チェン・ジー中華人民共和国ギター奏者、ギター指導者。

陳志
プロフィール
出生: 1938年
職業: 音楽家・ギター奏者
各種表記
繁体字 陳志
簡体字 陈志
拼音 Chén Zhì
和名表記: ちん し
発音転記: チェン ヂー
テンプレートを表示

長年、北京の中央音楽学院のクラシックギターの教授として後身の指導に従事してきた。パリ音楽院王立音楽アカデミーの客員教授などを務める。招待に応じてフランス、イタリア、ドイツ、イギリス、オーストリア、米国、スイス、ベルギー、スペイン、ポルトガル、ポーランド、オーストラリア、日本、マレーシア、香港、マカオ、台湾のなどで、学術講演や国際ギターコンクールの審査委員を務めている。クラシックギターに関する著者多数。海外でも出版されている。生年月日などは非公開とされるが、『厦門晩報』の報道によれば1938年生まれ[1]。父は中華民国の政治家・陳群[1]

ギター指導者としての実績編集

北京の中央音楽学院で指導した生徒として、スーフェイ・ヤンワン・ヤンメン(王雅夢)、スー・メン(蘇萌)、リー・ジエ(李潔)らがいる。スーフェイ・ヤンは、1989年の第32回東京国際ギターコンクールで特別賞を受賞、その後、数々のコンクールで賞を受賞。ワン・ヤーメンは、1993年第36回東京国際ギターコンクール、1995年のイタリア・アレッサンドリア国際ギターフェスティバルの優勝者、リー・ジエは、1998年の第2回香港国際ギターコンクールの優勝者、中央音楽学院付属中学の生徒だったチェン・チュアンが2002年のウィーン国際ギターフォーラム青年の部第2位、スー・メンは、2002年の第5回ヴィアンナ国際ギターコンクール青年の部、2005年の第48回東京国際ギターコンクール、2006年のアメリカのクリストファー・パークニング青年ギターコンクールの優勝者として知られる。

こうした教え子たちの実績にもとづいてチェンも、日本はもちろん、各国で、優れたギター指導者としてその名を知られるようになった。メトロノームを駆使した指導で、成果を挙げているといわれる。

経歴編集

1982年、中国ではじめてのクラシックギターの学校を設立。

1984年から毎週クラシックギター講座のラジオ番組を担当。

1986年、中国北京ギター学会の協議会ディレクターとなった。

1987年には、第1回中国国際ギターフェスティバルの組織者となった。

1984年から毎週クラシックギター講座のラジオ番組を担当。

1989年からは、中国放送ギターオーケストラの指導者とコンダクターを務めた。

1993年からは、中国中央電視台(CCTV) で、週に3度「クラシックギターの技術と表現」という番組を受け持った。

2008年6月、著名なアーティスト、教え子たちが集まり、教授生活50年を祝うフェスティバルが北京の国立芸術センターで行なわれた。

編集