チェーンヒート

チェーンヒート』(英題: Chained Heat, 独題: Das Frauenlager)は、女子刑務所を舞台にした1983年のエクスプロイテーション映画。ポール・ニコラスが監督・共同脚本、リンダ・ブレアが主演をつとめた[1]

チェーンヒート
Chained Heat
監督 ポール・ニコラス
脚本 アーロン・バトラー
(ヴィンセント・モンゴル)
ポール・ニコラス
製作 ビリー・ファイン
モニカ・トイバー
出演者 リンダ・ブレア
ジョン・ヴァーノン
シビル・ダニング
音楽 ジョゼフ・コンラン
撮影 マック・アールバーグ
編集 ニノ・ディ・マルコ
配給 アメリカ合衆国の旗 ジェンセンフェアリー
日本の旗 日本ヘラルド
公開 アメリカ合衆国の旗 1983年5月27日
日本の旗 1983年10月15日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
西ドイツの旗 西ドイツ
言語 英語
次作 チェーンヒート2
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

幼く素朴な少女キャロル・ヘンダーソン(リンダ・ブレア)は事故による殺人を犯して18ヶ月の刑期が課せられた。入所して間もなく、ひどく変質的な所長バックマン(ジョン・ヴァーノン)と顔を合わせ、さらには刑務所内の激しい人種間抗争を繰り広げる派閥の各中心人物、女囚のエリカ(シビル・ダニング)とダッチェス(タマラ・ドブソン)に出会う。所内を見渡せば看守長テイラー(ステラ・スティーヴンス)の取り仕切る麻薬売買・レイプ売春が横行しており、テイラーの愛人とエリカが万事内々にことを運んでいた。

あるとき、これらに対して怒りや不安が巻き起こる。しかし、看守間にはびこる汚職から一切の問題を封印されてしまったため、それを契機に肌の色・国籍の垣根を越えた女囚たちが一致団結して戦い挑むことになる。

キャスト編集

続編編集

ロイド・シマンデル[2]が監督をつとめ、ブリジット・ニールセン、ポール・コスロ、キンバリー・ケイツ、カリ・ホイットマン(カリ・ケンネル)らの出演で続編『チェーンヒート2』(原題:Chained Heat II)が1992年にカナダで公開された。またそれに続いてマイク・ロール(マイケル・ロール名義)が監督、クリス・ハイド(クリストファー・ハイド名義)が脚本をつとめ、ニコル・ニース、ベントレー・ミッチャムらの出演で3作目『ボディ・ハンティング』(原題:Hell Mountain)が1998年に制作されている。

こぼれ話編集

この映画は劇場公開から数年後、TBSの番組『月曜ロードショー』で放映された。しかし、視聴者からの苦情が殺到し解説者の荻昌弘が次週の同番組で謝罪のコメントを出した。

脚注編集

  1. ^ リンダ・ブレアはこの映画から2年後、国際スパイ映画仕立ての女囚映画『レッド・ヒート』にも出演している。
  2. ^ ポルノ映画監督作品には人身売買を題材にしたものが多い。代表作は『ヴァージン・オークション』など多数。

外部リンク編集