メインメニューを開く

チキチキボーイズ』 (ChikiChiki Boys) は、1990年6月カプコンから稼働されたアーケード横スクロールアクションゲーム。日本国外版のタイトルは『Mega Twins』となっている。

チキチキボーイズ
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 アーケード (AC)
開発元 カプコン
発売元 カプコン
ディレクター 船水紀孝
岡本吉起
デザイナー Bully Duck
プログラマー BLBON
MEIJIN
SAIKOU YUKI
音楽 高岡宏光
美術 新谷さゆり
中山郁夫
たなべまゆみ
人数 1 - 2人(同時プレイ)
メディア 業務用基板(3.31メガバイト
稼働時期 日本 199006191990年6月19日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
デバイス 8方向レバー
3ボタン
システム基板 CPS-1
CPU MC68000 (@ 10 MHz)
サウンド Z80 (@ 3.580 MHz)
YM2151 (@ 3.580 MHz)
OKI6295 (@ 1.000 MHz)
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
384×224ピクセル
60.00Hz
パレット4096色
テンプレートを表示

王国の血筋をひく双子の赤ん坊を操作し、ドラゴンブルーアイズを探し出すのが目的。

1991年に欧州ではAmigaAtari STに移植された他、1992年にはメガドライブに移植され、1994年にはPCエンジンSUPER CD-ROM²に移植され日本国内のみで発売された。

アーケード版は北米と欧州のみ発売されたPlayStation Portable用ソフト『Capcom Classics Collection Remixed』(2005年)、PlayStation 2ならびにXbox用ソフト『Capcom Classics Collection Volume 2』(2006年)に収録。PCエンジン版は2011年に日本でPlayStation 3ならびにPlayStation Portable用ソフトとしてゲームアーカイブスにて配信された。

概要編集

同社開発の業務用システム基板CPシステム用ソフトの第10弾としてリリースされた、2人同時プレイ可能な横スクロールアクションゲーム。全9ステージ。

剣術が得意な兄と魔法が得意な弟のどちらかを選ぶことが出来る。

ストーリー編集

楽園の都、アルル王国が正体不明の魔物たちにより滅ぼされてから15年の時が流れた。

王国の血筋をひく双子の赤ん坊は立派な少年へと成長していた。

少年たちはアルル王国の再興を目指し、古くから言い伝えられるドラゴンブルーアイズをさがし出すため旅立った。

移植版編集

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 Mega Twins   1991年
Amiga
Atari ST
Tiertex Design Studios U.S. Gold フロッピーディスク -
2   チキチキボーイズ
  Mega Twins
  Mega Twins
  199210161992年10月16日
  1993年
  1993年
メガドライブ セガ
ビスコ
セガ 8メガビットロムカセット[1]   G-4083
  1075
  1075
3 チキチキボーイズ   199407151994年7月15日
PCエンジンSUPER CD-ROM² フライト・プラン NECアベニュー CD-ROM NAPR-1033
4 Capcom Classics Collection Remixed   200503212005年3月21日
  200503212005年3月21日
PlayStation Portable カプコン カプコン UMD   ULUS-10097
  ULES-00347
アーケード版の移植
5 Capcom Classics Collection Volume 2   200611242006年11月24日
  200611242006年11月24日
PlayStation 2
Xbox
カプコン カプコン DVD-ROM   SLUS-21473
  SLES-54561
アーケード版の移植
6 チキチキボーイズ   201104202011年4月20日
PlayStation 3
PlayStation Portable
(PlayStation Network)
フライト・プラン ハドソン ダウンロード
ゲームアーカイブス
- PCエンジン版の移植
メガドライブ版
  • セガから発売された。開発はビスコ。2人同時プレイは不可。アーケード版と異なるアレンジが施されている。
PCエンジンSUPER CD-ROM2
PlayStation Portable版
  • カプコンから発売された『Capcom Classics Collection Remixed』に収録されている。
PlayStation 2版
  • カプコンから発売された『Capcom Classics Collection Volume 2』に収録されている。

スタッフ編集

  • ゲーム・デザイン:Bully Duck
  • ディレクター:POO(船水紀孝)、OKAMOTO(岡本吉起
  • オブジェクト・デザイン:MANBOU(新谷さゆり)、IKUSAN Z(中山郁夫)、UNICORN MAYUMI(たなべまゆみ)
  • スクロール・デザイン:ZUMMY(K.KOIZUMI)、ZIGGY(さかもとようこ)
  • サウンド・デザイン:HIFUMI(高岡宏光)
  • ハード・デザイン:KUCCAN
  • スペシャル・サンクス:OZZY、KAME、SATOCHIN、GENIE
  • プログラム:BLBON、MEIJIN、SAIKOU YUKI

評価編集

評価
レビュー結果
媒体結果
Computer and Video Games86% (AC)[2]
90% (Amiga)[3]
ファミ通19/40点 (MD)[4]
18/40点 (PCE)[5]
GameFan88% (MD)[6]
Amiga Action91% (Amiga)[3]
Amiga Power78% (Amiga)[3]
ST Format74% (ST)[7]
Mean Machines85% (MD)[6]
Aktueller Software Markt8/12点 (MD)[6]
Power Unlimited6/10点 (MD)[6]
メガドライブFAN20.81/30点 (MD)[1]
月刊PCエンジン75/100点 (PCE)
電撃PCエンジン53.75/100点 (PCE)
PC Engine FAN17.3/30点 (PCE)[8]
メガドライブ大全否定的 (MD)[9]
メガドライブ版

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では5・4・5・5の合計19点(満40点)[4]、レビュアーはスーパーマリオ的なステージ展開にファンタジーゾーンのフィーチャーを付加、ワンダーボーイビックリマンなノリだと表現して可愛らしいキャラでグラフィックは綺麗、だがよくある横スクロールアクションで夢中になれる要素が少なくなぜか退屈、展開がちょっと平坦で寄せ集めな印象が強いのか今一つピリッとせず損している、主人公は大ジャンプや壁よじ登りなどいろんなことができるが今一つ活かされておらず歩いたり飛んだりしてもダラダラしている気分になる、凄く丁寧だが燃えることはなく単にドタバタしてるだけという雰囲気、敵を倒してお金を集めてアイテムを買うの繰り返しでプラスアルファが欲しいとした[4]

メガドライブFAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、20.81点(満30点)となっている[1]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.93 3.37 3.41 3.51 3.39 3.20 20.81
PCエンジン版

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では4・5・5・4の合計18点(満40点)[5]、、『月刊PCエンジン』では70・75・80・80・70の平均75点(満100点)、『電撃PCエンジン』では40・60・60・55の平均53.75点(満100点)、『PC Engine FAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、17.3点(満30点)となっている[8]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 2.8 2.8 3.2 3.3 3.0 2.3 17.3
  • ゲーム本『メガドライブ大全』(2004年太田出版)では、「アーケード版では自動だった買い物が、メガドラ版では何を買うか選択できるようになっており、金集めのモチベーションが急上昇」と買い物のシステムが向上した事に肯定的な評価を下しているが、「(アーケード版は『ファイナルファイト』、メガドラ版は『ストリートファイターII』の影に隠れ)手堅くカッチリと作られているアクションで、アーケードもメガドラ版も決して出来は悪くないのですが、ともに評価はやや低め」と当時の知名度に関して否定的な評価を下している[9]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店、1993年7月15日、 21頁。
  2. ^ Chiki Chiki Boys for Arcade (1990)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年10月6日閲覧。
  3. ^ a b c Chiki Chiki Boys for Amiga (1991)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年10月6日閲覧。
  4. ^ a b c 「新作ゲームクロスレビュー」『ファミコン通信』第7巻第41号、アスキー、1992年10月9日、 39頁。
  5. ^ a b チキチキボーイズ まとめ [PCエンジン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2016年1月4日閲覧。
  6. ^ a b c d Chiki Chiki Boys for Genesis (1992)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年10月6日閲覧。
  7. ^ Chiki Chiki Boys for Atari ST (1991)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年10月6日閲覧。
  8. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 612頁、 ASIN B00J16900U
  9. ^ a b 「Chapter 05 1992年」『メガドライブ大全(企画・編集:CONTINUE)』太田出版、2004年9月29日、136頁。ISBN 9784872338805

関連項目編集

外部リンク編集