メインメニューを開く

来歴編集

1941年6月12日に、アメリカ合衆国マサチューセッツ州にあるチェルシーにて生まれ、父はジャズ・トランペッターであった。4歳の頃よりピアノを習い始める。高校を卒業後、ニューヨークにあるジュリアード音楽院に進学する。1964年頃からブルー・ミッチェルハービー・マンモンゴ・サンタマリアらとの共演からキャリアをスタートする。1966年にはデビュー・アルバムTones for Joan's Bonesを発表。

1968年後半からハービー・ハンコックに替わりマイルス・デイヴィスのグループに加入。『イン・ア・サイレント・ウェイ』、『ビッチェズ・ブリュー』などのアルバムに参加する。この頃からマイルスの指示でエレクトリック・ピアノフェンダー・ローズ)を弾くようになる。当初この楽器を嫌っていたチックだが、1970年代にはチックのサウンドに欠かせない楽器となっていく。

同じ時期チックはアバンギャルドなアプローチを見せるようになっており、マイルス・グループでもライブで聴かれるチックのソロは、かなりフリーの要素が強い。1970年、マイルス・グループを脱退した後、ベースのデイヴ・ホランド、ドラムのバリー・アルトシュルとグループ「Circle」を結成。後にサックスのアンソニー・ブラクストンを加えフリー・ジャズ寄りの演奏を展開する。

1971年に、ベーシストスタンリー・クラークらとクロス・オーバー/ジャズバンドリターン・トゥ・フォーエヴァー(Return To Forever)を立ち上げ、ECMレコードからアルバム『リターン・トゥ・フォーエヴァー』を1972年に発表。カモメのジャケットで有名なこのアルバムは70年代ジャズ・フュージョン最大級のヒット作となる。革新的な音楽性と卓越した演奏技術に裏打ちされたこのバンドは数々の作品を生み出し、トップアーティストとしての地位を確立する。中でも『ライト・アズ・ア・フェザー』に収録されている"Spain"は現在でも他の演奏家にプレイされ続ける、ジャズの、また彼自身の代表曲である。当初、フローラ・プリムやアイアート・モレイラなどブラジル系のメンバーが中心であったためラテン色の強いグループであったが、彼らの脱退後1973年にはギタリストのビル・コナーズが、1974年にはビルに替わってアル・ディ・メオラが加入し、よりロック色の濃い方向性になった。

1978年にリターン・トゥ・フォーエヴァーを解散したチックは、『フレンズ』、『スリー・カルテッツ』などエレクトリックにもストレート・アヘッドなジャズにも、時にはクラシックに挑戦したりと多彩な活動を続ける。1985年には、デイブ・ウェックルジョン・パティトゥッチといった若いメンバーと「エレクトリック・バンド」を結成。圧倒的なテクニックと楽曲で話題を集める。1989年には同じメンバーで「アコースティック・バンド」と名前を変え、スタンダードを中心としたアルバム『スタンダーズ・アンド・モア』を発表した。

1992年にはユニバーサル・ミュージック配給の元、自己レーベルストレッチ・レコードをスタート。しかしGRPレコードとの契約上ストレッチからリリースする事が出来ず、1995年発表のTime Warpからとなった。2004年にはエレクトリック・バンドをオリジナルバンドで復活、『トゥ・ザ・スターズ』を発表。2006年には、かつての盟友スティーヴ・ガッドらと共にアルバムSuper Trioを制作・発表、2007年にはリターン・トゥ・フォーエヴァーの再々結成発表、2008年には上原ひろみとのピアノ・デュオで日本武道館公演を行うなど、その活動のエネルギーと多彩さは衰えることがない。

夫人はマハヴィシュヌ・オーケストラへの参加などで知られるキーボード奏者・ゲイル・モランで、彼女はコリアの作品でボーカルを聞かせる場合もある。

音楽性編集

ジャズを基本に、ボサノヴァロッククラシックなどといった要素を織り交ぜた楽曲およびプレイを得意とする。イタリア系とスペイン系の血をひくためか、メロディにもリズムにもラテン色が強い。

初期にはフリージャズに手を出したり、リターン・トゥ・フォーエヴァーではラテンハードロック調の演奏、ロイ・ヘインズらとストレートなジャズ、ゲイリー・バートンとの耽美的なデュオ、さらにはクラシックでオーケストラと共演など多面的な活動が目立ち、そのフットワークの軽さがかえって評価を下げる傾向もあるが、チックの生み出すメロディーには一貫した彼独特の響きがあり、それが彼の長年にわたる人気の秘密となっている。

ジャズ界でも群を抜く多作家で、1970年代には1年に2枚以上のペースで多い年には4枚、しかもそのほとんどがオリジナル曲という、驚くべき創作エネルギーの持ち主である。

TV出演編集

  • 音遊人(みゅーじん)(テレビ東京)2005年6月24日、2005年7月15日、2005年9月9日、2006年9月30日

ディスコグラフィ編集

リーダー作品編集

  • 『トーンズ・フォー・ジョーンズ・ボーンズ』 - Tones for Joan's Bones(1966年録音)(Vortex) 1968年
  • 『ナウ・ヒー・シングス・ナウ・ヒー・ソブス』 - Now He Sings, Now He Sobs)(1968年録音)(Solid State) 1968年
  • 『イズ』 - Is(1969年5月11日~13日録音)(Solid State) 1969年
  • 『ザ・ソング・オブ・シンギング』 - The Song of Singing(1970年4月録音)(Blue Note) 1970年
  • デイヴ・ホランド、バリー・アルツシュールと共同名義, 『A.R.C.』 - A.R.C.(1971年1月録音)(ECM) 1971年
  • 『チック・コリア・ソロ Vol.1』 - Piano Improvisations Vol. 1(1971年4月録音)(ECM) 1971年
  • ゲイリー・バートンと共同名義, 『クリスタル・サイレンス』 - Crystal Silence(1972年録音)(ECM) 1973年
  • 『妖精』 - The Leprechaun (Polydor) 1976年
  • 『マイ・スパニッシュ・ハート』 - My Spanish Heart(1976年10月録音)(Polydor) 1976年
  • 『マッド・ハッター』 - The Mad Hatter (Polydor) 1978年(ハービー・ハンコックが2曲に参加)
  • ハービー・ハンコックと共同名義, 『デュオ・ライヴ』 - CoreaHancock(1978年2月録音)(Polydor) 1979年(ライヴ)
  • 『シークレット・エージェント』 - Secret Agent(1978年録音)(Polydor) 1978年
  • 『フレンズ』 - Friends(1978年録音)(Polydor) 1978年
  • ゲイリー・バートンと共同名義, 『デュエット』 - Duet(1978年10月23日~25日録音)(ECM) 1979年
  • 『デルファイ Vol.1:ソロ・ピアノ』 - Delphi I(1978年10月26日、27日録音)(Polydor) 1979年
    • 『デルファイ Vol.2:ノース・ブラジル・チック・コリア・ソロ』
    • 『デルファイ Vol.3』 - Delphi II & III(1978年10月26日、27日録音)(Polydor) 1980年
  • ゲイリー・バートンと共同名義, 『チック・コリア&ゲイリー・バートン・イン・コンサート』 - In Concert, Zürich(1978年10月28日録音)(ECM) 1980年(ライヴ)
  • 『タップ・ステップ』 - Tap Step(1979年12月、1980年1月録音)(Warner Bros.) 1980年
  • 『スリー・カルテッツ』 - Three Quartets(1981年1月、2月録音)(Stretch) 1981年
  • ジョー・ヘンダーソンロイ・ヘインズゲイリー・ピーコックと共同名義, 『ライヴ・イン・モントルー』 - Live in Montreaux(1981年7月録音)(Stretch) 1994年(ライヴ)
  • ミロスラフ・ヴィトウス、ロイ・ヘインズと共同名義, 『トリオ・ミュージック』 - Trio Music(1981年11月録音)(ECM) 1982年
  • 『タッチストーン』 - Touchstone (Stretch) 1982年
  • 『アゲイン・アンド・アゲイン』 - Again & Again(1982年3月録音)(Elektra/Musician) 1983年
  • ニコラス・エコノムと共同名義, 『On Two Pianos』 - On two pianos(1982年6月録音)(Deutsche Grammophon) 1983年(「Münchner Klaviersommer」におけるライヴ)
    • フリードリヒ・グルダと共同名義, 『ザ・ミーティング』 - The Meeting(1982年6月録音)(Philips) 1983年(「Münchner Klaviersommer」におけるライヴ)
  • フリードリヒ・グルダと共同名義, 『チック・コリア・ファンタジー(2台のピアノのための幻想曲)』 - Fantasy for Two Pianos (TELDEC) 1983年
  • ゲイリー・バートンと共同名義, 『セクステットの為の抒情組曲』 - Lyric Suite for Sextet(1982年9月録音)(ECM) 1983年
  • 『チルドレンズ・ソング』 - Children's Songs(1983年7月録音)(ECM) 1984年
  • スティーヴ・クジャラと共同名義, 『果てしない旅』 - Voyage (ECM) 1984年
  • ミロスラフ・ヴィトウスロイ・ヘインズと共同名義, 『夜も昼も』 - ‎Trio Music, Live in Europe(1984年9月録音)(ECM) 1986年(ライヴ)
  • 『七重奏曲』 - Septet(1984年10月録音)(ECM) 1985年
  • ボビー・マクファーリンと共同名義, 『スペイン:ボビー・マクファーリン&チック・コリア・スーパー・コンサート』 - Play(1990年6月録音)(Blue Note) 1992年(ライヴ)
  • 『星影のステラ』 - Expressions (GRP) 1994年
  • 『タイム・ワープ』 - Time Warp (Stretch) 1995年
  • ボビー・マクファーリンと共同名義, 『プレイ・アマデウス』 - The Mozart Sessions (Sony Classical) 1996年
  • ゲイリー・バートンと共同名義, 『ネイティヴ・センス』 - Native Sense - The New Duets (Concord) 1997年
  • チック・コリア・アンド・フレンズ名義, 『バド・パウエルへの追想』 - Remembering Bud Powell(1996年録音)(Stretch) 1997年
  • ゲイリー・バートンパット・メセニーロイ・ヘインズデイヴ・ホランドと共同名義, 『ライク・マインズ』 - Like Minds(1997年12月録音)(Concord) 1998年
  • ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団と共同名義, 『コンチェルト』 - Corea.concerto (Sony Classical) ‎1999年
  • 『ソロ・ピアノ・パート 1:オリジナル』 - Solo Piano - Originals (Part One)(1999年11月録音)(Stretch) 2000年
    • 『ソロ・ピアノ・パート 2:スタンダード』 - Solo Piano - Standards (Part Two)(1999年11月録音)(Stretch) 2000年
  • エディ・ゴメス、ポール・モチアンと共同名義, 『ファーザー・エクスプロレイションズ:ビル・エヴァンスに捧ぐ』 - Further Explorations(2010年録音)(Concord) 2012年(CD 2枚組)
  • ステファノ・ボラーニと共同名義, 『オルヴィエート』 - Orvieto(2010年12月録音)(ECM) 2011年
  • ゲイリー・バートンと共同名義, 『ホット・ハウス』 - Hot House (Concord) 2012年
  • 『チック・コリア:協奏曲《大陸》、他』 - The Continents: Concerto for Jazz Quintet & Chamber Orchestra (Deutsche Grammophon) 2012)(CD 2枚組)
  • 『ザ・ヴィジル』 - The Vigil (Concord) 2013年
  • 『トリロジー』 - Trilogy (Universal) 2013年(ライヴ。CD 3枚組。)
  • Solo Piano – Portraits (Concord) 2014年(CD 2枚組)
  • ベラ・フレックと共同名義, Two (Stretch) 2015年(CD 2枚組)
  • The Musician: Live at The Blue Note Jazz Café (Concord) 2017年(CD 3枚組)
  • スティーヴ・ガッドと共同名義, 『チャイニーズ・バタフライ』 - Chinese Butterfly with Steve Gadd (Stretch) 2018年(CD 2枚組)

コンピレーション編集

  • Inner Space(1966年)(Atlantic) 1973年
  • Chick Corea Compact Jazz (Polydor) 1987年
  • Best of Chick Corea(1966年~1970年)(Blue Note) 1993年
  • Selected Recordings (ECM) 2002年
  • Very Best of Chick Corea (Universal) 2004年
  • ハービー・マンと共同名義, Herbie Mann-Chick Corea: The Complete Latin Band Sessions (Gambit) 2007年(CD 2枚組)
  • 『ファイヴ・トリオ BOX』 - Five Trios (Stretch) 2007年(CD 6枚組)
  1. Dr. Joeアントニオ・サンチェス英語版ジョン・パティトゥッチと共演)
  2. From Milesエディ・ゴメスジャック・ディジョネットと共演)
  3. Chillin' in Chelanクリスチャン・マクブライドジェフ・バラード英語版と共演)
  4. The Boston Three Party (エディ・ゴメス、アイアート・モレイラと共演)
  5. Brooklyn, Paris to Clearwaterアドリアン・フェロー英語版リッチー・パーシェイ英語版と共演)
  • 『エレクトリック・チック』 - Electric Chick(1976年~1978年)(Verve/jazz club) 2008年

サークル編集

  • 『サークリング・イン』 - Circling In(1968年3月、1970年4月、8月録音)(Blue Note) 1975年
  • 『サーキュラス』 - Circulus(1970年4月、8月録音)(Blue Note) 1978年
  • 『サークル 1:ライヴ・イン・ジャーマニー・コンサート』 - Circle 1: Live in Germany Concert(1970年11月録音)(CBS/Sony) 1970年
  • 『パリ・コンサート』 - Paris Concert(1971年2月録音)(ECM) 1971年
  • 『サークル 2:ギャザリング』 - Circle 2: Gathering(1971年5月録音)(CBS/Sony) 1971年

リターン・トゥ・フォーエヴァー編集

チック・コリア・エレクトリック・バンド編集

  • 『ザ・チック・コリア・エレクトリック・バンド』 - Chick Corea Elektric Band(1986年録音)(GRP) 1986年
  • 『ライト・イヤーズ』 - Light Years (GRP) 1987年
  • 『アイ・オブ・ザ・ビホルダー』 - Eye of the Beholder (GRP) 1988年
  • 『インサイド・アウト』 - Inside Out (GRP) 1990年
  • 『ビニース・ザ・マスク』 - Beneath the Mask(1991年録音)(GRP) 1991年
  • 『ペイント・ザ・ワールド』 - Elektric Band II: Paint the World (GRP) 1993年
  • 『トゥ・ザ・スターズ』 - To the Stars(2004年録音)(Stretch) 2004年

チック・コリア・アコースティック・バンド編集

  • Summer Night-live(1987年10月録音)(Jazz Door) 1994年(ベオグラードにおけるライヴ)
  • 『スタンダーズ・アンド・モア』 - Chick Corea Akoustic Band (GRP) 1989年(第32回グラミー賞(最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・パフォーマンス(グループ)))
  • 『ラウンド・ミッドナイト』 - Alive(1989年録音)(GRP) 1991年(ライヴ)
  • 『ライヴ・フロム・ザ・ブルーノート東京』 - Live from Blue Note Tokyo(1992年録音)(Stretch) 1996年(「ブルーノート東京」におけるライヴ)
  • 『LIVE』 - Live(2018年1月録音)(Stretch) 2018年(イタリアにおけるライヴ。CD 2枚組。)

チック・コリア&オリジン編集

  • 『チック・コリア&オリジン』 - Live at The Blue Note(1997年12月録音)(Stretch) 1998年(ニューヨーク「ブルーノート」におけるライヴ)
  • 『ア・ウィーク・アット・ブルー・ノート』 - A Week at The Blue Note(1998年1月録音)(Stretch) 1998年(ニューヨーク「ブルーノート」におけるライヴ。CD 6枚組。)
  • 『チェンジ』 - Change (Rykodisc) 1999年

関連項目編集

外部リンク編集

参考文献編集

  • Swing Journal, 6, 2000. スイングジャーナル社、2000年。