩行のみが許され、キャディーはつけることができるがオプションである。電動カートも用意されているが、疾患を抱えているか障害者にのみ利用可能で、必ずキャディーに運転を任せなければならない。

グリーンにはエッジが無い。フェアウェイから直接グリーンに遷移する。

各ホール編集

チャンピオンシップ・ティー[11]

ホール 名称 ヤード パー ホール 名称 ヤード パー
1 Puget Sound 598/496 5/4 10 High Dunes 436 4
2 Foxy 399 4 11 Shadows 537 4
3 Blown Out 198 3 12 The Narrows 311 4
4 Hazard's Ascent 495 4 13 Eagle Eye 534 4
5 Free Fall 488 4 14 Cape Fear 546 4
6 Deception Point 495 4 15 Lone Fir 246/167 3
7 Humpback 508 4 16 Beached 423 4
8 High Road Low Road 614 5 17 Derailed 218 3
9 Olympus 224/217 3 18 Tahoma 604/525 5/4
アウト 4,019/3,910 36/35 イン 3,855/3,697 35/34
 チャンピオンシップ・ティー: レーティング=78.1,  スロープ=146 合計 7,874/7,607 70

ネイビー・ティー[12]

ホール 名称 ヤード パー ホール 名称 ヤード パー
1 Puget Sound 559 5 10 High Dunes 398 4
2 Foxy 395 4 11 Shadows 457 4
3 Blown Out 167 3 12 The Narrows 281 4
4 Hazard's Ascent 530 5 13 Eagle Eye 485 4
5 Free Fall 465 4 14 Cape Fear 496 4
6 Deception Point 418 4 15 Lone Fir 139 3
7 Humpback 482 4 16 Beached 396 4
8 High Road Low Road 557 5 17 Derailed 172 3
9 Olympus 227 3 18 Tahoma 541 5
アウト 3,800 37 イン 3,365 35
 ネイビー・ティー: レーティング=75.6,  スロープ=139[13] 合計 7,165 72

チェンバーズ・ベイには樹木が一本しかない。第15ホールのグリーンの背後にあるベイマツである[14]

運営編集

本コースの運営は、イリノイ州ノースブルック英語版に本社があるケンパースポーツ管理会社が主体となっておこなっており、オレゴン州南部の沿岸部にあるバンドン・デューンズ・ゴルフ・リゾート英語版も関与している[1]

コースはチェンバーズ川公有地の一部であり、ゴルフ以外のレクリエーション施設も数多くあり、その一つである全長5キロメートルの遊歩道は、ゴルフコースの西側を横切っている[1]

大会編集

チェンバーズ・ベイは2010年の全米アマチュアゴルフ選手権と、2015年の全米オープンの会場となっている。これは2008年初頭に全米ゴルフ協会(USGA)によって選ばれた[2][15]。 2010年の全米アマの際には、コース長7,742ヤード、パー71 として設定され[16]、当時のUSGAにおける最長記録であった[17]。 この記録は翌年、エリンヒルズ・ゴルフコース英語版が18ヤード上回って更新された[17]

2015年の全米オープン開催に11ヶ月先立って、USGA は最終ラウンド用チケットとウィークリー・チケットが完売したと報じた[18]

2022年には全米女子アマが開催されています。

参照編集

  1. ^ a b c d e f Smith, Craig (2007年6月23日). “Chambers Bay golf course opens today”. シアトル・タイムズ. http://seattletimes.com/html/sports/2003759478_chambersbay23.html 2014年8月13日閲覧。 
  2. ^ a b “Chambers Bay will host U.S. Open”. シアトル・タイムズ. (2008年2月8日). http://seattletimes.com/html/golf/2004171956_webchambers08.html 2014年8月13日閲覧。 
  3. ^ Ask the Architect, Robert Trent Jones II” (2008年3月). 2008年4月20日閲覧。
  4. ^ 採掘場から至高のコースへ”. 米国Golf Digest誌 2015 全米オープン特集. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2015年6月20日閲覧。
  5. ^ 全米オープンを意図して設計された初めてのコース”. 米国Golf Digest誌 2015 全米オープン特集. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2015年6月20日閲覧。
  6. ^ 全てフェスキュー芝で開催される初めての全米オープン”. 米国Golf Digest誌 2015 全米オープン特集. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2015年6月20日閲覧。
  7. ^ 「今までで一番不愉快」 異色の全米OPコースに糾弾相次ぐ”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2015年6月23日閲覧。
  8. ^ Newnham, Blaine (2007年4月12日). “Chambers Bay is a bit of Scotland near Tacoma”. シアトル・タイムズ. http://seattletimes.com/html/golf/2003662788_chambers12.html 2014年8月13日閲覧。 
  9. ^ Hanson, Scott (2014年4月19日). “How 3 visionaries brought the U.S. Open to Chambers Bay”. シアトル・タイムズ. http://seattletimes.com/html/golf/2023416175_chambers20xml.html 2014年8月13日閲覧。 
  10. ^ Kelley, Steve (2008年2月17日). “Bruce Charlton felt the sand and saw a U.S. Open”. シアトル・タイムズ. http://seattletimes.com/html/stevekelley/2004186804_kelley170.html 2014年8月13日閲覧。 
  11. ^ Chambers Bay Yardage Guide with US Open Tees, チェンバーズ・ベイ・ゴルフコース, (2015年4月4日) 
  12. ^ HOLE BY HOLE & SCORECARD”. チェンバーズ・ベイ・ゴルフコース. 2015年6月20日閲覧。
  13. ^ Course rating and slope database, Chambers Bay”. USGA. 2015年6月20日閲覧。
  14. ^ Booth, Tim (2008年5月1日). “Chambers Bay's "Lone Fir" hacked”. シアトル・タイムズ. AP通信. http://www.seattletimes.com/sports/golf/chambers-bays-lone-fir-hacked/ 2015年6月16日閲覧。 
  15. ^ USGA Awards 2015 U.S. Open, 2010 U.S. Amateur to Chambers Bay in Washington State and 2011 U.S. Amateur to Erin Hills Golf Club in Wisconsin”. USGA (2008年2月7日). 2008年4月20日閲覧。
  16. ^ It's Uhlein's time”. USGA (2010年8月29日). 2014年8月13日閲覧。
  17. ^ a b “U.S. Am courses give USGA advance look”. Golfweek. (2011年8月22日). http://golfweek.com/news/2011/aug/21/erin-hills-chambers-bay-give-usga-advance-look/. 
  18. ^ “USGA announces its Sunday round at 2015 U.S. Open is all sold out”. シアトル・タイムズ. (2014年7月18日). http://seattletimes.com/html/golf/2024107196_regional19xml.html 2014年8月13日閲覧。 

外部リンク編集

座標: 北緯47度12分 西経122度34分 / 北緯47.20度 西経122.57度 / 47.20; -122.57