チエノピリジン系薬剤とは、選択的・不可逆的[1]ADP受容体(P2Y12)阻害薬であり、抗血小板活性を持つため抗血薬として使用される[2]

編集

2014年10月現在、日本では下記の薬剤が入手できる。

  • 第一世代[2]
チクロピジン(商品名パナルジン他)
  • 第二世代[2]
クロピドグレル(商品名プラビックス)
  • 第三世代[2]
プラスグレル(商品名エフィエント)[3]

関連薬剤編集

チカグレロル(Brilinta)は海外ではチエノピリジン系薬剤と同様の用途に用いられているが、異なる系統(cyclo-pentyltriazolo-pyrimidine)に属し、可逆的P2Y12阻害薬である[1]

出典編集

  1. ^ a b Alexopoulos, Dimitrios (2014). “P2Y12 Receptor Inhibitors in Acute Coronary Syndromes: From the Research Laboratory to the Clinic and Vice Versa”. Cardiology 127 (4): 211–219. doi:10.1159/000357399. 
  2. ^ a b c d 榎本由貴子、超急性期から慢性期まで, 脳梗塞二次予防のための抗血栓療法 脳神経外科ジャーナル 2018年 27巻 7号 p.494-504, doi:10.7887/jcns.27.494
  3. ^ Angiolillo DJ, Bates ER, Bass TA (August 2008). “Clinical profile of prasugrel, a novel thienopyridine”. Am. Heart J. 156 (2 Suppl): S16–22. doi:10.1016/j.ahj.2008.06.005. PMID 18657682. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0002-8703(08)00472-9.